UK Rock Machine MACH 8 : [Heinz And The Wild Boys / That’s The Way It Was]


ジャケット画像

Side A

  1. Questions I Can’t Answer
  2. Beating Of My Heart
  3. Diggin’ My Potatoes
  4. She Ain’t Coming Back
  5. Don’t Think Twice It’s Alright
  6. Big Fat Spider

Side B

  1. End Of The World
  2. You Make Me Feel So Good
  3. Heart Full Of Sorrow
  4. Don’t Worry Baby
  5. Movin’ In
  6. I’m Not A Bad Guy

1986年にリリースされたUK盤。ハインツがColombiaに移籍した後にリリースしたシングル6枚をクロノジカルに収録したコンピレーション。彼のバック・バンドはDeccaに在籍していた当初、The Wild Onesを名乗っており、その頃にThe Outlawsを脱退したリッチーも加入しています。そしてColombiaに移籍してThe Wild Boysに名前を変える頃、早くもリッチーはバック・バンドとしてのThe Wild Boysから脱退してしまいますが、その後もレコーディングには参加していました。ということで、ここで聴ける6枚のシングルのうち、はっきりとリッチーのギターが聴けるのは太字で挙げた3枚のシングルです。それぞれのナンバーについては、各シングルの記事を参照してください。

裏ジャケットにはThe Wild Boysのグループ・フォトが掲載されたり、詳細なライナー・ノーツが読めたりしますが、写真にも、文章にも、リッチーは登場しません。本作がリリースされた1986年当時はすでにリッチーのセッション・ワークも相当な部分で明らかにされつつあった頃ではありますが、リッチーの足跡をはっきりと示した再発盤の登場は1989年の[Rock Profile Vol.1]を待たなければなりませんでした。

ジャケット画像