JP Mercury PHCR 1388 : [Joan Osborne / Relish]


ジャケット画像
PHCR-1388

  1. St. Teresa
  2. Man In The Long Black Cort
  3. Right Hand Man
  4. Pensacola
  5. Dracula Moon
  6. One Of Us
  7. Ladder
  8. Spider Web
  9. Let’s Just Get Naked
  10. Help Me
  11. Crazy Baby
  12. Lumina

ジョーン・オズボーンは、シンディ・ローパーなどを手がけたプロデューサー、リック・チャートフに見い出され、1995年にこの"Relish"でデビューします。もともと映画を志していた彼女ですが、初めて人前で歌ったビリー・ホリディの歌をきっかけに、歌手への道を進むことになったのだそうです。感情表現の優れた彼女のハスキーな声は、ジャニス・ジョプリンを思わせるところもあり、内容もかなりブルージーなものが主となっています。収録曲のかなりな部分で作曲者としてクレジットされていますが、3曲目の"Right Hand Man"は、キャプテン・ビーフハートのリフにインスパイアされて作られたそうで、クレジットにも彼の本名である、ドン・ヴァン・ブリードの名前があります。また、10曲目の"Help Me"は、サニー・ボーイ・ウィリアムスンのカヴァーとなっています。"St. Teresa"は、彼女のデビュー・シングルでもあり、このアルバムでもトップを飾っている彼女の代表曲ともいえるナンバーです。

リッチーは1997年の Blackmore’s Nightのツアーで、この曲を初めてカヴァーしています。コンサートでは大抵4曲目に演奏され、リッチーのストローク中心のリフと、キャンディスのブルージーなヴォーカルが印象的でした。ここで聴かれる原曲にほぼ忠実なプレイですが、サビで聴かれた一瞬のブレイクは、リッチーらしい盛り上げ方だったといえるでしょう。その後、しばらくこの曲は取り上げていませんでしたが、2006年リリースの"Village Lanterne"アルバムでややハードさを増したアレンジでレコーディングしています。


UK Reprise REP 474 WG : [Ralph Mctell / Streets…]


ジャケット画像
REP 474-WG

  1. Streets Of London
  2. You Make Me Feel Good
  3. Grande Affaire
  4. Seeds Of Heaven
  5. El Progresso
  6. Red Apple Juice
  7. Heron Song
  8. Pity The Boy
  9. Interest On The Loan
  10. Jenny Taylor – Je N’Etais La
  11. Lunar Lullaby
  12. Summer Lightning

ラルフ・マクテルは1968年にトランスアトランティック・レーベルからデビューしたシンガー・ソング・ライターです。"Streets Of London"は、1969年に初めてレコーディングされましたが、この曲が大ヒットしたのは彼がレーベルをトランスアトランティックからリプライズ・レーベルに移籍して初めてレコーディングしたこのアルバム、"Streets…"に再録音で収録された時のことでした。この時、この曲は全英チャート第一位となっています。この"Streets…"アルバムは参加ミュージシャンも英国フォーク界の有名な人脈が参加していたりする事から、日本でも以前からコレクターには有名なアルバムでした。トランスアトランティック・レーベルに残されたオリジナル・バージョンは、ベスト・アルバムなどに収録される事が多く、今年もベスト・アルバムがリリースされたばかりですので、簡単に耳にする事が出来ます。この曲が取り上げられた経緯については"Burrn!"のインタビューでリッチーが語っているのでここでは触れません。……でも、この曲、ホントに歌詞がそんなにたくさんあるのかな?(^^;;;;;