EU Universal [00602567519379] : [Made In Japan]


ジャケット画像

2018年9月にリリースされたEU盤アナログ・リイシュー。ユニヴァーサルはかつて[The Vinyl Collection]というボックス・セットでPurple Records以降のDeep Purpleのバック・カタログをリリースしていましたが、今回は[The Vinyl Collection]に含まれていたスタジオ盤5作にライヴ・アルバム3作を加えた全8作をパープルカラーのレコードで一気にリイシューしました。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。盤はクリア・ヴィニールなのでまずは合格。ステッカーに書かれてるキャッチが本当ならばオリジナル・テープをアビィ・ロード・スタジオでリマスタリングしたということですが、テープってなに?マスターリールなのかデジタルマスターなのか。ちなみにMP3ファイルのダウンロード・カードが添付されています。ここ10年ほど、「レコードにデジタル音源をつける」スタイルのパッケージが多いですが、近年はストリーミング主流になりファイル配信も廃れつつあるということで、こういうスタイルもだんだんと減っていくような気がします。

ジャケット画像
ジャケット画像

曲間のつなぎ目は近年多いクロス・フェイドで切れ目なくつなげるものではなく、オリジナル盤と同じ、フェイド・イン、フェイド・アウトで1曲づつ聴かせるものになっています。おっさんはこの方が安心するのです(ばきっ)しかし、タイトルに"Made In Japan"と入らないレーベルは、オリジナル盤ではEMIリム以降に一般的になるもの(グラモフォンリムでも存在はするけれど多くはない)なので、個人的には不自然さを感じます。

ジャケット画像


USA Warner Brothers 2WS 2701 : [Made In Japan] (第4期Burbank)


ジャケット画像

1976年以降に使用されたと言われている、「第4期Burbank」とされるレーベルでプレスされたレコード。レーベルは以下のとおりです。

ジャケット画像
ジャケット画像

第3期同様、盾ロゴが白地に黒文字となっており、住所表記も長く、右側にワーナーのロゴが入っています。懸案となっていた郵便番号を修正したタイプとなります。

ジャケット画像

第3期との違いはここ。郵便番号が「91510」と、正しいものへ修正されています。違いはここだけ(ホントか)

ジャケット画像
ジャケット画像

1年ほどかけてようやく正しいクレジットと新しいレーベル・ロゴに変身したBurbankレーベルですが、ここからわずか2年余りで白地にカラーの盾ロゴというシンプルな所謂「ホワイト・レーベル」と呼ばれるものに変更されてしまいました。なんかもったいないですな。

バーバンク・ラベルの説明については、下記のサイトの記事を参考にさせていただいています。製作者であられるbuzzy-bee様には感謝申し上げます。

Record Correct"errors"?


USA Warner Brothers 2WS 2701 : [Made In Japan] (第3期Burbank)


ジャケット画像

こちらは、1975年後半にプレスされたレコードになります。石油ショックなどの影響で、アメリカのレコード会社も原料の高騰に見舞われ、盤やジャケットの質が落ちた時期のものです。金色というより黄土色となってしまったジャケット。

ジャケット画像

こちらは裏ジャケット。ちょっとさみしくなる色合いですが、1980年代末に初めてCD化された時のアメリカ盤のジャケットは、なーんかこの頃のジャケットの色合いに似ていて、いやだなぁと思ったことを憶えています。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。レーベルの色合いもなんか質が落ちた感じの黄色っぽいもの。バリエーションは、以下のサイトのレーベル・ガイドで「第3期」と呼ばれるものです。盾を模したワーナーのロゴが白地に黒文字となるタイプに変更されました。同時に第2期で間違ってしまっていた郵便番号も修正されていればよかったのですが、こちらの修正は取り残されてしまった形となっています。

ジャケット画像

住所表示部のアップになります。郵便番号が「91510」となるべきところ、「91505」になっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

第2期、第3期とも、間違った箇所を残したレーベルのため、使用されたのは短期間となっています。1975年に限られているように思われます。ということで、これらはBurbankレーベルの中でも存在数は比較的少ないかなと(当て推量)

バーバンク・ラベルの説明については、下記のサイトの記事を参考にさせていただいています。製作者であられるbuzzy-bee様には感謝申し上げます。

Record Correct"errors"?


