UK Rock Classics RCV 043 LP : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像

2011年、イギリスのBack on BlackというディストリビューターのRock Classicsというレーベルからリリースされた、再発盤となります。当初、他のアルバムとともに2010年にリリースされる予告がされていたにもかかわらず、当アルバムのみ発売延期となり、1年遅れで登場しました。緑のクリア・ヴィニールを使用した180gの重量盤に、ジャケットのイメージでデザインされたカスタム・レーベルでプレスされたレコード。ジャケットのデザインはイギリス盤に準拠したもの(レコードの緑色はアメリカ盤のジャケットのイメージなのでちとちぐはぐ)ですが、シングル・ジャケットだったオリジナル盤と異なり、イギリス盤で使用されていたカスタム・インナーのデザインを使用した内ジャケを持つ、ダブル・ジャケットとして制作されています(英米で異なるリッチーのフォトも、ちゃんとイギリス盤で使われていたものになっています)。インナー・スリーヴは黒となっています。ユニヴァーサルのライセンス生産というクレジットがあるので、使用されているマスターはおそらく1999年にリマスタリングされたデジタル・ソースではないかと考えられます。そのため、"Desperate Heart"や"Make Your Move"が従来のアナログ盤とは違う編集で聴くことが出来ます。このミックスで収録されたLPは、おそらく当盤だけではないかと思われます(……昔のフランス盤がそうだったとかそうじゃないとかいう未確認の説があるのでうかつな事は言えん(^^;)。音はふつう(・∀・)

ジャケット画像


JP Universal UICY 9197 : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

欧米でのリマスター盤リリースからやや遅れて登場した日本盤となります。このユニバーサル版のリマスター登場により、ポリドール版のリマスターは役割を終え、廃盤となりました。本邦初登場の盤は通常のジュエル・ケースでのリリースでしたが、掲載したものは2001年後半にリリースされたペーパー・スリーブのパッケージです。

厚手だったポリドール盤のスリーブと異なり、薄手の紙にイギリス盤アナログを意識したかのようなコーティングが施され、ジャケットの張り合わせもイギリス盤アナログに倣った張り合わせになっています。ただ、そこまでこだわるならなんで日本盤初回発売分の帯までつけちゃうのかと。せっかくの再現度も両方混ざっちゃったら意味が無いじゃんと、重箱の隅をちくちくと(笑)

ジャケットにはここまでこだわっておきながら、盤は通常のポリドールのアナログ・レーベルを再現しただけのあっさりしたもの。UK盤初回にこだわるならあのへんてこなカスタム・レーベルを再現すべきだし、日本盤の再現というほど昔のアナログにそっくりなわけでもない。これだったら欧米盤に使われていたカスタム・レーベルを使ってもらった方がどれだけましだったことか。それにインナースリーブはアメリカ盤や日本盤に付いてたバージョンじゃねーか(UK盤はリッチーのフォトが異なるのだ)と、またもや重箱の隅をちくちくと(笑)

こーいうくだらないことをくどくどと騒ぐファンが多いせいか、ユニバーサルは毎年のようにパッケージと規格番号を新しくして当リマスター版を再発し続けています。全部揃えないと気が済まない向きは別として、どれか一つ聴いていれば十分。ただ、個人的には、SHM-CDは薦めません。

まぁ、当リマスター盤の本質的な違いはこんなところではなく、使用されているテープが欧米盤で述べて来たようにアナログ盤LPや旧規格盤CDで使用されて来たマスターテープではないことで、ここでもう一度、従来ヴァージョンと当リマスター盤で聴けるヴァージョンの違いを述べてみます。

Desperate Heart
ギター・ソロ前とエンディング前のサビが、従来のエディットよりも繰り返しが多く、ジョーの歌い方もそれまで聴けなかった節回しを聴けるようになっている
Make Your Move
従来のエディットではワン・コーラス後にギター・ソロが登場するが、こちらの編集ではもう一度ヴォーカル・パートが繰り返されるため、従来聴けなかった歌詞が聴けるようになっている

