1997-03-17 : Palo Alto


ジャケット画像

Palo Alto 17 March 1997
  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Mistreated
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Bass & Drum Solo
  10. Man On The Silver Mountain
  11. Temple Of The King
  12. Black Masquerade
  13. Woman From Tokyo
  14. Ariel
  15. Since You Been Gone
  16. Perfect Strangers
  17. Maybe Next Time
  18. Burn
  19. Over The Rainbow

再編成Rainbowの末期、1997年春に行われたアメリカ・ツアーから、最終日にあたるPalo Altoでのクラブ・ギグを収録したとされるオーディエンス・ショットです。会場後方、やや左側からのショットですが、クロース・ショットもかなり安定しており、観づらいことはないと思います。ピントは少々甘いかもしれません。音声はバランスの良いモノラル。

ツアー最終日ということで、ドゥギーはかなり疲れの伺えるパフォーマンスですが、気合いは入っている様子です。オーディエンスの反応も良いため、満足感の得られる映像になっていると思います。この後、5月に行われたスウェーデンでのフェスティバルを最後にこのラインナップは消滅するので、リッチーのエレクトリック・パフォーマンスを捉えた最後期の映像として、存在価値は大きいです。


1995-11-22 : Yokohama


ジャケット画像

Yokohama 22 November 1995
  1. Over The Rainbow
  2. Too Late For Tears
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Hunting Humans
  5. Smoke On The Water
  6. Wolf To The Moon
  7. Difficult To Cure
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade
  12. Ariel
  13. Since You Been Gone
  14. Perfect Strangers
  15. Hall Of The Mountain King
  16. Maybe Next Time
  17. Burn
  18. Stone Cold
  19. Greensleeves
  20. Street Of Dreams
  21. Over The Rainbow

1995年の再編成Rainbow来日公演、終盤にあたる横浜文化体育館でのステージを収録したとされるオーディエンス・ショット。この日は私も観に行っていたので、当映像を観るといろいろと思い出されてくるため、存在するだけでアタリですが、観に行かなかった方もトレス無く観ることが出来ると思います。

この日、リッチーが着ていたのは物販で売られていたトレーナーの袖をカットしたもの。噂によれば、それまで一番売れてなかったそのトレーナー、終演後にあっという間に売れてしまったとのハナシで(笑)。リッチーがこういったラフなトレーナーやTシャツでステージに上がることはまれにありますが、自身で目の当たりにしたのはあの時が初めてで、懐かしく思い出されます。また、本編で"Smoke On The Water"をプレイしたのは、再編成Rainbowではこの日が初めて。ステージもリラックスした雰囲気で進行し、ドゥギーが入りをミスってリッチーにからかわれたりなど、テンションが高めだった代々木辺りと比較すると、ひと味違ったステージが観られる日です。


1995-11-01 : Brussels


ジャケット画像

Brussels 1 November 1995
  1. Over The Rainbow
  2. Spotlight Kid
  3. Too Late For Tears
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Hunting Humans
  6. Greensleeves
  7. Wolf To The Moon
  8. Difficult To Cure
  9. Kyeboard Solo
  10. Still I’m Sad
  11. Drum Solo
  12. Man On The Silver Mountain
  13. The Temple Of The King
  14. Black Masquerade
  15. Since You Been Gone
  16. Guitar Solo
  17. Perfect Strangers
  18. Waltzing Matilda
  19. Hall Of The Mountain King

再編成Rainbowが1995年に行ったヨーロッパ・ツアーから、終盤にあたる11月1日、ベルギーはブリュッセルでのステージを収録したとされるオーディエンス・ショットです。ステージ左後方のスタンドあたりから狙っていると思われるアングルで、人物の全身が収まるくらいにまでカメラが寄るので、観ていてストレスを感じることは少ないと思います。所々でカメラを隠したと思われる部分も散見されますが、全体的に安定しているショットです。音質はバランスを含めてまぁまぁというところでしょうか。

