87-02-27 [Call Of The Wild]


ジャケット画像

Mint [19870227]
Stockholm 27 February 1987

DIsc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. The Unwritten Law

DIsc 1 Side B

  1. Blues
  2. Dead Or Alive
  3. Perfect Strangers
  4. Hard Lovin’ Woman
  5. Child In Time

Disc 2 Side A

  1. Difficult To Cure
  2. Knocking At Your Back Door
  3. Lazy

Disc 2 Side B

  1. Black Night
  2. Call Of The Wild
  3. Smoke On The Water

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。550枚限定のリリースで、手書きでナンバリングが施されています。1987年春に行われたヨーロッパ・ツアー、終盤の2月27日にストックホルムで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしています。裏ジャケット下部にはこのツアーの日程がプリントされています。

[The Wild Without Ritchie]等のCD-Rや、プレスCD[Black Light]として聴くことが出来ます。演奏内容の詳細はCDの記事を参照してください。

ジャケット画像


87-02-04 [Turn On The Blue Light, Purple’s Back On Stage Tonight]


ジャケット画像

Dance & Bell [910 003/04]
Dortmund 4 February 1987

DIsc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. The Unwritten Law

DIsc 1 Side B

  1. Blues
  2. Dead Or Alive
  3. Perfect Strangers
  4. Hard Lovin’ Woman

Disc 2 Side A

  1. Difficult To Cure
  2. Knocking At Your Back Door
  3. Lazy

Disc 2 Side B

  1. Space Truckin’
  2. Speed King
  3. Black Night

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。青の一色刷りジャケットは、その昔に某店で見かけた時、どーにも手に取る気にならなかった事を思い出します。レーベルはホワイト・レーベルでデタラメなクレジットを掲載したもの、盤は通常のブラック・ヴィニール。

内容は[The Colour Purple]で聴くことが出来た1987年2月4日の、ヨーロッパ・ツアー序盤にあたるドルトムントのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしていますが、[The Colour Purple]とは使用ソースが異なっていて、こちらの方がややホール・トーンが多めで、ややフォーカスの甘い録音になっているように思います。バランスはまあまあで音の濁り、歪みは気にならないので、こちらの方が好みという人もいるかもしれません。ただ、完全収録ではなく、"Child In Time"と"Smoke On The Water"がカットされているので、どうせなら完全収録盤を探す方が良いかもしれません。

ジャケット画像


85-07-11 [Knockin’ In Nice]


ジャケット画像

Matt Records MR 111
Nice 11 July 1985

Disc 1 Side A

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Blues
  4. A Gypsy’s Kiss
  5. Title Unknown (Bob Dylan)
  6. Under The Gun

Disc 1 Side B

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Woman From Tokyo

Disc 2 Side A

  1. Nobody’s Home
  2. Knocking At Your Back Door
  3. Difficult To Cure

DIsc 2 Side B

  1. Strange Kind Of Woman
  2. Black Night
  3. Smoke On The Water

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。1985年ヨーロッパ・ツアーの中盤、フランスはニースで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしています。まあまあのバランスで収録されており、音の濁り、歪みは気になりません。曲順がバラバラで、本来2曲目、3曲目にプレイされていた"Nobody’s Home"と"Strange Kind Of Woman"が全く違う場所に収録されていたりします。"A Gypsy’s Kiss"の後にいきなりボブ・ディランのライヴ音源が収録されていますが、ディランはそれほど聴き込んでないので、なんという曲で何時の録音かは指摘出来ません。"Perfect Strangers"はカットされてしまっています。

映像が残されているパリ公演の直後となるステージで、ギランの調子が気になるステージですが、"Strange Kind Of Woman"でのコール&レスポンスをあっさりと終わらせていたり、パリに続いて"Child In Time"が収録されていなかったりするので、まだ本調子ではない事が伺えます。しかし、"Perfect Strangers"と合わせ、演奏の有無を確かめる意味で、きっちりとしたリリースを望みたいステージではあります。

ジャケット画像


85-06-24 [Made In Belgium]


ジャケット画像

No Label Credit Genk 1/2
Genk 24 June 1985

Disc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. Strange Kind Of Woman

Disc 1 Side B

  1. Blues
  2. A Gypsy’s Kiss
  3. Perfect Strangers
  4. Under The Gun
  5. Lazy

Disc 2 Side A

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure
  3. Space Truckin’ Part1

DIsc 2 Side B

  1. Space Truckin’ Part2
  2. Black Night
  3. Smoke On The Water

ヨーロッパ・プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。日本公演終了後、約一ヶ月のインターバルをとったDeep Purpleは、ウォーム・アップとして6月14日から北欧ツアーを開始、6月22日にこの年唯一のイギリス公演となったネブワース・フェスに出演した後、ヨーロッパ・ツアーを本格的にスタートさせます。このレコードはその初日となった6月24日、ベルギーでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしています。手許の盤はブラック・ヴィニールですが、カラー・レコードも存在しています。

