JP Ward Records GQBS 90137 : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、DVDのみのパッケージの通常盤。コンサート映像のパッケージの場合、映像より音源の方が繰り返し体験するには良いという人たちがいるのは事実ですが、かといって限定版みたいに映像と音源をセットにしたパッケージが便利かというと意外とそうでもないというかなんというか。セットとはいえ、どちらかが必ずオマケ的存在になってしまうような気がします。なので、個人的にはDVDとCD、それぞれ単独パッケージで持つ方が好きなので、こういう通常盤はいつまでも通常盤でいてほしいです(笑)


JP Ward Records GQBS 90134/36 : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、2013年7月にヨーロッパでリリースされていたDVD、[Copenhagen 1972]の日本盤。2種類のパッケージで発売され、こちらはDVDにCDをセットにした限定版です。

内容は欧州盤と同じく、[Live In Concert 72/73]にボーナス映像として1970年のニュース・フィルムを収録したもの。発売されるたびにタイトルがコロコロ変わるので近年は当映像の存在感が若干薄いような気もします。やはり、1980年代後半、バブリーだった日本先行でVHSとレーザー・ディスクが発売された時のタイトル、[Machine Head Live 1972]に勝るタイトルはないのではないかな。日本盤は邦題としてでもこのタイトルを残してほしかったと思います。


Germany EAR 0208832 ERE : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 0
省略

New York 1973

  1. Strange Kind Of Woman
  2. Smoke On The Water
  3. Space Truckin’

Bonus Footage

省略

2013年8月にヨーロッパでリリースされたDVD。[Copenhagen 1972]のリリースに合わせ、映像も再発となったものです。ボーナス映像として、1970年のヨーロッパ・ツアーで製作されたニュース・フィルム、"The Music Revolution"を収録。モントルーでのステージから断片的なライヴ映像を観ることができます。


JP VAP VPBR 12498 : [Live In Concert 72/73]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 2
Denmark 1972

省略

New York 1973

  1. Strange Kind Of Woman
  2. Smoke On The Water
  3. Space Truckin’

Bonus Footage

省略

英米盤からやや遅れた2006年春にリリースされた日本盤です。オーディオ・コメンタリーまで日本語字幕を作成し、ライナーの訳までされており、丁寧な作りがされているという印象を受けます。


EU EMI [94633177291] : [Live In Concert 72/73]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : PAL Region 2
Denmark 1972

省略

New York 1973

  1. Strange Kind Of Woman
  2. Smoke On The Water
  3. Space Truckin’

Bonus Footage

省略

TV放送の際に編集されたビデオ映像しか残っていないらしく、各曲とも編集によるカットがあり、全体の構成は従来ライヴCDなどで出回っていたこのフィルムのサウンド・トラックと全く同じとなっています。そのため、やや物足りなさを覚えるのはやむを得ないところですが、映像のリマスタリングはなかなか良い結果となっていて、"Classic Albums"に収録されていたものよりも自然な発色を得ています。その代償なのか、映像中にときおり緑色の縞模様が現れる事がありますが、この映像をこれだけ鮮明な状態で視聴出来ることにくらべれば、些細な瑕でしかありません。ただ、映像の状態は完全ではなかったとみえて、"Smoke On The Water"で、リッチーのカットを使い回している部分があります。エンディングのジョンとのコール&レスポンスの場面ですが、2回のソロとも、同じカットが使われています。なので、1回目のソロは画と音が合っていません。これも些細な事に過ぎませんが。