JP Ward Records GQBS 90134/36 : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、2013年7月にヨーロッパでリリースされていたDVD、[Copenhagen 1972]の日本盤。2種類のパッケージで発売され、こちらはDVDにCDをセットにした限定版です。

内容は欧州盤と同じく、[Live In Concert 72/73]にボーナス映像として1970年のニュース・フィルムを収録したもの。発売されるたびにタイトルがコロコロ変わるので近年は当映像の存在感が若干薄いような気もします。やはり、1980年代後半、バブリーだった日本先行でVHSとレーザー・ディスクが発売された時のタイトル、[Machine Head Live 1972]に勝るタイトルはないのではないかな。日本盤は邦題としてでもこのタイトルを残してほしかったと思います。


JP Ward Records GQCS 90132/33 : [Live in Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、[Copenhagen 1972]の日本盤。2016年4月にリリースされました。オリジナル盤は2013年6月の発売だったので欧州に遅れる事3年あまり。1973年のニューヨーク公演のテレビ映像音源が日本盤でリリースされるのはこれが初めて。まぁTシャツ付きとかで出されなくて良かったというかこのレーベルお得意の日本独自面割りLPレコードとか出されなくて良かったというか通販限定プレミアム・ボックスとか出されなくて良かったというか(以下略


Germany edel 0209633 ERE : [Live In Copenhagen 1972]


ジャケット画像

2014年秋にリリースされた、edelレーベルによるライヴ・アーカイヴ・シリーズ2作目のLP化。[Live In Graz 1975]がリリースされたのを期に、シリーズ全作品をLP化する方針になったようです。見開きジャケットに納められた重量盤三枚組で、面割りは以下のとおりです。

Disc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman

Disc 1 Side B

  1. Child In Time

Disc 2 Side A

  1. The Mule
  2. Lazy

Disc 2 Side A

  1. Space Truckin’

Disc 3 Side A

  1. Fireball
  2. Lucille
  3. Black Night
  4. Strange Kind Of Woman (Live In New York 1973)

Disc 3 Side B

  1. Smoke On The Water (Live In New York 1973)
  2. Space Truckin’ (Live In New York 1973)
  3. 1971 Australian Interview

ジャケット画像

裏ジャケット。面割りが中途半端で1973年のニューヨーク公演が泣き別れになっているのがツラい。インタビューをカットするか"Black Night"に続けて収録し、三枚目のB面にニューヨーク公演をまとめてしまう方が聴きやすくなったのではなかろうかなどと愚考するわけですがどーか。

このアルバムの初回出荷分には、ジャケット・デザインにミスのあるものがあります。以下のジャケットがそれです。

ジャケット画像

おそらく試し刷りの段階のデザインを間違えて使用してしまったものと思われ、タイトル文字が網掛けっぽくなっていてくすんでいたり、タイトル文字の下に並んでいるメンバークレジットが第3期メンバーのものになっていたりと、やっちゃった感が出ています。先行流通していたドイツではかなり出回ってしまったものと思われ、ドイツの通販サイトにオーダーしていた日本のファンにもミス・プリント盤が多く行き渡っているはずです。裏ジャケットのクレジットの文字色も赤ではなく、くすんだオレンジでプリントされており、全体的に残念な出来。海外のオークション・サイトなどではすでにプレミアをつけて出品している例がありますが、そこまで出費する価値があるかどうかは、うーみゅ(汗

ジャケット画像


USA Eagle [826992032320] : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time
  4. The Mule
  5. Lazy
  6. Space Truckin’

Disc 2

  1. Fireball
  2. Lucille
  3. Black Night
  4. Strange Kind Of Woman (Live In New York 1973)
  5. Smoke On The Water (Live In New York 1973)
  6. Space Truckin’ (Live In New York 1973)
  7. 1971 Australian Interview

