JP Universal UICY 76098 : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月、SACDやプラチナSHM-CDと同時にリリースされたSHM-CD。ケースに収められていた前述の二種と異なり、紙ジャケットのみのシンプルなパッケージとなっています。これこれ以来、RainbowのCDはほとんどがSHM-CDで発売されてきたので、これが一番の普及版という位置付けであると思われます。SACDの再生環境がない場合には、こちらの紙ジャケットで十分。プラチナなんとかはオーディオ・マニアに任せておいて大丈夫です(笑)


JP Universal UICY 40054 : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月、日本企画のSACDと同時にリリースされたディスク。「プラチナSHM-CD」というわけのわからん名称がついていますが、要するにCDです。そう思うと馬鹿高いお値段ですよ奥様ヽ(;▽;)ノ。使用されている音源はSACDと同様、イギリスにあるアナログ・マスターからDSDサンプリングされたデジタル音源となります。パッケージもSACDと同様、特殊ケースに紙ジャケットとディスクがセットされたものとなっています。

DSDフォーマットを直接収録できるSACDとは異なり、DSD音源はCDにマスタリングされる段階でいろいろとあります。えぇ、それはもういろいろと(笑)まずはPCMフォーマットにコンバートするわけですが、パッケージに記載されているクレジットを信用するなら、24bit/176.4kHzでコンバートされているようです(どうでもいいけどサンプリングの記述ってやっぱ最初に量子化数が来る方が良いと思いません?周波数の方が数字が大きいから最初に持ってきた方がハッタリは効くけど……輪切りの数より器の大きさだと思うわけだな。てことで当サイトでは基本的に量子化数を先に表記していきたいなと)。

で、どれだけハイレゾなPCMフォーマットのデジタル音源を使おうがですね、最終的な盤には16bit/44.1kHzでサンプリングされたデジタルデータがカッティングされるわけで。んで、このPCMフォーマットのまま盤面に記録されるわけじゃないのがCDフォーマットの厄介なところであり。詳細は省きますが、通常のCD規格ではCDの盤面に記録されるビット(穴)の長さは7種類しかありません。16ビットで記録されているはずの元データをこの「7つの穴」で全て記録できる形にしたのが「CDフォーマット」です。

このディスクは、そんなCDフォーマットを「プラチナSHM」という素材でプレスしたディスクです。通常、CDの反射膜はアルミが使われますが、このディスクはその名のとおりプラチナが使われています。わーすごい(棒)。で、樹脂の方の素材にはSHMを使っていると。わーすごい(棒)。プラチナはCD-Audioの規格から外れているものですが、パッケージには「音質を優先するため」ということで使ってるよ、と書かれています。こーいうディスクの存在に対しての是非は言いません。ただ、共感できないだけです。


JP Universal UIGY 9546 : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年3月にリリースされたSACD。RainbowのSACDは[Rainbow Rising][Long Live Rock’n’Roll]に続くもので、これら2作同様、日本のユニバーサルが企画したものとなります。欧米盤はリリースされていません。SACDシングル・レイヤーのため、CDプレーヤーでの再生は不可です。

[Difficult To Cure]と同じシリーズとしてリリースされており、上蓋にディスク・トレイがついた紙ケースにCDの紙ジャケットとディスクを別々に収めたパッケージ。ディスク素材はSHMで、SHM-SACDとなります。SHM-CDでかなり悪いイメージがついたSHMですが、数年前にSHM-SACDとして登場した際にはなかなか好評価だったと記憶しています。ただ、高いです(笑)それこそ、オリジナルのUKアナログ盤に手が届く勢い。

前2作は日本国内に存在していたアナログ・マスターからDSDマスタリングを施したものが音源とされていましたが、本作はイギリスにあるアナログ・マスターからDSDサンプリングしたとされています。聴いてみると従来のユニバーサル・マスターに比べ、広がりのある音場が再生されるような「気が」します。各楽器の輪郭みたいなものが感じられる従来のユニバーサル・マスターと異なり、最初にLPで聴いた時の印象を思い出すというかなんというか。


USA Wax Cathedral MELT 008 : Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像

2013年12月にリリースされた再発盤。この年の2月に[Perfect Strangers]の再発盤を出したレーベルでユニバーサルが権利を持つカタログの再発を主な活動としているようです。ということでソースはユニバーサルのデジタル・マスタリングを使用していると思われます。

未開封の状態だと重量盤なのかなとも思われるどっしりとした感覚ですが、イエローを基調としたマーブル・カラーの盤はさほどの重量盤ではありません。実際はジャケットの紙質がごついために重く感じられたのでありました(汗

ジャケット画像


UK Rock Classics RCV 022 LP : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像

2010年、イギリスのBack on BlackというディストリビューターのRock Classicsというレーベルからリリースされた、再発盤となります。紫のクリア・カラー・ヴィニールを使用した180gの重量盤にジャケットのイラストを用いたカスタム・レーベルでプレスされたレコード。ジャケットはイギリス盤に準拠しており、裏ジャケットの歌詞に囲み枠があるタイプです。ユニヴァーサルのライセンス生産というクレジットがあるので、使用されているマスターはおそらく1999年にリマスタリングされたデジタル・ソースではないかと考えられます。音はふつう(・∀・)

ジャケット画像


JP Polydor 18MM 0539 : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像

ロックのアルバムでもCD化の波が進み始めた時期、1986年12月1日にリリースされた、再発日本盤。おそらく、日本における最後のアナログ・プレスとなっています。

ジャケット、レーベルとも初回盤同様の体裁。裏ジャケットのバーコードが時代を感じさせます。当再発盤は初回盤についていたライナーノーツを基本に、別紙で添付されていた歌詞対訳を英詞と一緒に印刷した体裁の1枚のプリントに置き換えられています。帯には「オリジナル・テープよりデジタル・マスタリング」の文字が惹句として入っています。CD化の際に作成されたデジタル・マスターからのプレスとなり、それまで日本に送られていたコピー・テープからのプレスではないことが伺えます。当時のデジタル・マスターを使用しているため、フェイド・アウトが若干早いような印象があります。

ジャケット画像


JP Polydor MPF 1144 : [Ritchie Blackmore’s Rainbow]


ジャケット画像

番号から推定すると1977年の年末、若しくは1978年の初頭にリリースされていたと思われる、再発盤。初回盤である、[MP 2502]のリリースから3年程度での再発となり、後追いだったワタクシが初めて聴いたのがこの盤になります。ジャケット、ライナー・ノーツ等の基本的な商品構成は[MP 2502]と同様で、番号が変更され、帯の色が変えられています。レーベルは初回盤同様の一般的なポリドール・ラベルで、番号が[MPF 1144]となっていますが、カッティングは初回盤から変わっておらず、マザーとスタンパは初回盤を受け継いだものとなっています。

ジャケット画像