JP Warner Music Japan WPCR 877 : [When We Rock, We Rock When We Roll, We Roll]


ジャケット画像 ジャケット画像

1996年、ワーナー・パイオニアから社名変更をした、ワーナー・ミュージック・ジャパンからリリースされたリマスター盤になります。当時漏れ聞いた話によれば、日本側はリマスターに積極的だったものの、Warner Brothersは乗り気でなく、結局日本独自でのリマスタリングになったようですが、これもうろ覚えの茶飲み話なので、本気に取られると困るなーと。リマスタリングはLee Herschbergというエンジニアが手掛けたとされていて、このリマスターは日本でのみ流通しているもの……だと、思うんだけどなー(^^;

このリマスター・シリーズ、当初はここに掲載した、通常のCDケースに収められたパッケージでリリースされましたが、1998年に紙ジャケットでリリースされたのを皮切りに、帯を再現したり、UK盤ジャケットを再現したり、SHM-CDにしたり、なんだりかんだり、いーかんげんにしろよと言いたくなるくらい何度も何度もリリースされています……が、当アルバムはそこまで頻繁ではないかも(汗。音源自体は変わらないので、日本独自のリマスターとは言っても、どれか一つ聴いてれば十分かと思います。全部聴きたい、という人を止めるつもりはさらさらありませんが(汗


JP Warner Pioneer 18 P2 2750 : [When We Rock, We Rock When We Roll, We Roll]


ジャケット画像 ジャケット画像

1989年6月にリリースされた初CD化盤。日本ではDeep Purpleのバック・カタログは番号を変えたりなんだりして、繰り返しリリースされ続けています。当初リリースされていた盤(旧規格盤と呼ばれることもあります)でも、何度か番号の変更を伴う再発がされており、これが初CDとなります。

ワーナーでは一部のアルバムを除いて、Forever Youngというシリーズで大半のカタログを初CD化しています。ただ、ワーナー自体が社名変更をしたりしているため、初期プレスにこだわるのならそれらを見分ける必要があります。帯の裏側、CDケースの背表紙、CDの盤面の3ケ所とも”Warner Pioneer Corporation”のクレジットがあるもの。そして、帯は消費税表示のないものが初期となりますが、当アルバムに関しては初リリースが消費税法施行以後の時期ということもあり、全て消費税表示がされています。


JP Warner Pioneer P 10559W : [When We Rock, We Rock and When We Roll, We Roll]


ジャケット画像

1978年の末にリリースされた日本盤。邦題はシンプルに「パープル・ロール」。シンプルだけど意味不明っす(^^;

Side A

  1. Space Truckin’
  2. Kentucky Woman
  3. Hard Road (Wring That Neck)
  4. Burn

ジャケット画像

レーベルのA面。日本でもホワイトと呼ばれるタイプのレーベルに変更になっています。ライナーノーツは伊藤政則氏で、パンク絶頂の頃らしい、閉塞感溢れる文章になっているのが時代を感じさせます。

Side B

  1. Woman From Tokyo
  2. Hush
  3. Smoke On The Water
  4. Highway Star

アメリカ盤のジャケット同様、”Woman From Tokyo”がライヴ・ヴァージョンであるとクレジットされていますが、実際はスタジオバージョンです。それに加えて、日本盤では帯まで間違ったクレジットがされています。せめてここで直しとけばと(以下略

ジャケット画像


USA Warner Brothers PRK 3223 : [When We Rock, We Rock and When We Roll, We Roll]


ジャケット画像

1978年9月にアメリカでリリースされた、Deep Purpleのベスト・アルバムです。Warner Brothoersとしては[Purple Passages]以来のベスト・アルバムであり、これ以後、ワーナーの制作となるベスト・アルバムはリリースされていません。

たぶん、結成10周年という意味合いを持つアルバムと思われ、第一期から第三期までのラインナップから選曲されています。ジャケット・デザインは長岡秀星氏で、1曲目に収録されている"Space Truckin’"のイメージだそうです。もし、他の曲が1曲目だったら、果たしてどんなイラストが仕上がったのでしょうか。

Side A

  1. Space Truckin’
  2. Kentucky Woman
  3. Hard Road (Wring That Neck)
  4. Burn

私はこのアルバムで初めて第一期の演奏を聴いて、ロッドのヴォーカルが大変印象に残ったので、第一期のアルバムを改めて耳にしたのを憶えてます。このアルバムを聴かなかったら、第一期の作品に触れるのはもっと後になっていたかもしれないです。当アルバムに収録されている"Burn"は、ギター・リフのバックで聴こえているハズのペイスのハイハット・カウントがなぜか目立たず、なんとなくノリの悪いミックスになっています。

ジャケット画像

A面のレーベル。この年からワーナーのレーベルはご覧のような白を基調としたものに変更されました。ホワイトと呼ばれることもあります。イギリスのPurple Records原盤であることを示すレーベル・ロゴが左側に入っています。

Side B

  1. Woman From Tokyo
  2. Hush
  3. Smoke On The Water
  4. Highway Star

悪名高いB面(笑)。裏ジャケットのクレジットでは"Woman From Tokyo"はライヴ・ヴァージョンが収録されていることになっていますが、これが致命的なミス。実際は"Smoke On The Water"と"Highway Star"が、[Made In Japan]からのライヴ・ヴァージョンで収録されています。このミス・クレジットがなかったら、このアルバムもここまで黙殺されることはなかったかもしれないですね(そうか?(^^;)

ジャケット画像