JP PolyGram POCG 3770 : [Hard Rock Meets Classics 2]


ジャケット画像

V.A.
  1. ツァラトゥストラはかく語りき
  2. リュート組曲 第4番
  3. ラプソディ・イン・ブルー
  4. 草競馬
  5. グリーンスリーヴズによる幻想曲
  6. 白鳥の湖 情景
  7. 白鳥の湖 ワルツ
  8. 白鳥の湖 フィナーレの情景
  9. 4つのブランル
  10. ベルジュレット
  11. パッセ・メディオ
ツァラトゥストラはかく語りき : Maazel / Vienna Philharmonic Orchestra
マゼール指揮、ウィーン・フィルの演奏。マゼール独特の歌い方を感じ取れる冒頭部のみの収録。
リュート組曲 第4番 : Narciso Yepes
ラプソディ・イン・ブルー : Levine / Chicago Symphony Orchestra
メトの音楽監督として有名だったレヴァインの指揮によるシカゴ響の演奏。この曲はやはりアメリカのオケで聴くのが良いのかもしれません。レヴァインのピアノが聴けるのがちょっと嬉しい
草競馬 : Eric Rogers Chorale and Orchestra
大変モダンなアレンジの演奏。ライト・クラシックのノリですが、フォスターの曲はこういう感じで聴くのが良いのかもしれません。個人的にはもっと時代を感じさせてくれる演奏が好きです。当時の演奏を再現したアルバムも存在しますが、サロン用に書かれた曲が対象なので、ショウの為に作られた「草競馬」は収録されていませんでした
グリーンスリーヴズによる幻想曲 : Orpheus Chamber Orchestra
エルガーやホルストと並ぶ近代イギリスの作曲家、ヴォーン・ウィリアムズが管弦楽に編曲したものです。ハープの響きが印象に残ります
白鳥の湖 情景
白鳥の湖 ワルツ
白鳥の湖 フィナーレの情景 : Mstislav Rostropovich / Berlin Philharmonic Orchestra
4つのブランル
ベルジュレット
パッセ・メディオ : Philip Pickett / New London Consort

JP PolyGram POCG 3769 : [Hard Rock Meets Classics 1]


ジャケット画像

V.A.
  1. 威風堂々 第1番
  2. ペール・ギュント 朝
  3. ペール・ギュント 山の魔王の宮殿にて
  4. ブランデンブルグ協奏曲 第3番
  5. 平均律クラヴィーア曲集第1巻第1曲
  6. 交響曲第9番 合唱 第4楽章
  7. 組曲惑星 火星
  8. グリーンスリーブス
  9. 主よ人の望みの喜びよ
  10. グレゴリアン・チャント
威風堂々 第1番 : Giuseppe Sinopoli / Philharmonia Orchestra
2001年、指揮の真っ最中に倒れ、そのまま帰らぬ人となった、1946年生まれの指揮者、シノーポリの若き日の演奏。晩年の演奏よりも、パッションがストレートに出ているように感じる演奏です。
ペール・ギュント 朝 : Neeme Jarvi / Gothenburg Symphony Orchestra
作曲者と同郷の指揮者、ヤルヴィと、同郷のオケ、エーデポリ響の演奏。初めて聴くクラシック音楽の場合、作曲者の同国人の演奏は第一の選択肢の一つとなり得ます
ペール・ギュント 山の魔王の宮殿にて : Neeme Jarvi / Gothenburg Symphony Orchestra
こちらは「同国人の演奏で聴く」という選択肢の利点を感じられる演奏。「キメるところはバッチリキメる」という北欧の音楽の特徴(と私が勝手に思っている部分)が出た演奏が心地良いです
ブランデンブルグ協奏曲 第3番 : Douglas Boyd : The Chamber Orchestrra of Europe
近年すっかり主流となっている、古楽器アンサンブルによる演奏です。色彩感というか、音楽の素朴さというか、そういったものをより感じる事が出来るのが古楽器アンサンブルの魅力です
平均律クラヴィーア曲集第1巻第1曲 : Kenneth Gilbert
以前はピアノで演奏される事が多かった曲ですが、オリジナル重視によるチェンバロ録音も増えてきているようです。これはケネス・ギルバートという人の録音
交響曲第9番 合唱 第4楽章 : Rafael Kubelik / Bavarian Radio Symphony Orchestra
名指揮者ラファエル・クーベリックが1970年代に残したベートーヴェン全集録音から。全集は同一オケと録音するのが通常ですが、彼は全ての曲を違うオケで録音しました。今でも人気が高い全集です。
組曲惑星 火星 : James Levine / Chicago Symphony Orchestra
レヴァイン指揮、シカゴ響の録音。大音量でオーケストラが鳴り響く、この曲のようなタイプには相応しい演奏です
グリーンスリーブス : Goran Sollscher
中世の編曲者、カッティングがギター用に編曲したもの。リッチーが普段プレイしているキーとは違うようです。また、チューニング自体も現代のギターとは異なっているように思います
主よ人の望みの喜びよ : Orpheus Chamber Orchestra
カンタータの中では声楽を伴って演奏されますが、ここには楽器演奏のみの録音が収録されています
グレゴリアン・チャント : Chorus of Monks of the Abbey of Santo Doming de Silos
ここに収められているシロス修道院聖歌隊はグレゴリアン・チャントの録音では有名な聖歌隊で、ライヴ・アルバムも出ているようです。先も書きましたが、ヤードバーズのバージョンでは確かにグレゴリオ聖歌っぽいハミングは聴けますが、ここに収録されているメロディを引用してるとは私には思えません。うーん、私の耳はヘタれになっている(笑)

