1976-12-14 : Hiroshima


ジャケット画像

Hiroshima, Japan 14 December 1976
  1. 曲目不詳

某ショップでも扱っている、初来日時の広島での模様を捕らえた8ミリ映像で、音無しの映像にプライベート音源をかぶせた約15分程度の映像となっています。使われている音源は、なぜか1978年来日時のもので、1月14日の福岡公演から、"Kill The King"と"Mistreated"が流れます。映像は退色が激しく、昼間の野外での映像は白っぽく、またコンサート会場ではかなり暗めになっており、あまり観やすいものではありません。

まず広島駅のプラットフォームに新幹線が入ってくるところから始まります。リッチーを始めとしたメンバーがおりてきて、迎えの車に乗るところが写し出されます。サインを求められて応じているコージーの若々しい姿が、彼が亡くなった今となっては大変眩しく感じられます。対照的に、リッチーとマネージャーのブルースが歩いているツーショットはけっこうコワいものがあります(笑)

会場に機材が搬入されたり、観客が入場していく辺りの映像もあり、ここで会場が広島市公会堂だと判別できます。このビデオを入手した時には1978年の広島だという話でいただいたのですが、1978年は会場が違うので、実際にはこの部分は1976年の映像ということになります。実際、ベーシストはジミー・ベインのようですが、キチンと確認は出来ません。人物の判別は大変困難です。

コンサート映像はかなり暗めで、どんな曲を演奏しているのかの判別は出来ませんが、ほぼコンサート全体に渡ってカメラを少しづつ回したようで、コージーのドラムソロの映像も出てきます。


1978-01-12 : Hiroshima (Take 1)


ジャケット画像

Hiroshima, Japan 12 January 1978
  1. 曲目不詳

こちらも某ショップで扱っていると思われる1978年広島公演を撮影した8ミリフィルム映像です。ショップでは先の1976年の分とカップリングされていたと記憶しています。私が入手したものはある方からいただいたものなのですが、それも先の1976年の分に続いて収録されていました。

こちらもリアル音声ではありません。"On Stage"の"Kill The King"、"Man On The Silver Mountain"、"Catch The Rainbow"がかぶせられている20分程度の映像です。画像はやはりかなり暗めでボケ気味ですが、1976年の映像程、退色はしていないので、1976年の映像よりは見やすくなっています。

"Rainbow On Stage"というテロップが最初に入り、始まります。ステージの左横からとったショットから始まり、途中で右横にカメラが移動したようで、後半はショットが変わります。ロニーの衣裳は「ミュンヘン ’77」などでお馴染みのものなので、78年のステージに間違いないでしょう。ベーシストも、こちらの映像ではボブ・ディズリーだと何とか判別できます。リッチーは黒のアセンブリのホワイト・ストラトを使っているので、ここからも1978年だと思われます。

途中で会場となった建物の映像が挿入されています。こちらで、会場が広島県立体育館だということがわかります。1978年の広島公演はこの会場だったので、この映像はタイトルどおり、1978年の広島公演を収録したものだとみて間違いなさそうです。


1978-01 : Japan


ジャケット画像

Hiroshima, Japan 12 January 1978
or Koriyama 24 January 1978
  1. 曲目不詳 (Long Live Rock’n’Roll?)

こちらも8ミリ映像で、ある方からいただいたものなのですが、これを扱っているショップがあるかどうかは不明です。例によって音はない、映像のみのフィルムで、既存の音源からのカブせもありません。全くの無音フィルムです。広島公演ということでいただいたので、ここでもそのように表記していますが、1978年の日本公演であることには間違いないと思われるものの、会場が果たして広島かどうかについては確証が持てませんでした。

ステージのほぼ正面から撮っているショットで、フィルムの退色もなく、明るめの映像でかなり観やすいものです。リッチーのアクションがすさまじく、音無しでも迫力あるものとなっています。コージーのドラムソロも入っており、隠し撮りの8ミリフィルムとしては上質な部類のものではないかと思います。

(追記)近年、日本公演の8ミリ・フィルムを集めたDVD-Rが出回った際、当映像も収録されており、そのDVD-Rでは郡山公演とクレジットされています(DVD-Rに収録されたフィルムには後付けの音声がかぶせられています)。現時点では収録会場を特定する材料に乏しいため、当サイトではデータの特定は保留とさせていただきます。


1980 : Europe Tour


画像はありません

World Tour, 1980
  1. Eyes Of The World
  2. Loves No Friend
  3. Since You Been Gone
  4. All Night Long
  5. Catch The Rainbow
  6. Lost In Hollywood
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Will You Still Love Me Tomorrow
  9. Long Live Rock’n’Roll

ここに紹介するグラハム時代のオーディエンス・ショットは、はたしてフィルム撮影によるものか、ビデオ撮影によるものかは不明です。おそらく1980年のヨーロッパ・ツアーのいづれかの会場で収録された物と思われ、画質、音質はかなり酷い代物ですが、グラハム時代の映像は現在のところプロモーション・ビデオや"Monsters Of Rock"を除くとこれくらいしか見当たりません。グラハム時代がすごく好きで、前記の映像に飽き足りない方が観れば興味深い物ですが、そうでないとかなり辛い映像です。

いずれの曲も完全収録ではありません。2,3,にいたってはほんの数秒しか流れませんので、注意して観ないと気付かないかも(^^;)奇妙なことに、アングルがころころ変わります。どうやら会場内を歩き回って撮影しているようで、よく見つからなかったものだと思いますが、もしかしたらスタッフが撮影したものかもしれません。しかし、それにしてはあまりにも画質、音質が酷いですが……


