UK Rock Machine MACH 8 : [Heinz And The Wild Boys / That’s The Way It Was]


ジャケット画像

Side A

  1. Questions I Can’t Answer
  2. Beating Of My Heart
  3. Diggin’ My Potatoes
  4. She Ain’t Coming Back
  5. Don’t Think Twice It’s Alright
  6. Big Fat Spider

Side B

  1. End Of The World
  2. You Make Me Feel So Good
  3. Heart Full Of Sorrow
  4. Don’t Worry Baby
  5. Movin’ In
  6. I’m Not A Bad Guy

1986年にリリースされたUK盤。ハインツがColombiaに移籍した後にリリースしたシングル6枚をクロノジカルに収録したコンピレーション。彼のバック・バンドはDeccaに在籍していた当初、The Wild Onesを名乗っており、その頃にThe Outlawsを脱退したリッチーも加入しています。そしてColombiaに移籍してThe Wild Boysに名前を変える頃、早くもリッチーはバック・バンドとしてのThe Wild Boysから脱退してしまいますが、その後もレコーディングには参加していました。ということで、ここで聴ける6枚のシングルのうち、はっきりとリッチーのギターが聴けるのは太字で挙げた3枚のシングルです。それぞれのナンバーについては、各シングルの記事を参照してください。

裏ジャケットにはThe Wild Boysのグループ・フォトが掲載されたり、詳細なライナー・ノーツが読めたりしますが、写真にも、文章にも、リッチーは登場しません。本作がリリースされた1986年当時はすでにリッチーのセッション・ワークも相当な部分で明らかにされつつあった頃ではありますが、リッチーの足跡をはっきりと示した再発盤の登場は1989年の[Rock Profile Vol.1]を待たなければなりませんでした。

ジャケット画像


UK Columbia DB 7942 : [Heinz / Movin’ In]


ジャケット画像

1966年にリリースされた、Heinzのラスト・シングル。前作"Heart Full Of Sorrow"をリリースした後、Heinzはステージから遠ざかったようですが、これ以降は音楽活動からも身を引いたようです。掲載したものはプロモーション盤になります。本当は通常盤を掲載したいとこなのですが、彼のコロムビア時代のシングルはなかなか見つけられず、まあいいか、てなもんで(ばきっ☆)

ジャケット画像

A面収録曲、"Movin’ In"のレーベル。リッチーのトレブリーなトーンが印象に残るフレーズがいたるところに出てくるロック・ナンバーです。

ジャケット画像

B面収録曲、"I’m Not A Bad Guy"のレーベル。A面よりもややヘヴィな仕上がりのナンバー。やはりリッチーのギターを中心としたサウンドが構築されています。おそらくバックはThe Wild Boysでしょう。


UK Columbia DB 7779 : [Heinz / Heart Full Of Sorrow]


ジャケット画像

1965年にリリースされた10枚目となるシングルです。当シングルもHeinz本人の名義でリリースされていますが、Heinzのコメントによれば、バックはThe Wild Boysだそうです。

ジャケット画像

A面収録曲、"Heart Full Of Sorrow"のレーベル。彼の作品としては珍しくサックスがアンサンブルに加わったナンバー。リッチーの参加はないように思います。

ジャケット画像

B面収録曲、"Don’t Worry Baby"のレーベル。ジョー・ミークらしい節回しが聴けるロック・ナンバーです。ギターのたどたどしいオブリは1963年頃のリッチーを思い起こさせる面がありますが、はたして参加しているのかどうか?ジョー・ミークはテープ編集の名人であり、ミュージシャンは自分が録音したものがいつ、どこで使われているのか、まったくわからなかった場合も多々あったようです。もしかしたら、リッチーのフレーズが入っているのかもしれませんが、断言はしません(笑)


UK Columbia DB 7656 : [Heinz / End Of The World]


ジャケット画像

1965年にリリースされたHeinzの9枚目となるシングル。The Wild Boysの名前がなくなり、久しぶりに彼単独の名義でリリースされたシングルとなります。

ジャケット画像

A面収録曲、"End Of The World"のレーベル。おそらく、リッチーの参加はありません。

ジャケット画像

B面収録曲、"You Make Me Feel So Good"のレーベル。こちらもおそらく参加はしていないと思われます。


UK Columbia DB 7559 : [Heinz / Don’t Think Twice It’s All Right]


ジャケット画像

1965年4月にリリースされたHeinzの8枚目となるシングル。前作に続き、"with The Wild Boys"名義でリリースされたものです。当時リッチーはThe Wild Boysを脱退していたとはいうものの、他の仕事はどれも単発的だったため、ジョー・ミークのスタジオでのセッションは続けていたようで、このシングルでもリッチーの音が聴けます。しかし、バンドとしてプレイしているというより、ミークのダビング作業につきあっていた、という感じの参加だったように思えます。

ジャケット画像

A面収録曲、"Don’t Think Twice It’s All Right"のレーベル。ボブ・ディランのカヴァーになります。

ジャケット画像

B面収録曲、"Big Fat Spider"のレーベル。不気味な低音で沸き出してくるようなギターの合いの手が印象的です。


UK Columbia DB 7482 : [Heinz / Digging My Potatoes]


ジャケット画像

1965年2月にリリースされた、Heinzの7枚目のシングル。初めて"The Wild Boys"の名前がレーベルに登場したシングルですが、同時期、リッチーは度重なるツアーの内容にうんざりしてWild Boysを脱退したようで、当シングルのパーソネルにも若干の影響を残しているようです。

ジャケット画像

A面収録曲、"Digging My Potatoes"のレーベル。ここで聴ける特徴あるワウをかけたスライド・ギターをはじめとするリード・ラインは、おそらくリッチーではありません。リッチーと同じくらい、存在感のあるプレイではありますが……。かつてCDでリリースされたHeinzのアンソロジー[The Complete Heinz]には、Heinz本人のコメントがいくつか寄せられているのですが、それによれば、プレイしているのはジミー・ペイジだそうです。低音弦の粘っこさは、ペイジを思わせますが、あまりジョー・ミークのプロデュースには名前の出てこない人なので、はたしてどこまでが真実なのかは、わかりません。

ジャケット画像

B面収録曲、"She Ain’t Coming Back"のレーベル。彼特有のメロディ・ラインが印象に残る、典型的なジョー・ミークのナンバーですが、やはりA面同様、リッチーの影を感じないサウンドとなっています。てことで、私としては、当シングルにリッチーの参加はない、と考えたいところですが、何か違う情報などありましたら、ぜひお聞かせいただきたく思います。


UK Columbia DB 7374 : [Heinz / Questions I Can’t Answer]


ジャケット画像

1964年10月にリリースされた、Heinzの6枚目のシングル。Columbiaレーベルからの移籍第一弾でもあります。この頃、バンド名がThe Wild OnesからThe Wild Boysへと変えられているようです。

ジャケット画像

A面収録曲、"Questions I Can’t Answer"のレーベル。"Since You Been Gone"を連想させるリズム・パターンで進行するポップ・ナンバー。リッチーのテクニカルなソロが聴けます。

ジャケット画像

B面収録曲、"The Beating Of My Heart"のレーベル。リッチー自作のユニットで作り出されたディストーション・サウンドが、ギター・ソロで聴けます。