JP BMG BVLP 115 : [Come Hell Or High Water]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC

Side A

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Beethoven
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter

Side B

  1. Child In Time
  2. Anya
  3. The Battle Rages On
  4. Lazy
  5. Space Truckin’
  6. Woman From Tokyo
  7. Paint It Black
  8. Smoke On The Water

日本での初登場となる、1994年にリリースされたレーザー・ディスク。記憶が定かではありませんが、リッチー脱退後のDeep Purpleがジョー・サトリアーニを向かえたツアーを終えたくらいの時期だったと思います。違ったかな?

冒頭にステージをセッティングするクルーの映像が登場し、メンバーのインタビューが流れます。各曲の間にも、メンバー4人のインタビューが流れますが、脱退した人間のことに触れる時の扱いは、当時の状況を考慮したとしても、あまりフェアな態度とはいえないよーな気がするのは私だけでしょうか。どこまで本音を言ってるのかもわかりませんが(^^;。このインタビューは今でも観ていて、いろいろな意味でキツいです。

"Anya"のチャプター分けが少々残念な位置(ジョンとのフリー・インプロヴァイズ・パートのイントロからではなく、リズムが入ってくるところから始まる)なのが、気になります。

ジャケット画像


JP BMG BVBM 31003 : [Come Hell Or High Water]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 2
  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Beethoven
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter
  9. Child In Time
  10. Anya
  11. The Battle Rages On
  12. Lazy
  13. Space Truckin’
  14. Woman From Tokyo
  15. Paint It Black
  16. Smoke On The Water

2001年に初DVD化されたときのパッケージです。これ以降、何度か再発されていますが、内容の変化はない……はずです(汗

VHSやレーザー・ディスクと異なり、普通にディスクを挿入すると、コンサートからスタートします。途中のインタビューはVHSやレーザー・ディスクと同様、挿入されています。また、インタビューのみを観ることが出来るメニューが存在します。リリースされる前は、演奏シーンだけを観られるように出来るメニューがつくという情報もありましたが、実現しなかったようです。個人的にはつけて欲しかった機能でした。


JP BMG BVVP 115 : [Come Hell Or High Water]


ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Talk About Love
  4. Twist In The Tale
  5. Perfect Strangers
  6. Beethoven
  7. Knocking At Your Back Door
  8. Anyone’s Daughter
  9. Child In Time
  10. Anya
  11. The Battle Rages On
  12. Lazy
  13. Space Truckin’
  14. Woman From Tokyo
  15. Paint It Black
  16. Smoke On The Water

日本での初登場となる、1994年にリリースされたVHSパッケージ。記憶が定かではありませんが、リッチー脱退後のDeep Purpleがジョー・サトリアーニを向かえたツアーを終えたくらいの時期だったと思います。違ったかな?

冒頭にステージをセッティングするクルーの映像が登場し、メンバーのインタビューが流れます。各曲の間にも、メンバー4人のインタビューが流れますが、脱退した人間のことに触れる時の扱いは、当時の状況を考慮したとしても、あまりフェアな態度とはいえないよーな気がするのは私だけでしょうか。どこまで本音を言ってるのかもわかりませんが(^^;。このインタビューは今でも観ていて、いろいろな意味でキツいです。