1981-06-10 : Essen


ジャケット画像

Essen, 10 June 1981
  1. Spotlight Kid
  2. Loves No Friend
  3. I Surrender
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Catch The Rainbow
  6. Can’t Happen Here
  7. Lost In Hollywood
  8. Difficult To Cure
  9. Drum Solo
  10. Long Live Rock’n’Roll
  11. Maybe Next Time

ビデオ収録とはっきり判明しているオーディエンス・ショットのなかでは、この1981年のドイツ、エッセンでのコンサートを収録したものが現在のところ1番古いものになります。この頃はまだ現在の様なコンパクトな器材ではなく、おそらく撮像回路も撮像管を使用していたはずですから、撮影者の苦労が忍ばれますが、逆に言えばまだまだチェックが甘かったおおらかな時代だったということでもあるでしょう。ジョー・リン・ターナーがヴォーカリストになってから、初のヨーロッパ・ツアーの模様を捉えたもので、この時期、1981年のライヴ映像はオフィシャルは存在せず、現在のところこれしか知られていません。

11はアンコールで、途中で終わってしまいますが、本編は一応全曲収録です。ただし、曲中にカットがある曲が2,3曲あります。ステージ左側からのアングルで、かなり人物が大きく捉えられているショットですが、ピントがあまり合っていない感じです。音も、ステージ左側ということで、ギターがあまり大きく聞こえないバランスになっています。

この日のリッチーはあまり大きなアクションを決めることもなく、プレイに集中している感じです。加入したばかりのジョーは若々しく、張り切っています。

8の途中で、リッチーは弦を切ってしまったようで、キーボード・ソロとエンディングではステージから引っ込んでしまい、プレイしていません。82年のオフィシャル・ビデオ、"Live Between The Eyes"では、この曲でSgを弾いてバッキングに参加するジョーの姿を観ることが出来ますが、ここではジョーもストラトをプレイしています。リッチーが引っ込んでしまったエンディングでは、すっかりギタリストになり切っています(^^;)


1981-06-19 : Brussels


画像はありません

Brussels, 19 June 1981
  1. Spotlight Kid
  2. Loves No Friend
  3. I Surrender
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Catch The Rainbow
  6. Can’t Happen Here
  7. Keyboard Solo – Lost In Hollywood
  8. Guitar Solo – Difficult To Cure
  9. Drum Solo
  10. Long Live Rock’n’Roll
  11. All Night Long
  12. Lazy – No Release – Woman From Tokyo -Smoke On The Water
  13. Kill The King (Guitar Crash)
  14. Long Live Rock’n’Roll

エッセンに続く1981年ヨーロッパ・ツアーのオーディエンス・ショットです。80年代初頭のこの時期は、まだビデオ機器の普及度も高くなく、オーディエンス・ショットの映像も数が少ないので、貴重なものといえるでしょう。画質からはビデオなのかフィルムなのか判別がつきにくいですが、収録時間の長さからみてビデオ収録だと思われます。

画質はよくありません。残っていただけでもたいしたものだと思いますが、ダビングの繰り返しによる画像のボケと色ヌケが激しく、大変観づらいものになっています。加えて、アングルもステージ左袖(上手、下手っつうのがわからん(^^;)。リッチーがいない方(爆))からのもので、その点でも観づらいです。カメラの場所がそんな位置だからか、音質もお世辞には良いとはいえず、爆音の中からかろうじて何の曲かわかる、といった程度です。一言でいって、ひたすら観づらいビデオで、よほどのファンでないとキツいです。

しかし、こういったオーディエンス・ショットのビデオというのは、「よほどのファン」がその需要となるもので、その「よほどのファン」から観るとこれほど面白いビデオはありません。最初の方はカットが多く、"Catch The Rainbow"あたりでは音ユレもかなりキビシくなりますが、そんなことは問題ではありません。パフォーマンスがスバラシイの一言です。リッチーのノリがエッセンのビデオよりもよく、アクションもバンバン出てくるし、アンコールも多く、ノリノリのステージを観ることが出来ます。個人的に一番ポイントなのは、"Smoke On The Water"の導入で"No Release"のイントロをプレイしていることです。この年のツアーでは何回かやっているのですが、映像でこれが拝めるのは今のところこのビデオだけです。

画質、音質にはこだわらない、ひたすら内容重視という方でしたら、一見の価値はあります。


1982-11-03 : Helsinki


画像はありません

Helsinki, Finland 3 November1982
  1. Spotlight Kid
  2. Miss Mistreated
  3. I Surrender
  4. Can’t Happen Here
  5. Tearin’ Out My Heart
  6. All Night Long
  7. Stone Cold
  8. Power
  9. Difficult To Cure
  10. Long Live Rock’n’Roll
  11. Hey Joe
  12. Since You Been Gone
  13. Smoke On The Water

"Straight Between The Eyes"発表にともなうワールド・ツアー中、終盤に回ったヨーロッパ・ツアーから、11月3日のヘルシンキでのステージを収録したものです。このヨーロッパ・ツアーは音源もあまり出回っておらず、ライヴCDともなると、アナログ盤のコピーが一種知られているだけとなっていますので、このビデオの映像は貴重なものといえます。

一応全曲収録になっています (しかし、やはり途中がカットされている曲もあります)。画像はかなり辛いものがありますが、人物が割と大きめに捉えられているので楽しめると思います。上のエッセンのビデオとちょうど逆で、ステージ右側から捉えたアングルになっており、リッチーのギターもはっきりと聴くことができます。この日のリッチーはかなりアクションも決めており、ブルーズや曲の導入のソロも長くプレイしていて、なかなか素晴しいパフォーマンスになっています。曲もオフィシャル・ビデオではカットされていた"I Surrender"、日本公演から頻繁にプレイするようになった"Hey Joe"など、見所は結構多いと思います。