JP Ward Records GQCS 90134/35 : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、[Live In Paris 1975]の日本盤。オリジナル盤は2013年1月の発売だったので欧州に遅れる事3年あまり。。以前、このシリーズで単独日本盤先行発売された[Live In Long Beach 1971]の時も思ったんですが、オリジナル盤のデジパックだと背表紙を並べた時に浮かび上がる画像が、もし日本盤も全部揃ったとしたらジュエル・ケースだと間が空いちゃってダサくならん?まぁTシャツ付きとかで出されなくて良かったというかこのレーベルお得意の日本独自面割りLPレコードとか出されなくて良かったというか通販限定プレミアム・ボックスとか出されなくて良かったというか(以下略


EU edel 0209764 ERE : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像

2014年秋にリリースされた、edelレーベルによるライヴ・アーカイヴ・シリーズ1作目のLP化。[Live In Graz 1975]がリリースされたのを期に、シリーズ全作品をLP化する方針になったようです。見開きジャケットに納められた重量盤三枚組で、面割りは以下のとおりです。

Disc 1 Side A

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. The Gypsy
  4. Lady Double Dealer

Disc 1 Side B

  1. Mistreated
  2. Smoke On The Water

Disc 2 Side A

  1. You Fool No One

DIsc 2 Side B

  1. Space Truckin’

Disc 3 Side A

  1. Going Down
  2. Highway Star

Disc 3 Side B

  1. 1975 Interview with Coverdale, Hughes & Paice

ジャケット画像


USA Eagle [826992030326] : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

2013年2月にリリースされたアメリカ盤CD。レーベルこそEagleレーベルに変わっていますが、盤のプレス、パッケージとも、ドイツ盤CDそのものです。裏ジャケットに貼られたバーコードのステッカーと、アメリカ盤特有の、パッケージ上部に貼られているステッカーがなければ、アメリカ盤とは区別出来ません。よって、アメリカ盤であると主張したいのであれば未開封でとっておくのが一番手っ取り早いでしょう(ヲイ)


Germany edel 0208332 ERE : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

2013年1月にリリースされたドイツ盤CD。これまでリリースされてきている、EMI原盤のオフィシャル・アーカイヴ・シリーズを改めてリマスター、ボーナス・トラックなどを加えてリイシューする企画の第一弾として登場しました。

デジパックの2枚組ですが、一枚のトレイにCDを2枚重ねて収納する形式になっており、チープさが目立つパッケージ。ブックレットも体裁こそ変わっていますが、文章の内容は基本的に初回盤についていたものと同様のもののようです……読み込んでないので違ってても知りません(笑)

ボーナス・トラックは、1975年に収録された、デイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズ、イアン・ペイスのインタビューです。内容は……よくわかりません(ばきっ★)……英語のインタビューの聴き取りなんてぇことはリッチーのインタビューでもないかぎり意欲がわかないとゆーかなんとゆーか(汗


JP Victor VICP 64313/14 : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. The Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water
  7. You Fool No One

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Going Down
  3. Highway Star

2008年、発売権がVAPからVictorへと移動したことに伴いリリースされた再発盤。UK盤リリースの後にもかかわらず、VAP盤そのままの体裁でのリリースとなりました。UK盤のブックレットを使用すれば、改めてお金を取られるってことなんでしょうねー、と邪推の固まりとなって想像してみることにします(笑)。


JP VAP VPCK 85332 : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. The Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water
  7. You Fool No One

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Going Down
  3. Highway Star

日本先行発売として、2003年にVAPからリリースされたペーパー・スリーヴの2枚組。中身は最高ですが、パッケージはうーみゅ。後の海外盤でも使われているジャケット・デザインではありますが、バンドのメンバーが出てくるのはこのボケボケのショットだけ。見開き内側、裏ジャケットとも、ステージ上のスモークをデザインしたアートワークが並ぶだけで、クレジットも曲目関係のみ。制作に携わった英国人スタッフやら、作業スタジオやら、肝心の事項がなーんにも掲載されていません。今時、ブートのクレジットの方が親切かもしんない(汗。酒井氏のライナー・ノーツも、最初と最後の書き下ろし文章で[Mk III The Final Concerts]掲載の文章をサンドイッチしたような仕上がりで、全体のパッケージを超特急でカッコつけたような印象が拭えません。

テイチクでも日本先行発売がたまにありましたが、クレジットやライナー・ノーツなどの充実具合はVAP盤と似たようなものでした。ひょっとして、海外からは先行発売分のアドバンスとしての金を取るだけ取られて、音だけしかもらえないんですかね、こーいう場合。んで、その金で、海外では充実したパッケージをじっくり作ると。そして、日本のファンはそうしたライナーや写真も見てみたいから輸入盤も買っちゃうと。そうやって日本のファンは世界中のレコード会社からたかられてるんだな(^^;。Rainbowのデラックス・エディションのリリースが上手く行かないのは、そろそろ日本のファンも、そーやってたかられている状況に嫌気が差し始めて来たことの証かもしれません。誰が予約なんかするか、莫迦たれ(笑)


UK Purple Records PUR 330D : [Live In Paris 1975]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Burn
  2. Stormbringer
  3. The Gypsy
  4. Lady Double Dealer
  5. Mistreated
  6. Smoke On The Water
  7. You Fool No One

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Going Down
  3. Highway Star

日本盤から若干遅れてリリースされたUK盤。日本に先行発売させて、せしめたと思われるお金(冗句(^^;)で贅沢に作られたパッケージとなっています(笑)。裏ジャケットやブックレットには当時のフォトがこれでもかと掲載され、クレジット関係も充実、現時点において最も精力的にDeep Purple関連のヒストリーを執筆しているNigel Young氏のライナー・ノーツが掲載されています。資料的な面を重視するなら当UK盤をチョイスしませう。VAP盤を買った身としては二重にぼったくられているような感覚がまとわりつきますが(これも冗句(^^;)、まぁいいぢゃないですか(*´д`*)