序盤、ヴォーカルが埋もれ気味になる以外はまあまあのバランスで、音の濁り、歪みも少なく感じる聴き易い音源となっています。アメリカ、日本のツアーと比較すると細かい部分で彼らのリラックスした表情が伺える事が多いヨーロッパでのステージですが、この日もそれを端々に感じる事が出来ます。この日の"Strange Kind Of Woman"はトルコ語で紹介されています……てか、ただつっかえて喋ってるだけじゃん(^^;

ジャケット画像


85-04-01 [Complete Strangers]


ジャケット画像

OZ RSR 220
Toronto 1 April 1985

Disc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. Strange Kind Of Woman

Disc 1 Side B

  1. A Gypsy’s Kiss
  2. Perfect Strangers
  3. Under The Gun

Disc 2 Side A

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Difficult To Cure

DIsc 2 Side B

  1. Space Truckin’
  2. Woman From Tokyo
  3. Smoke On The Water

アメリカ・プレス、スリック・ジャケットのアナログ盤。1980年代のこの手のレコードにしてはチープな印象を残すジャケットです。レーベルはホワイト・レーベルとか黒一色とかそーいう事はなく、黄色地のレーベルにレーベル・ロゴなどがレイアウトされたもので、盤のプレスでチカラを使い果たしてジャケットまで手が回らなかったんです、みたいな感じが漂っています(笑)

1985年4月1日にカナダはトロントにて行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしています。2012年に[Purple Leaf Gardens]というタイトルでCD-Rも出回りました。プレスCDで出回った事はありません。ステージが見渡せる感じの録音で、まあまあのバランス、音の濁り、歪みも気にならない、聴き易い音源だと思います。この頃のギランは、"Strange Kind Of Woman"や"Under The Gun"等の曲紹介で「(脱退してから今日までの)10年間で外国語を色々勉強したから、今日は○○語でこの曲を紹介するぜ」とゆージョークを毎回のようにカマしているのですが、"Strange Kind Of Woman"はたいていフランス語(いや、フランス語っぽく発音するだけですが(^^;)で紹介しています。この日はなぜかイタリア語(いや、だから、イタリア語っぽく発音するだけですが(^^;)。ちなみに"Under The Gun"はドイツ語で紹介される事が多いです(いや、だから、「あんだぁあっ、ざ!!、がんっっっヌ」みたいな感じなわけデスヨ(^^;)その他、アメリカ・カナダ・ツアーも終盤に入ってきて、細かな即興に変化が見られ、日本公演で聴かせるスタイルに近づいてきている状況が伺えて興味深い録音です。


85-02-19 [Nobody’s Home]


ジャケット画像

March [850 222]
Detroit 19 February 1985

Disc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Nobody’s Home
  3. Strange Kind Of Woman

Disc 1 Side B

  1. A Gypsy’s Kiss
  2. Perfect Strangers
  3. Under The Gun
  4. Lazy

Disc 2 Side A

  1. Child In Time
  2. Knocking At Your Back Door
  3. Woman From Tokyo

Disc 2 Side B

  1. Space Truckin’
  2. Smoke On The Water

日本プレス、シングル・ジャケットのアナログ盤。クレジットによれば2月22日にデトロイトで行われたステージを収録したとなっていますが、実際には、デトロイト公演は2月19日と3月11日に行われています。同じ音源をソースとしたライヴCD、[Welcome Back]が出回っていますが、当音源が2月19日のものなのか、それとも3月11日のものなのか、はっきりとした確認は取れていません。[Live Cassette Analysis]では2月19日の演奏となっています。3月11日の演奏についても言及があるので、読み比べ、聴き比べするかぎり、2月19日の演奏としておいていいと思われるので、当サイトでは2月19日の演奏という事にしておきます。

少し遠目の音で録られた音像、音場となっていますが、バランスはまあまあでオーディエンス・ノイズも控えめなので、それほど聴きづらくはないはずです。収録時間の都合で"Space Truckin’"と"Woman From Tokyo"の位置が入れ替わっていますが、それ以外は良い印象の残るレコードになっていると思います。

ジャケット画像


84-11-30 [King Of Rock 85]


ジャケット画像

No Label Credit MS 4005
Adelaide 30 November 1984

Disc 1 Side A

  1. Highway Star
  2. Black Night
  3. Speed King
  4. Smoke On The Water
  5. Child In Time

Disc 1 Side B

  1. Knocking At Your Back Door
  2. Perfect Strangers
  3. Under The Gun
  4. Nobody’s Home
  5. Blues
  6. A Gypsy’s Kiss

"Made In Briten"の文字が裏ジャケットにあるものの、ヨーロッパ・プレスか日本プレスか判別のつきにくい、スリック・ジャケットのアナログ盤。タイトルは85となってますが、1984年11月30日、オーストラリア、アデレードでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしています。後にオフィシャル盤もリリースされた音源とたぶん同じ録音と思いますが、世代的な差はあるかもしれません。

内容は、もともと2枚組の分量がある音源を1枚に編集してあり、A面に1970年代のナンバー、B面に新曲と、はっきり分けて収録しています。"Child In Time"はフェイド・アウトしています。