序盤はモニターが不完全だったようなムードでアンサンブルに乱れが生じている箇所もありますが、ツアーを重ねて来ているため、リッチーの即興についていくメンバーにも余裕が感じられ、良い感じのステージが繰り広げられています。アンコールは未収録ですが、この日の音源はプレスCDでは出回っていないため、当映像で体験するのも良いと思います。


1977-10-01 : Copenhagen


ジャケット画像

Copenhagen 1 October 1977
  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Long Live Rock’n’Roll
  6. Still I’m Sad
  7. Do You Close Your Eyes

1977年秋に行われたヨーロッパ・ツアーから、10月1日のコペンハーゲンでのステージを収録したとされるオーディエンス・ショット。8ミリ・フィルムの映像です。8ミリでは数少ないリアル音声のフィルムのようで、音質そのものはまあまあのバランスで聴けるため、ストレスは無いと思います。映像はアリーナのセンターやや右寄りってな感じのアングルで、安定している部分のショットは良い感じですが、パンがやや多いため、観づらく感じる部分も多いです。ただ、クロース・ショットが多いので、迫力はあると思います。"Kill The King"がわずかのカットを除き完奏していますが、それ以外のナンバーは全て部分収録で、全体で約14分弱の映像です。ラストのギター・クラッシュまで、シーンのほとんどがリッチーのクロース・ショットなので、リッチー・ファンには楽しめるフィルム。全体的に粒子が粗いので、もう少しきめ細かかったら、良かったかなーと。


1977-09-25 : Stockholm


ジャケット画像

Stockholm 25 September 1977
  1. Kill The King
  2. Mistreated
  3. 16th Century Greensleeves
  4. Catch The Rainbow
  5. Long Live Rock’n’Roll

1977年に行われたヨーロッパ・ツアーから、初日にあたるストックホルム公演で撮影したとされるオーディエンス・ショットによる8ミリ映像です。元々はサイレントの映像で、一般に出回っているものには音声がかぶせてあるものもあります。曲目リストにあげたナンバーは、リッチーのプレイの様子から、たぶんこの曲であろうと思われるナンバーを適当に並べただけなので、詳細に検証すれば違っているところもあると思います。メンバーのクロース・ショットをかなりきれいな状態で観られるので、もしどこかで遭遇したら一回くらいは観ておいてもいいでしょう。


1976-12-02 : Tokyo


ジャケット画像

Tokyo 2 December 1976
  1. 曲目不詳

しばらく前に「1976年初来日初日」という触れ込みでブラック・マーケットに登場した8ミリフィルムです。ステージ全景を収録した映像が数分感続くもので、ステージ上の様子等はほとんどわかりません。私が10年以上前、ある方のご厚意で提供していただいたVHSテープにも収録されていましたので、存在自体は知られていたと思います。その当時は「1978年広島」とのメモが付されていた映像の一部として提供していただいたので、私自身は広島公演の映像の一部だと思っていました。今回ブラック・マーケットに登場した際の「初来日初日」というクレジットが本当のものなのかどうかは、自分には検証不可能です。本当に初来日初日であれば、記念すべき日の映像が残されているだけでもたいしたものだと思います。


1976-09-22 : Copenhagen


ジャケット画像

Copenhagen 22 September 1976
  1. Intro
  2. 16th Century Greensleeves
  3. Catch The Rainbow
  4. Do You Close Your Eyes

1976年のヨーロッパ・ツアーから、9月に行われた北欧公演、コペンハーゲンでのステージを撮影したとされる8ミリ・フィルムによるオーディエンス・ショットです。この日は[Songs For Gefion][The Raging God]などで上質のオーディエンス音源を聴くことが出来、動いている姿を観ることが出来るのが嬉しいところです。画質は典型的な8ミリの質感を感じるもので、粒子が粗いですが、かなりのクロース・ショットのため、8ミリにしてはメンバーの表情がよくわかる、良質のフィルムです。音声は後からかぶせており、画と音のシンクロは全くありませんが、いちおう、演奏シーンに合った曲は選ばれているようです。"Do You Close Your Eyes"ではギター・クラッシュを観ることが出来ます。