JP Ward Records GQCS 90129/31 : [Live In Stockholm 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年4月、Deep Purpleは来日公演を行ったり「ロックの殿堂」入りをしたりと露出の機会が多い時期であったため、日本のレコード会社では各種パッケージのリリースラッシュが起こります。これもその一環として登場したアイテムで、[Live In Stockholm 1970]の日本盤。オリジナル盤は2014年3月の発売だったので欧州に遅れる事2年あまり。これでようやく当ストックホルム音源の新ミックスが日本盤として登場した事になります。オリジナル盤同様DVDもついた3枚組となっており、[Doing Their Thing]以来の日本発売となる1970年のテレビ映像が再び楽しめるようになりました。まぁTシャツ付きとかで出されなくて良かったというかこのレーベルお得意の日本独自面割りLPレコードとか出されなくて良かったというか通販限定プレミアム・ボックスとか出されなくて良かったというか(以下略


EU edel 0208677 ERE : [Live In Stockholm 1970]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月にリリースされた、edelレーベルによるライヴ・アーカイヴ・シリーズの3作目。1970年11月12日に行われたストックホルムでのコンサートを中心に、同年のパリでのTVライヴのサウンドトラック、翌年のジョン・ロードのインタビュー等で構成されています。

ストックホルムでのステージは70年代に登場した海賊盤を始め、1988年に公式で発売された[Scandinavian Nights]以来、何度となくリリースされてきていますが、今回は2005年4月に登場した新ミックス盤の音源が使用され、マスタリングもやり直されています。

パリでのTVライヴは[History, Hits & Highlights]で公式に観られるようになった、1970年10月の演奏とされる"Pop Deux"の映像から音声を収録したものです。1971年のジョン・ロードのインタビューは結成当時の話からメンバー・チェンジ、"In Rock"の成功などを語っていますが、エンディングで聴かれる"Black Night"のライヴ(イントロからワンコーラス途中でフェイド・アウト)は公式未発表のヴァージョン。おそらく、1971年のSpeyer公演のサウンド・ボードと思われます(この年のコンサート音源で放送用に収録が行われたと思われるステージは現時点でロングビーチ以外では他に見当たらないので)。

CDは2枚組ですが、ボーナスとしてDVDが付属しており、そちらには久しぶりのDVD化となる[Doing Their Thing]が収録されています。前述の[History, Hits & Highlights]には"Child In Time"と"Speed King"の数カットの収録に終わった映像ですが、ここでは従来観ることが出来たカットを全て観ることができます。DVDとしては[Masters From The Vaults]以来の登場、TV放送時のフォーマットどおりの収録としてはVHSビデオやレーザーディスク以来の登場となり、嬉しい登場となりました。


JP Crown CRLR 80001 : [Doing Their Thing]


ジャケット画像

Laser Disc : NTSC
  1. Speed King
  2. Childe In Time
  3. Hard Road
  4. Mandrake Root

クラウンレコードからリリースされたレーザーディスク。正確な発売年月日は忘れてしまいましたが、おそらく1990年代初頭くらいだった記憶があります。日本でこの映像がリリースされたのはこの時限りで、自分の確認する限り、クラウンからも、他のレーベルからも、再発はされていないと思います。フリー・インプロヴィゼーションのパート、音量が小さくなる部分で、聞き取りづらくなるのをのぞけば(つーか、ここを聴けるくらいの音量で再生してると、その後の音量が爆裂するとこでかなりヤバい状況になります(^^;)、映像をストレスなく楽しめるものに仕上がっています。その昔、NHKで放送された時の字幕を再現してくれると面白かったのですが(笑)

ジャケット画像


JP Crown CRVR 80001 : [Doing Their Thing]


ジャケット画像 ジャケット画像

VHS : NTSC
  1. Speed King
  2. Childe In Time
  3. Hard Road
  4. Mandrake Root

クラウンレコードからリリースされたVHSカセット。正確な発売年月日は忘れてしまいましたが、おそらく1990年代初頭くらいだった記憶があります。日本でこの映像がリリースされたのはこの時限りで、自分の確認する限り、クラウンからも、他のレーベルからも、再発はされていないと思います。フリー・インプロヴィゼーションのパート、音量が小さくなる部分で、聞き取りづらくなるのをのぞけば(つーか、ここを聴けるくらいの音量で再生してると、その後の音量が爆裂するとこでかなりヤバい状況になります(^^;)、映像をストレスなく楽しめるものに仕上がっています。その昔、NHKで放送された時の字幕を再現してくれると面白かったのですが(笑)


Germany Intense CRL 1508 NTSC : [Masters From The Vaults]


ジャケット画像 ジャケット画像

DVD : NTSC Region 0
Deep Purple

  1. Speed King
  2. No No No
  3. Child In Time
  4. Highway Star
  5. Wring That Neck
  6. Hallelujah
  7. Mandrake Root

Ian Gillan

  1. Demon’s Eye
  2. When A Blind Man Cries
  3. Lucille
  4. Smoke On The Water

イギリスで数年前から続いているロック・アンソロジー"Classic Rock Legends"のドイツ版とも言えるシリーズで、これまでにFocusやAtomic Rooster、Pentangleなど、マニア好みの映像をリリースして来ていますが、今回、Deep Purpleのものがリリースされました。

"Doing Their Thing"として知られる映像と Beat Clubの映像を一緒にして、ボーナスとしてイアン・ギランの1989年のパフォーマンスから、 Deep Purpleのナンバーをセレクトして収録したものです。 Beat Clubの映像は、"Special Edition EP"に続いてのDVD化、"Doing Their Thing"は、初のDVD化(ストーリービデオなどに細切れで出てくるものを除く)となるものです。

曲目をご覧になっておわかりになるかと思いますが、"Doing Their Thing"の映像と、 Beat Clubの映像が交互に収録されるという編集になっています。これで、まずは減点。なんで、キチンと分けないかなぁ。各曲の冒頭で曲名の字幕が黒地で出てきます。これが表示されている間、音楽は聴こえますが、原版にある、その部分の映像を観ることが出来なくなっています。これでますます減点。なんで、キチンと観せないかなぁ。Beat Clubではエンディングがフェイド・アウトになっていたり、"Doing Their Thing"の曲では、一部エンディングで観客の映像を使い回している部分があります(これに関しては、ビデオでもそうだったかもしれません。確認をさぼっております(^^;)

初公開映像はひとつもなく、既出の映像を中途半端に見せるだけの構成になってしまっています。ボーナスのイアン・ギランもそれほどレアな映像ではなく、"Classic Rock Legends"シリーズですでにリリースされているものですし、 Focusなどでは現在のメンバーのインタビューが収録されたりしていたのですが、この Deep Purpleではそのようなものは一切収録されていません。
"Doing Their Thing"をDVDで観たい、という向きには、手放しというわけにはいきませんが、お薦めできます。個人的には、フリー・ソロのパートなどで静かになる部分の音が、VHSで観た時よりも良く聴こえるのは収穫でしたが、このような編集ではそれも心から楽しめないのが残念です。もうちょっとちゃんとしたやつが観たいですねぇ。完全版なんていう贅沢は言わないから。