USA Warner Brothers 2WS 2701 : [Made In Japan] (第2期Burbank)


ジャケット画像

Deep Purpleのアメリカ盤では本作[Made In Japan]が最初の使用例となるBurbankレーベル。この、70年代のWarner Brothersで一番一般的なレーベルも、製造時期によって細かな相違があり、現在判明しているとされているのは4タイプ存在します。当サイトでは、[Live In Japan]で日本盤の帯を中心に出荷時期の検証を試みたのと同様に、4タイプ存在するBurbankレーベルを、このレーベルが初回プレスとなった本作で紹介していきたいと思います。

初回リリース時の第1期Burbankレーベルは1975年ごろまで使われていたようです。本稿で掲載するレーベルは、1975年に一時期使用されていたタイプとなります。

ジャケット画像
ジャケット画像

並木道のイラストに変更はありませんが、レーベル周囲のクレジットに変更があります。ワーナーのグループ・ロゴ(レーベル右側のマーク)が使用され始め、第1期よりもレーベル下部の住所表示等が記されたクレジットが長くなります。ただし、この住所がクセもので、郵便番号が住所と合っていないという不手際がありました。画像では見えにくいですが、郵便番号が「91510」となるべきところを「91505」としています。

ジャケット画像
ジャケット画像

間違ったクレジットが入ったこの第2期Burbankレーベルは当然の如く短命に終わり、第3期が同じ1975年に登場しますが、こちらもややこしいことになってしまいました。それに関しては別項にて。

バーバンク・ラベルの説明については、下記のサイトの記事を参考にさせていただいています。製作者であられるbuzzy-bee様には感謝申し上げます。

Record Correct"errors"?

ジャケット画像


USA Warner Brothers 2WS 2701 : [Made In Japan] (Promo)


ジャケット画像

ラジオ局向けに配付された白レーベルのプロモーション盤。ジャケットに丸いプロモーション・ステッカーが貼られています。

ジャケット画像

ジャケット画像

バーバンク・レーベル仕様の白レーベル。このレーベルに正式に変更になったのは1973年からですが、"Made In Japan"のリリースから1カ月後の1973年2月にリリースされた"Who Do We Think We Are !"には、グリーン・ラベルのレコードがかなり多く存在し、プロモーション用の白レーベルもグリーン・ラベル仕様のものが配付されています。両者で使用レーベルの逆転現象が起っているわけですが、ここからも、このアルバムのリリース・スケジュールが急に割り込まされたものだということが伺えます。

ジャケット画像
ジャケット画像

プロモーション盤くらい、通常仕様の割り付けで配布されても良いんじゃないかと思いますが、ご覧のとおり、プロモでもオート・チェンジャー仕様の面割りで作られています。まぁ、プロモのためだけにプレス・マシンのセッティングを変更するってのも(以下略

ジャケット画像


UK Purple Records TPSP 351 : [Made In Japan] (Decca委託プレスその2)


ジャケット画像

1972年、発売期日に間に合わせるべく、EMIは本作のプレスをDeccaに委託しています。こちらはジャケット表に貼られたステッカーの形状が違うもの。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。一般的なDecca委託プレスのものと同じです。もし、レーベルや盤に異なる点などがあれば、ステッカーも製造時期によるヴァリアントの可能性があるかなと思いましたが、EMIもそう度々外注をかけなかったと思われますから、やはり同じ時期の委託でプレスされたものと考えた方が自然でしょう。

ジャケット画像
ジャケット画像

となると、EMIプレスのジャケットに貼られていたもの(レコードは入れ替えられたものとする)、という可能性を考えてみますが、自分がこの形状のステッカーを見たことがこれを入手した時しかないため、これも不自然かなと。現時点ではよくわからないというのが正直なところです。誰か教えてください(ばきっ)

ジャケット画像


UK Purple Records TPSP 351 : [Made In Japan] (Decca委託プレス)


ジャケット画像

1972年、発売期日に間に合わせるべく、EMIは本作のプレスをDeccaに委託しています。このDecca委託プレスにはいくつか特徴がありますので紹介します。

表ジャケット、左下隅のステッカーは価格表示のものですが、不思議なことにこのステッカーが貼られているジャケットには、たいていDecca委託プレスのレコードが入っているように思います。EMIプレスの盤が入っているジャケットにこのステッカーが貼られているものは見た記憶がありません。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。EMIプレスの盤とクレジットなどの相違が幾つかあります。

  • タイトルの"MADE IN JAPAN"にカッコ書きがついていない
  • レーベル・リムのクレジットに"MADE In GT BRITAIN"が書かれていない
  • レーベルの中ほどに「段差」がある

ジャケット画像
ジャケット画像

マトリクスは全面「1-U」ですが、マザーは「3」のみ確認しています。おそらく、自社工場でふたつ、Decca委託分としてひとつ、合計三つのマザーを用意して3ラインでプレス作業を行い、12月の発売期日に間に合わせたと考えられます。Decca委託プレスにはスタンパの番号を示す手がかりはありません。

ジャケット画像