JP Pioneer LDC PILP 1104 : [The History Of Beat Club Vol.2]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC

Side 1

  1. Black Sabbath : Black Sabbath
  2. All Right Now : Free
  3. Take Me Back To Doomsday : Colosseum
  4. Island : Renaissance
  5. 12 Gates Of The City : Ginger Baker’s Air Force
  6. Introduction : The Flock
  7. Come And Get It : Bad Finger
  8. Take A Pebble : Emerson, Lake & Palmer
  9. Eight Miles High : The Birds
  10. Witch’s Promise : Jethro Tull
  11. No, No, No : Deep Purple
  12. Yours Is No Disgrace : Yes
  13. Dragonfly : Fleetwood Mac

Side 2

  1. Vivaldi : Curved Air
  2. Rock & Roll Crazies : Stephen Stills & Manassas
  3. Lark’s Tongues In Aspic : King Crimson
  4. Eighteen : Alice Cooper
  5. Definitely Maybe : Jeff Beck
  6. Try A Little Tenderness : Three Dog Night
  7. 20th Century Boy : T.Rex
  8. Do The Strand : Roxy Music
  9. Whisky In The Jar : Thin Lizzy
  10. Lookin’ For A Kiss : New York Dolls
  11. China Grove : Doobie Brothers
  12. I’m Not In Love : 10cc

膨大なシリーズとなったビート・クラブのオムニバス・シリーズから、全二巻のベスト選集という形でまとめられたもの。Deep Purpleは"No No No"を収録していますが、キーボード・ソロのあたりでフェイド・アウトしています。

ジャケット画像


JP Pioneer LDC PIFP 1004 : [Hallelujah]


ジャケット画像 ジャケット画像

VSD : NTSC
  1. Hallelujah

1990年に登場したVSD(ヴィデオ・シングル・ディスク)と呼ばれるタイプのパッケージ。CDと同サイズのディスクで、最長5分のデジタル音声付き映像を収録出来るフォーマットです。マルチ再生LDプレーヤでの再生が可能です。ほとんど普及しませんでした。

ビート・クラブのLDシリーズの中から、30アーティストが、このVSDフォーマットでリリースされていました。Deep Purpleは、"Hallelujah"1曲のみだと思います。収録内容に変わった点はありません。


UK Classic Pictures DVD 7013X NTSC : [Special Edition EP]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 0
  1. Highway Star
  2. No, No, No
  3. Hallelujah
  4. Pop-Up DVD
  5. Previews
  6. DVD Jukebox

アメリカでリリースされたNTSC盤。基本的な収録内容はPAL盤と同一ですが、"Previews"や"DVD Jukebox"の内容が若干異なっています。

また、今回リリースされたものは、各曲に若干の編集がされています。"Highway Star"では、オープニングのアナウンサーが登場する部分に、今回新しく作られたDeep Purpleのロゴを挿入しています。曲中の字幕や、エンディングで画面が小さくなっていくところは、"Beat Club"放送時のものと変わっていません。"No, No, No"ですが、今回収録されたものは、オープニングのロゴがでるシーンが新たに作られたロゴと差し換えられており、本来のエンディングはリッチーが足を上げたところでストップモーションがかかりますが、ここでもロゴの挿入があります。"Pop Up DVD"のトラックでは、オープニングはオリジナルのものを観ることが出来ます。"Hallelujah"も、アナウンサーの登場する部分や旧版のロゴを新作のカラー・ロゴで差し換えています。この3つの映像とも、オーディオ部分はビデオ・マスターとは違うものを使用しているような感じです。本来ならアナウンサーのナレーションが入る部分もそれが入っておらず、純粋に演奏だけを聴くことが出来ます。


JP Laserdisc Corp SM 048 3225 : [Beat Club Revolution Of Hard Rock]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. No No No – Deep Purple
  2. Hallelujah – Deep Purple
  3. Black Sabbath – Black Sabbath
  4. Blue Suede Shoes – Black Sabbath
  5. Mr. Big – Free
  6. Natural Born Boogie – Humble Pie
  7. Don’t Look Around – Mountain
  8. Shot Gun – Vanilla Fudge
  9. Easy Rider – Iron Butterfly
  10. Summertime Blues – Blue Cheer
  11. Walk Away – The James Gang

ビート・クラブの映像が日本で大々的にまとめられた最初のシリーズで、当初は全八巻でスタートしました。当レーザー・ディスクは5巻目にあたり、イギリスに限らず、ハード・ロックとして選択されたアーティストがまとめられています。Deep Purple以外で個人的に好きなのが"Blue Cheer"で、マイム演奏ではありますが、動く彼らを観られたのが嬉しかったものでした。

ジャケット画像


JP Laserdisc Corp HM 048 3225 : [Beat Club Revolution Of Hard Rock]


ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. No No No – Deep Purple
  2. Hallelujah – Deep Purple
  3. Black Sabbath – Black Sabbath
  4. Blue Suede Shoes – Black Sabbath
  5. Mr. Big – Free
  6. Natural Born Boogie – Humble Pie
  7. Don’t Look Around – Mountain
  8. Shot Gun – Vanilla Fudge
  9. Easy Rider – Iron Butterfly
  10. Summertime Blues – Blue Cheer
  11. Walk Away – The James Gang

