JP Canyon PCCL 00505 : [Impressions And Reflections For Classical Selections]


ジャケット画像

V.A.
  1. 白鳥
  2. アルハンブラの想い出
  3. 「王宮の花火の音楽」〜序曲
  4. アルマンド
  5. ガイヤルド
  6. イギリス風パヴァーヌとガイヤルド
  7. バス・ダンス「ラ・ヴォロンテ」
  8. パヴァーヌ・パッサメッツォン・ガイヤルド
  9. ブルゴーニュ風ブランル
  10. ラ・ムーリスク
  11. 4つのブランル
  12. ロンド
  13. バス・ダンス「羊飼い」
  14. ロンド「わが友」
  15. パヴァーヌ「戦い」
  16. ペールギュント〜「朝」
  17. 主よ人の望みの喜びよ
  18. アヴェ・マリア
  19. さやかに星はきらめき
  20. カノン
  21. 野ばら
  22. 主を頌め讃えよ、しもべらよ

リッチーが選曲し、コメントも寄せているクラシック音楽のオムニバス・アルバム。

ラ・ムーリスク
4つのブランル
バス・ダンス「羊飼い」
ロンド「わが友」: Czech Brass Ensenble
ペールギュント〜「朝」 : Hidemaro Konoe / Yomiuri Nippon symphony Orchestra
日本のクラシック音楽の礎である近衛秀麿氏の指揮、読売日本響による演奏。晩年のステレオ録音ですが、弦の響かせ方、金管の鳴らし方がとても上品で、この曲の主題にとても合っている、良い演奏です
主よ人の望みの喜びよ : Ales Barta
オルガン独奏によるインストルメンタルとなっています

UK Testament SBT 1250 : [Henry VIII And His Six Wives]


ジャケット画像

David Munrow / The Early Music Consort Of London
  1. Basse Danse ‘Jouyssance Vous Donneray’
  2. Pavane ‘Le Bon Vouloir’
  3. Galliard ‘Traditore’
  4. Fireworks Music
  5. Tne King’s Ballad : ‘Pastime With Good Company’ (Past Time With Good Company)
  6. ‘Le Petit Gentihomme’
  7. The Ballad Of Robin And Marion
  8. Street Music
  9. Hennry’s Loneliness
  10. The King’s Hunt (Avalon)
  11. Fanfare ‘La Mourisque’ (Crowning Of The King)
  12. Galliard
  13. La Pastorella
  14. Galliard
  15. Regal Solos : King Harry Viii Pavan – Galliard
  16. Wedding Music For Anne Of Cleves
  17. The Short Musure Off My Lady Wynfyld’s Rownde
  18. My Lady Carey’s Dompe
  19. Ehiop Masque
  20. ‘O Death Rock Me Asleep’
  21. Catherine Howard’s Interrogation
  22. Lute Duet
  23. Closing Music
  24. Greensleeves To A Ground (Greensleeves)
  25. Sir John Souch His Galliard
  26. Earl Of Essex Galliard
  27. Lachryimae Antiquae
  28. The King Of Denmark’s Galliard
  29. Variations On The Romanesca
  30. The Fairie Round
  31. Variations On The Romanesca
  32. Orlando Sleepeth
  33. Fantasy In Four Parts
  34. Duet ‘Forget Me Not’

    1970年代に発表されたマンロウのアルバムを編集し直して2004年にリリースされたアルバムです。大部分は1972年にリリースされた"The First Historical Film In Which The Music Has Been Scored Entirely For Historical Instruments"からの録音になっています。これらは1972年に製作された映画"Henry VIII And His Six Wives"に使用されたといいます。アルバムタイトルにひっかかりを覚える方もいらっしゃると思いますが、リック・ウェイクマンが1973年にリリースしたアルバムは、タイトルが"The Six Wives Of Henry VIII"と微妙に違いますので、ご注意を。ウェイクマンのイメージを決定付けた大作なので、こちらも一聴の価値はあります。閑話休題。

    このアルバムに収められている"Pastime With Good Company"はジェイムス・ボウマンなるカウンター・テナーの歌が印象的です。歌詞はもちろん、Blackmore’s Nightの演奏と同じものになっています。また、"Avalon"で聴けるメロディが出てくる"King’s Hunt"は、ブックレットにオリジナル作曲者のクレジットがありません。マンロウは"Arrenged And Composed"とクレジットされていますので、古いメロディを元にマンロウが作曲したということかもしれませんが、未確認です。

    "Greensleeves To A Ground"はマンロウの死後、1977年にリリースされたアルバム"Greensleeves To A Ground"で発表されました。マンロウのプレイするリコーダーとハープシコードのアンサンブルが美しいです。また、11曲目に収録されているのは、スサートが編纂した"Danserye"からの曲で、"Crowning Of The King"の原曲となっている曲です。