これら2曲のうち、"Make Your Move"は早くから[By Request]に"Extended Version"として収録されていました。当時レビューしてますが、「どこがエクステンドなんだか、よくわからん(^^;」などと、間抜けた事を書いてます。バカですねーorz。

弁解を許していただけるなら、これには理由があります。当時、「エクステンドってことはどこかが足されてるかなんかしてるんだろうから、譜面見ながら聴けばバッチリじゃん」とか考えて、譜面とにらめっこして聴いたところ、「何も足さない、何も引かない」というか、譜面と音の違いがなかったのです。そのため、上記のようなレビューになったのですが、事態はここでもうひと捻りあります。

この譜面、1983年にアルバムがリリースされたのとほぼ同時にドレミ楽譜出版社から発売された、「コンプリート・スコア・シリーズ – レインボー / ストリート・オブ・ドリームス」なのですが、ここで既に、"Desperate Heart"と"Make Your Move"は、当リマスター盤に収録されたヴァージョンで採譜されていたのです。上記[By Request]のレビューを書いてから数年後、リマスター盤が発売された当時、旧企画盤との違いを確認する意味で、このスコアを使用し、譜面を追いながら聴いていて、以下のような事を思い出しました。

「そういえば、このスコア読みながらレコード聴いてたとき、全然構成が違っててわかりづらかったよなー」

そうなのです、学生時代にバンドでこのアルバムからの曲を演奏しようと思って候補曲を絞り、譜面をコピーして鍵盤師(普段レインボーとか聴かない人だった)に、"Make Your Move"の音源とともに渡したところ、「わからん」と言われ、こっちも「そうだね」と返し(バカ)、この曲をやらなかったという出来事をここで思い出したのでした。で、[By Request]のレビューを書いた時はこの事をすっかり失念していて、ただ楽譜を追ったら譜面どおりだったので、あの間抜けた文章を書いてしまったということになりました。弁解終了(汗

てことで、当時出版されていたドレミのスコアは、長い編集のヴァージョンの音源を、採譜資料として使用していた事になります。おそらく繰り返し再生が容易なカセット・テープを資料としたと思われ、そちらに収録されていたエクステンド・ヴァージョンが譜面として収録されたという感じではないでしょうか。


USA Universal [314547372] : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

ヨーロッパ盤とほぼ時を同じくしてリリースされたアメリカ盤リマスター。全体のパッケージはEU盤と全く同じとなります。見分けるポイントとしては、

  • 規格番号がアメリカ盤はアタマの3桁が多い
  • ブックレット裏側右隅に小さく"Printed in USA"と入っている
  • CD盤面周囲のクレジット最終部に"Made In USA"と入っている

このあたりを見ればだいたいわかると思います。背表紙上部の規格番号が短いのがEU盤、長いのがUSA盤と思ってれば良いです。

音質はEU盤との相違はありません。実際は非常に小さな違いがあるとも云われますが、同じデジタル・マスターを使用しているということで、当サイトではそれ以上の違いには言及しません。興味深いテーマであることは間違いないので、興味のある方はご自身でお調べください。念のため、当リマスターで収録されたエクステンド・ヴァージョンについて、EU盤リマスターと同様の文章をこちらにも掲載しておきます。

Desperate Heart
ギター・ソロ前とエンディング前のサビが、従来のエディットよりも繰り返しが多く、ジョーの歌い方もそれまで聴けなかった節回しを聴けるようになっている
Make Your Move
従来のエディットではワン・コーラス後にギター・ソロが登場するが、こちらの編集ではもう一度ヴォーカル・パートが繰り返されるため、従来聴けなかった歌詞が聴けるようになっている

