EU Universal [602567512011] : [Who Do We Think We Are!]


ジャケット画像

2018年9月にリリースされたEU盤アナログ・リイシュー。ユニヴァーサルはかつて[The Vinyl Collection]というボックス・セットでPurple Records以降のDeep Purpleのバック・カタログをリリースしていましたが、今回は[The Vinyl Collection]に含まれていたスタジオ盤5作にライヴ・アルバム3作を加えた全8作をパープルカラーのレコードで一気にリイシューしました。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。盤はクリア・ヴィニールなのでまずは合格。ステッカーに書かれてるキャッチが本当ならばオリジナル・テープをアビィ・ロード・スタジオでリマスタリングしたということですが、テープってなに?マスターリールなのかデジタルマスターなのか。ちなみにMP3ファイルのダウンロード・カードが添付されています。ここ10年ほど、「レコードにデジタル音源をつける」スタイルのパッケージが多いですが、近年はストリーミング主流になりファイル配信も廃れつつあるということで、こういうスタイルもだんだんと減っていくような気がします。

ジャケット画像


USA Warner Brothers BS 2678 : [Who Do We Think We Are !] (Promo)


ジャケット画像

こちらはラジオ局へ配付されたプロモーション用の白レーベル。

ジャケット画像
ジャケット画像

グリーン・ラベル仕様の白レーベルになっています。ここから推察するに、初回プレス自体は1972年暮れ頃にどんどんと進められていたのではないでしょうか。だから、グリーン・ラベルがまだ十分に使えたのではないかと。そこへ、"Made In Japan"が割り込んだため、そちらを超特急でプレスしなければならなくなり、もうグリーン・ラベルはなくなっていたため、"Made In Japan"は新しいバーバンク・レーベルでのプレスにならざるを得なかったのではなかろうかと。以上のような事情で、使用レーベルの逆転現象が起ったのではないかというのが、私の邪推であります。

ジャケット画像


USA Audio Fidelity AFZ 027 : [Who Do We Think We Are]


ジャケット画像 ジャケット画像

2005年10月に発売されたCD。アメリカの高音質盤専門レーベル、Audio Fidelityからリリースされた、いわゆるゴールドCDでプレスされたリマスター盤となります。マスタリングはSteve Hoffman。DCC盤の[Made In Japan]もカッティングしている人です。ゴールドCDについての詳細はWikipediaを参照してください。ワーナーからライセンスを受けているので、ジャケット等はアメリカ盤に準拠しています。

日本でも、独自に金蒸着CDでDeep Purpleのバック・カタログがリリースされた事がありますが、アレのマスター自体は当時使用されていた旧規格音源と思われ、音質面での有利さはあるかもしれませんが、音源としてはさほど重要なディスクではない(持ってない故のひがみで言っているわけでは……ありますがwww)のに比して、DCCやMFSL、当Audio Fidelity盤は原盤所有者よりオリジナル・マスター・テープを借り受けて新たにマスタリングしたものとなるため、音源的な興味は日本盤GOLD CDよりも惹かれるものがあります。ただ、この音に価値を見いだすか否かは各々のリスナーが決める事であり、ここで決めつけることもないかなと(うちのボロい環境じゃわかんないし、と、逃げてみる(^^;)。

パッケージはスリップ・ケースの窓から金色の盤が見えるようになっており、本来CDケースに入れられるジャケットはCDケースと一緒にスリップ・ケースに挟まれたように入っています。文章じゃわかりにくいかもしれませんが、なんとかわかってください(笑) CDケースの裏ジャケットはワーナー盤と異なったものになっているのもポイント。


USA FridayMusic FRM 9018 : [Who Do We Think We Are]


ジャケット画像

2009年10月に発売された再発盤。リリースしたのはワーナーからライセンスを受けたFridayMusicというレーベルで、アメリカ・プレスとなっています。そのため、ジャケット等はアメリカ盤に準拠したもの、レーベルもワーナーのグリーン・ラベルを模したものとなっています。

ジャケット画像
ジャケット画像

……グリーンというより黄土色で、なんともコメントしようのない仕上がりですが(汗、Joe Reogosoというエンジニアがカッティングした重量盤のプレスによる高音質盤となっています。

音の印象はオリジナル・ワーナー盤の面影が残るもので、デジタルっぽい雰囲気も感じますが、そのあたりは私の錯覚かもしれません。それなりに聴ける音でし(・∀・)

ジャケット画像


JP Warner Pioneer P 8312W : [Who Do We Think We Are!]


ジャケット画像

1973年3月にリリースされた日本盤。この番号が初回盤となります。日本では[Live In Japan]の後での発売になりました(当盤のライナーノーツでも触れられています)が、アメリカではリリースの順番が逆転していた可能性もあります。

ジャケット画像
ジャケット画像

レーベル。米ワーナーと同様のグリーン・レーベルで、レーベル・リムの会社名がWarner Pioneer Corporationとなっています。

ジャケット画像

歌詞が書かれているインサートです。日本盤ではこの裏面がライナーノーツになっていますが、アメリカ・ツアーのコンサート・レポートになっており、アルバムの具体的な内容には何一つ触れられていないという、なんというか、プロの仕事って大変ですよね、とゆーものが掲載されています。これ、今の紙ジャケ・リマスターでも読めるんでしょうか?

ジャケット画像

裏ジャケット、曲目のクレジット部分。1曲目、"Woman From Tokyo"のTokyoが、アメリカ盤ではTokayoになっていたのに対し、日本盤は"Tokyo"に直されています。

ジャケット画像


USA Rhino R2 75652 : [Who Do We Think We Are!]


ジャケット画像 ジャケット画像

日英よりやや遅れ、2002年にリリースされたアメリカ盤。やはりワーナーからのライセンスにより、Rhinoレーベルからの登場となりました。体裁は他国盤とほぼ同様ですが、ピクチャー・レーベルの印刷方法が異なるため、他国盤と異なる仕上がりになっており、メタリックな感触を感じるものとなっています。


JP Warner Music Japan WPCR 10885 : [Who Do We Think We Are!]


ジャケット画像 ジャケット画像

リマスタード・エディションの日本盤。独自のスリップ・ケースに収納されてリリースされました。詳細な解説の日本語訳が添付されており、資料性も高いパッケージとなっています。レーベルはEU盤同様、ジャケット・デザインを用いたピクチャー・レーベルとなっています。