UK EMI-Fame FA 41 3132 2 : [24 Carat Purple]


ジャケット画像

1985年にリリースされた再発盤。FAMEレーベルよりの発売です。オリジナル盤よりチープな印象を受けるジャケットに、クリーム色のFAMEレーベル。裏ジャケットにはオリジナル盤同様、彼らのバックカタログが掲載されていますが、当時輸入盤での流通だった[Purple Passages]は省かれています。

ジャケット画像


JP Warner Music Japan WPCR 870 : [24 Carat Purple]


ジャケット画像 ジャケット画像

1996年、ワーナー・パイオニアから社名変更をした、ワーナー・ミュージック・ジャパンからリリースされたリマスター盤になります。当時漏れ聞いた話によれば、日本側はリマスターに積極的だったものの、Warner Brothersは乗り気でなく、結局日本独自でのリマスタリングになったようですが、これもうろ覚えの茶飲み話なので、本気に取られると困るなーと。リマスタリングはLee Herschbergというエンジニアが手掛けたとされていて、このリマスターは日本でのみ流通しているもの……だと、思うんだけどなー(^^;

このリマスター・シリーズ、当初はここに掲載した、通常のCDケースに収められたパッケージでリリースされましたが、1998年に紙ジャケットでリリースされたのを皮切りに、帯を再現したり、UK盤ジャケットを再現したり、SHM-CDにしたり、なんだりかんだり、いーかんげんにしろよと言いたくなるくらい何度も何度もリリースされています。1年に2回くらいづつ再発があるよーな錯覚に陥りますが(ばく)、音源自体は変わらないので、日本独自のリマスターとは言っても、どれか一つ聴いてれば十分かと思います。全部聴きたい、という人を止めるつもりはさらさらありませんが(汗


JP Warner Pioneer 18 P2 3133 : [24 Carat Purple]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Woman From Tokyo
  2. Fireball
  3. Strange Kind Of Woman (Live)
  4. Never Before
  5. Black Night (Live)
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water (Live)
  8. Child In Time (Live)

1980年代にリリースされた、初CD化にあたる盤となります。日本で人気の高かったベスト・アルバムだったためか、イギリスでチャート上位にランクされた[Deepest Purple]よりも先のCD化となりました。

ワーナーでは一部のアルバムを除いて、Forever Youngというシリーズで大半のカタログを初CD化しています。ただ、ワーナー自体が社名変更をしたりしているため、初期プレスにこだわるのならそれらを見分ける必要があります。帯の裏側、CDケースの背表紙、CDの盤面の3ケ所とも"Warner Pioneer Corporation"のクレジットがあるもの。そして、帯は消費税表示のないものが初期となりますが、当アルバムに関しては初リリースが消費税法施行以後の時期ということもあり、全て消費税表示がされています。

UK盤と比較すると、ジャケットの印刷は日本盤のほうがアナログ盤の雰囲気に近いです。ブックレットも異なっており、日本盤アナログに添付されていた見開きのポスターと同じデザインの写真がブックレット見開きに掲載されています。


UK EMI CDM 7 52020 2 : [24 Carat Purple]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Woman From Tokyo
  2. Fireball
  3. Strange Kind Of Woman (Live)
  4. Never Before
  5. Black Night (Live)
  6. Speed King
  7. Smoke On The Water (Live)
  8. Child In Time (Live)

1980年代末にリリースされたと思われるUK盤CD。手元にある盤はFAMEレーベルの廉価盤にあたり、"CD-FA 3132"の番号も与えられていますが、通常リリースの盤が存在するかどうかは確認していません。CD内周の刻印は"SWINDON"になっています。

ブックレット内側には第二期Deep Purpleのバック・カタログが掲載されていますが、それによれば、当CDがリリースされた当時はまだ[Made In Japan]はCD化されていなかったことがわかります。


JP Warner Pioneer P 10029W : [24 Carat Purple]


ジャケット画像

1975年、リッチーのDeep Purple脱退が明らかになった時期にリリースされた日本盤。"Black Night"のライヴ・ヴァージョン収録が帯のタタキにもしっかりと書かれています。帯も金ピカだったらきれいだったでしょうね。

Side A

  1. Woman From Tokyo
  2. Fireball
  3. Strange Kind Of Woman (Live)
  4. Never Before
  5. Black Night (Live)

ジャケット画像

日本盤には1973年の日本公演で撮影されたステージ・ショットを使用した見開きインサートが付属しています。裏面は渋谷洋一氏のライナーが掲載されています。第一期からのDeep Purpleの流れにポイントを絞って触れられており、ベスト・アルバムからバンドに入る層を意識した良文となっていると思います。

Side B

  1. Speed King
  2. Smoke On The Water (Live)
  3. Child In Time (Live)

"Speed King"はイギリス盤LPそのままの編集で収録されています。[In Rock]ではアメリカ盤の編集だったので、イギリス編集でリリースされるのは当盤が初めてとなります。日本人にとっては"Black Night"と共に、このアルバムをチョイスする重要なポイントとなっています。

ジャケット画像

裏ジャケット。英国盤に掲載されていたバック・カタログは無くなっており、シンプルなものになっています。


UK Purple Records TPSM 2002 : [24 Carat Purple]


ジャケット画像

リッチー脱退直後の1975年5月にリリースされた、第二期Deep Purpleのナンバーのみで編まれたベスト・アルバム。ゴールド・カラーのシンプルなジャケットはラインナップのイメージもあってパワルルな印象を残します。

ジャケット画像

Side A

  1. Woman From Tokyo
  2. Fireball
  3. Strange Kind Of Woman (Live)
  4. Never Before
  5. Black Night (Live)

A面のレーベルです。言うまでもなく、当アルバムのポイントはこの面の最終曲として収録されている"Black Night"のライヴ・ヴァージョン。1972年8月の日本公演で収録されたもので、当日のアンコールが聴けるようになったのはこれが初めてでした。

ジャケット画像

Side B

  1. Speed King
  2. Smoke On The Water (Live)
  3. Child In Time (Live)

B面のレーベル。トップの"Speed King"はUK原盤のため、バンドのフリー・フォームでスタートする編集のテイクが収録されています。あとの2曲は[Made In Japan]より。つーか、当アルバム収録曲のうち半分は日本公演のテイクであり、あの演奏が群を抜いていたものであったことがあらためて立証される形となっています。

ジャケット画像

裏ジャケット。当時イギリスで流通していたDeep Purpleのバック・カタログを一同に並べています。[Purple Passages]はイギリス盤は発売されていなかったため、アメリカ盤が輸入盤として流通していたようです。ファースト・アルバムが、この頃(1975年)はまだハーヴェスト・レーベルではなく、パーロフォン・レーベルのものが流通していたのがわかるのもポイントです。