04-18 [Definitive Berlin 2018]


ジャケット画像

Black Box[027]
Berlin 18 April 2018

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Perfect Strangers
  9. Soldier Of Fortune
  10. Black Night
  11. Difficult To Cure (incl. Keyboard Solo)

Disc 2

  1. All Night Long
  2. Child In Time
  3. Stargazer
  4. Long Live Rock ‘n’ Roll
  5. Smoke On The Water
  6. Burn

2018年4月18日、ベルリンで行われたショウを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。CD-Rでさえ全日程が揃わない2018年の当ツアーにおいて、本ベルリン公演のみ、プレス盤が2種類登場しました。

オン・マイクに近い音場が濁りや歪み、こもりの少ないすっきりとした音像で記録されています。バランスもかなり良好です。ベースのラインがもう少し明瞭なら、など、無い物ねだりをすればいくらでも出来ますが、当ツアーの基本セットを十分に堪能できる優秀録音と言っていいでしょう。


04-18 [Berlin 2018]


ジャケット画像

Black Box[026]
Berlin 18 April 2018

Disc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Perfect Strangers
  9. Soldier Of Fortune
  10. Black Night
  11. Difficult To Cure (incl. Keyboard Solo)

Disc 2

  1. All Night Long
  2. Child In Time
  3. Stargazer
  4. Long Live Rock ‘n’ Roll
  5. Smoke On The Water
  6. Burn

2018年4月18日、ベルリンで行われたショウを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。ロシア、東欧を回っていた中で唯一の中欧でのステージ、しかもドイツだけあり注目度も高く、CD-Rや映像はかなりの量が出回っていますが、プレス盤は少ない……というか、出ただけましなのか……。

ステージに近い音場ですが、4月8日のモスクワほどの近さではないように思います。しかし、バランスはギターが大きすぎる事もなく、ベルリンの方が良い状態に思えます。物足りない人もおられるかもしれませんが(汗 会場の音響、もしくは当日のPAサウンドの傾向の影響で、この日の記録はこもり気味のものが多いのですが、本作はすっきりとした音像で聴けます。他の日は、その日ならでは、というナンバーが聴けたこのツアーですが、本ベルリン公演は基本セット・リストに忠実な進行をしているように思います。


04-08 [Moscow 2018]


ジャケット画像

Black Box[025]
Moscow 8 April 2018

DIsc 1

  1. Land Of Hope And Glory
  2. Over The Rainbow
  3. Spotlight Kid
  4. I Surrender
  5. Mistreated
  6. Since You Been Gone
  7. Man On The Silver Moountain – Woman From Tokyo
  8. Perfect Strangers
  9. Difficult To Cure – Keyboard Solo
  10. Child In Time
  1. All Night Long
  2. Stargazer
  3. Long Live Rock’n’Roll
  4. Still I’m Sad – Drum Solo
  5. Burn
  6. Black Night
  7. Smoke On The Water

RainbowやDeep Purpleのナンバーを演奏するステージが行われるようになって3年目となった2018年、初日となった4月8日のモスクワ公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。前年まではすべての日程がプレス盤として登場していましたが、さすがに3年目ともなるとそこまでの盛り上がりは望めないのか、プレス盤が出回っているのは初日であるこのモスクワと4日目のベルリンだけとなっています。サンクトペテルブルクとプラハは映像のみ、ヘルシンキに到ってはリリースしているブートレガーが見当たらないというか私が見落としているだけというか。それはともかく、モスクワです。

ステージから近い距離の音場となっています。サウンド・ボードのごときオン・マイク、とはいきませんが、各メンバーの演奏のディティールは十分うかがう事ができます。ギターが少々大きめのバランスですが、文句を言う人はいないでしょう(笑)初日ならではのぎくしゃく感が漂い、進行を見失うリッチーがいますが、まぁ時々こんな感じになるのは昔からですし、別に年齢のせいではな(おっと、誰か来たようだ)。この日の注目曲は"Still I’m Sad"。ドゥギーの頃はキーを変えていましたが、ロメロくんはロニーと同じキーで歌います。このユニットでこの曲を演奏するのはこの日が2度目というなかなか珍しい選曲。