EU Universal [5473672] : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

1999年にヨーロッパでリリースされたリマスター盤。欧米ではポリドールによるリマスタリングは行われませんでしたが、ユニバーサルに統合されたのを機にリマスタリングがされたようです。前年に登場した日本のポリドールが行ったリマスターとは異なるマスタリングが行われており、音質も若干異なっています。

使用されているマスターも従来と異なります。最も大きな違いは"Desperate Heart"と"Make Your Move"の2曲の構成が異なっていることで、アナログ盤LPや旧規格盤CDよりも演奏時間が大幅に延長されたヴァージョンが収録されています。これらはLPと同時にリリースされていたカセット・テープのヴァージョンなのですが、LPやCDなどのディスクで収録されるのはおそらくこのリマスター盤からとなります。ただ、UK盤のCDに使用されていたという記述がされている資料も存在しますし、ヨーロッパ盤のいずれかのLPにこれらのエクステンド・ヴァージョンが収録されているという話も聞いた事があります。いずれも未確認情報です。

Desperate Heart
ギター・ソロ前とエンディング前のサビが、従来のエディットよりも繰り返しが多く、ジョーの歌い方もそれまで聴けなかった節回しを聴けるようになっている
Make Your Move
従来のエディットではワン・コーラス後にギター・ソロが登場するが、こちらの編集ではもう一度ヴォーカル・パートが繰り返されるため、従来聴けなかった歌詞が聴けるようになっている

体裁も一新されており、透明なジュエル・ケースに"the Rainbow remasters"と書かれ、バックカタログが並べられたプリントがCDトレイ面に付けられています。


JP Polydor POCP 9162 : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

1998年12月にリリースされたリマスター盤。Rainbowのバックカタログのリマスターとしては世界初の試みとなりますが、当マスタリングは日本のみの制作、流通となっています。厚手のペーパー・スリーブにスリックを貼付けた体裁はアメリカ盤アナログに倣ったもののようです。解説は従来のブックレットと同じ内容(写真がなくなった)で、リマスタリングに関するクレジットは見当たりません。

音質はたしかに若干の相違を感じることが出来ますが、音場はそれほど変わっていないように思います。ただ、フェイド・アウトや曲間のタイミングが欧米盤と異なるため、全体のトータル・トラック・タイムは、欧米盤CDと較べると十数秒ほど長くなっています。各曲の構成は従来のCDと同様で、別ミックスなどが使われている形跡はありません。


JP Polydor P28P 25070 : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

1986年頃にリリースされた日本盤。日本盤は当初、ドイツ・プレスの盤を使用し、ジャケットやブックレットを日本で制作したパッケージでリリースされていましたが、その後、日本プレスの盤を使用したこちらのディスクに切り替わりました。欧米盤と異なる裏ジャケットのデザインがポイントです。当アルバムは欧米ではアナログ盤と同時にリリースされていた可能性が高いですが、日本では新譜として登場したのはLPとカセットのみで、CDはしばらく後になって登場しています。

盤は各国ポリドールに共通のデザインで、日本語でタイトルとアーティストがクレジットされ、"Made In Japan"の文字があります。内周の刻印は規格番号のみ。


USA Polydor [8153052] : [Bent Out Of Shape]


ジャケット画像 ジャケット画像

ドイツ盤と同時期にリリースされたと思われるアメリカ盤CD。規格番号はドイツ盤と同じですが、CDのセクタ数が微妙に違うので、原盤のカッティングはドイツ盤と異なっていると思います。盤も、CD内周まで銀色のCD層が作られていたドイツ盤と異なり、一番内側は保護材のみの透明な部分となっていたりするので、もしかしたら、ドイツ盤の発売から時間をおいてのプレスだったのかもしれません。この辺りの事情は疎いです。

ケース裏、ブックレットはドイツ盤と同様の体裁で、ケース裏の"Printed in W.Germany"のクレジットが無くなったこと、盤のクレジットが"Made in USA"になっていること、CD内周の刻印が"Made in USA by PMDC"になっていることが大まかな相違点としてあげられます。