JP King KKCC 9206 : [Flute a bee Luth & Guitare]


ジャケット画像

Rene Clemancic
  1. Sonate en Fa mejeur
  2. Sarabande & Gavotte en sol mineur
  3. Sonate op1 n4 en la mineur
  4. The King’s Denmark’s Gillard
  5. Variations sur Pavan Lachrimae de Dowland
  6. Variations pour fulte a bec seule
  7. O miei giorni fugaci
  8. Greensleeves to a Ground

こちらもリコーダーによるアンサンブルが聴けるアルバム。クレマンシック・コンソートでも知られるルネ・クレマンシックがリュート、ギターとともに16世紀から17世紀の音楽を演奏しています。ジャケットで思わず手が伸びた一枚


UK Testament SBT 1250 : [Henry VIII And His Six Wives]


ジャケット画像

David Munrow / The Early Music Consort Of London
  1. Basse Danse ‘Jouyssance Vous Donneray’
  2. Pavane ‘Le Bon Vouloir’
  3. Galliard ‘Traditore’
  4. Fireworks Music
  5. Tne King’s Ballad : ‘Pastime With Good Company’ (Past Time With Good Company)
  6. ‘Le Petit Gentihomme’
  7. The Ballad Of Robin And Marion
  8. Street Music
  9. Hennry’s Loneliness
  10. The King’s Hunt (Avalon)
  11. Fanfare ‘La Mourisque’ (Crowning Of The King)
  12. Galliard
  13. La Pastorella
  14. Galliard
  15. Regal Solos : King Harry Viii Pavan – Galliard
  16. Wedding Music For Anne Of Cleves
  17. The Short Musure Off My Lady Wynfyld’s Rownde
  18. My Lady Carey’s Dompe
  19. Ehiop Masque
  20. ‘O Death Rock Me Asleep’
  21. Catherine Howard’s Interrogation
  22. Lute Duet
  23. Closing Music
  24. Greensleeves To A Ground (Greensleeves)
  25. Sir John Souch His Galliard
  26. Earl Of Essex Galliard
  27. Lachryimae Antiquae
  28. The King Of Denmark’s Galliard
  29. Variations On The Romanesca
  30. The Fairie Round
  31. Variations On The Romanesca
  32. Orlando Sleepeth
  33. Fantasy In Four Parts
  34. Duet ‘Forget Me Not’

    1970年代に発表されたマンロウのアルバムを編集し直して2004年にリリースされたアルバムです。大部分は1972年にリリースされた"The First Historical Film In Which The Music Has Been Scored Entirely For Historical Instruments"からの録音になっています。これらは1972年に製作された映画"Henry VIII And His Six Wives"に使用されたといいます。アルバムタイトルにひっかかりを覚える方もいらっしゃると思いますが、リック・ウェイクマンが1973年にリリースしたアルバムは、タイトルが"The Six Wives Of Henry VIII"と微妙に違いますので、ご注意を。ウェイクマンのイメージを決定付けた大作なので、こちらも一聴の価値はあります。閑話休題。

    このアルバムに収められている"Pastime With Good Company"はジェイムス・ボウマンなるカウンター・テナーの歌が印象的です。歌詞はもちろん、Blackmore’s Nightの演奏と同じものになっています。また、"Avalon"で聴けるメロディが出てくる"King’s Hunt"は、ブックレットにオリジナル作曲者のクレジットがありません。マンロウは"Arrenged And Composed"とクレジットされていますので、古いメロディを元にマンロウが作曲したということかもしれませんが、未確認です。

    "Greensleeves To A Ground"はマンロウの死後、1977年にリリースされたアルバム"Greensleeves To A Ground"で発表されました。マンロウのプレイするリコーダーとハープシコードのアンサンブルが美しいです。また、11曲目に収録されているのは、スサートが編纂した"Danserye"からの曲で、"Crowning Of The King"の原曲となっている曲です。