ビート・クラブの映像が日本で大々的にまとめられた最初のシリーズで、当初は全八巻でスタートしました。当VHSは5巻目にあたり、イギリスに限らず、ハード・ロックとして選択されたアーティストがまとめられています。Deep Purple以外で個人的に好きなのが"Blue Cheer"で、マイム演奏ではありますが、動く彼らを観られたのが嬉しかったものでした。


Germany Intense CRL 1508 NTSC : [Masters From The Vaults]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 0
Deep Purple

  1. Speed King
  2. No No No
  3. Child In Time
  4. Highway Star
  5. Wring That Neck
  6. Hallelujah
  7. Mandrake Root

Ian Gillan

  1. Demon’s Eye
  2. When A Blind Man Cries
  3. Lucille
  4. Smoke On The Water

イギリスで数年前から続いているロック・アンソロジー"Classic Rock Legends"のドイツ版とも言えるシリーズで、これまでにFocusやAtomic Rooster、Pentangleなど、マニア好みの映像をリリースして来ていますが、今回、Deep Purpleのものがリリースされました。

"Doing Their Thing"として知られる映像と Beat Clubの映像を一緒にして、ボーナスとしてイアン・ギランの1989年のパフォーマンスから、 Deep Purpleのナンバーをセレクトして収録したものです。 Beat Clubの映像は、"Special Edition EP"に続いてのDVD化、"Doing Their Thing"は、初のDVD化(ストーリービデオなどに細切れで出てくるものを除く)となるものです。

曲目をご覧になっておわかりになるかと思いますが、"Doing Their Thing"の映像と、 Beat Clubの映像が交互に収録されるという編集になっています。これで、まずは減点。なんで、キチンと分けないかなぁ。各曲の冒頭で曲名の字幕が黒地で出てきます。これが表示されている間、音楽は聴こえますが、原版にある、その部分の映像を観ることが出来なくなっています。これでますます減点。なんで、キチンと観せないかなぁ。Beat Clubではエンディングがフェイド・アウトになっていたり、"Doing Their Thing"の曲では、一部エンディングで観客の映像を使い回している部分があります(これに関しては、ビデオでもそうだったかもしれません。確認をさぼっております(^^;)

初公開映像はひとつもなく、既出の映像を中途半端に見せるだけの構成になってしまっています。ボーナスのイアン・ギランもそれほどレアな映像ではなく、"Classic Rock Legends"シリーズですでにリリースされているものですし、 Focusなどでは現在のメンバーのインタビューが収録されたりしていたのですが、この Deep Purpleではそのようなものは一切収録されていません。
"Doing Their Thing"をDVDで観たい、という向きには、手放しというわけにはいきませんが、お薦めできます。個人的には、フリー・ソロのパートなどで静かになる部分の音が、VHSで観た時よりも良く聴こえるのは収穫でしたが、このような編集ではそれも心から楽しめないのが残念です。もうちょっとちゃんとしたやつが観たいですねぇ。完全版なんていう贅沢は言わないから。


UK Classic Pictures DVD 7013X : [Special Edition EP]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : PAL Region 2
  1. Highway Star
  2. No, No, No
  3. Hallelujah
  4. Pop-Up DVD
  5. Previews
  6. DVD Jukebox

イギリスで2002年9月にリリースされたDVDで、DVDでは初めて3曲すべてをまとめたものです。音声は5.1ドルビーデジタルと5.1Dtsで収録され(……って、これってモノラルじゃなかったか?)、"Pop Up DVD"では解説の字幕つきでこれらの映像を観ることが出来ます。いきなり"Highway Star"の収録年度が1972年だったりしますが(笑)。収録時間のうち、半分くらいはこれをリリースした会社の他のアイテムの宣伝映像がギッシリと入ってます。その分安いです。

現在のところ、これら3曲を一番、無編集に近い状態で観ることができるのは、レーザーディスク収録のものだと思います。しかし、再生装置がこれ以上生産される状況ではない現在、このDVDがリリースされて、これら3つの映像を手軽に観ることができるようになったのは素晴らしいことです。

また、今回リリースされたものは、各曲に若干の編集がされています。"Highway Star"では、オープニングのアナウンサーが登場する部分に、今回新しく作られたDeep Purpleのロゴを挿入しています。曲中の字幕や、エンディングで画面が小さくなっていくところは、"Beat Club"放送時のものと変わっていません。"No, No, No"ですが、今回収録されたものは、オープニングのロゴがでるシーンが新たに作られたロゴと差し換えられており、本来のエンディングはリッチーが足を上げたところでストップモーションがかかりますが、ここでもロゴの挿入があります。"Pop Up DVD"のトラックでは、オープニングはオリジナルのものを観ることが出来ます。"Hallelujah"も、アナウンサーの登場する部分や旧版のロゴを新作のカラー・ロゴで差し換えています。この3つの映像とも、オーディオ部分はビデオ・マスターとは違うものを使用しているような感じです。本来ならアナウンサーのナレーションが入る部分もそれが入っておらず、純粋に演奏だけを聴くことが出来ます。