ドイツ盤と同じく2013年6月にリリースされたUS盤。前回、[Live In Paris 1975]のUS盤はドイツ盤のパッケージの上からUS流通のバーコード・ステッカーを貼っただけでしたが、今回のリリース、少なくともジャケットはUSで制作されたパッケージとなっています。なぜ「少なくとも」なのかとゆーと、まだ開けてないからですが(ばきっ★)、盤はもしかしたらEUプレスと同じものかもしれません……確認した方はお知らせいただけると喜びます(ヲイ)

どちらにしても、アメリカ盤として[Live In Paris 1975]や当音源が流通するのは今回のThe Official Live Seriesが初めてであり、このシリーズのポイントとして良いと思います。


Germany edel 0208369 ERE : [Copenhagen 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time
  4. The Mule
  5. Lazy
  6. Space Truckin’

Disc 2

  1. Fireball
  2. Lucille
  3. Black Night
  4. Strange Kind Of Woman (Live In New York 1973)
  5. Smoke On The Water (Live In New York 1973)
  6. Space Truckin’ (Live In New York 1973)
  7. 1971 Australian Interview

2013年6月にリリースされた、The Offichal Live Seriesの第二弾にあたるドイツ盤CD。発売元は今年中に10種類出すつもりでいるみたいですがもう9月だぜよ(笑)

内容は、[Live In Denmark ’72]として知られる、1972年3月1日にデンマークはコペンハーゲンで行われたステージを収録した放送用映像の音声がソースとなっています。付属している12ページのブックレットには今回の再発にあたって新たに書き起こされた解説が掲載されています。……まだ読んでないですけど(ばきっ★)

当初のCDで登場した時から「マスターリールからの音声落とし」という、まるでアングラ雑誌の広告みたいな謳い文句がつけられていましたが、今回の再発にあたり、2013年になってedelレーベルの人物がレストアした音源をマスタリングしたとクレジットされています。……若干、若干ですが、低域の土台の安定度が増したような、そうでないような、うーん、うーん、もう年寄りがヘタレな環境で聴いても違いはわからんぞとゆー感じですが、「気のせい」で片付けても良いくらいの違いかなと思います。

ただ、今回はボーナス・トラックが入った事によって旧規格盤とは面割りが異なっており、"Space Truckin’"までの本編全曲が1枚目のCDに収録されています。78分を若干越える収録時間で、後々どーなるか若干心配ではあります。

2枚目はアンコールで演奏された3曲と、DVDでこの映像が発表された際に公式初収録となったニューヨークでのステージからの音声がボーナス・トラックとして収録されています。こちらは公式での初CD化となります。最終トラックには1971年のオーストラリアでの収録とされるインタビューですが、テレビかラジオの番組をそのまま使っているようです。イアン・ペイスとジョン・ロードが主に登場し、翌年にリリースされる[Machine Head]のプロモーションをしています。2枚目の収録時間は45分程度。"Space Truckin’"をこっちに収録しても68分程度で収まるわけで、その方が2枚のディスクともそこそこの収録時間で制作出来たんじゃないかと思いますがどんなもんでそ?


JP Victor VICP 64310/11 : [Live In Denmark ’72]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Chile In Time
  4. The Mule

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Fireball
  4. Lucille
  5. Black Night

2008年に、発売権がビクター・エンターテインメントに移動してリリースされた日本盤の再発になります。プレスはやはり、オリジナルのUK盤と同様のマスタリングと思われます。折込式のブックレットはVAP盤とまったく同じもので、前年に登場したEU盤で修正されていた部分は、オリジナルどおりの記述となっています。酒井康氏のライナーも、VAP盤と同じものが掲載されています。


EU Purple Records PUR 253 : [Live In Denmark 1972]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Chile In Time
  4. The Mule

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Fireball
  4. Lucille
  5. Black Night

2007年になって登場したEU盤。通常のジュエル・ケースでのリリースとなります。プレスはUK盤と同じマスタリングと思われます。ブックレットの内容も、Sonic Zoom盤とほぼ同じものがつけられていますが、当CDのリリース時には、[Live In Concert 72/73]が登場していたため、Sonic Zoom盤に書かれていた、VAPの旧規格日本盤DVDに対する注意書きの部分は改められています。