EU Minstrel Hall MHM 001 : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

2010年2月、これまでリリースされていたSPVから、リッチーのプライベート・レーベルである(らしい)"Minstrel Hall Music"から出し直されたEU盤になります。アメリカでもおそらく当プレスが流通するものと思われます。裏ジャケットのレーベル・マークが目印です(^^;。ケースが透明になり、トレイ内側にもジャケットと同じ図柄がレイアウトされ、ディスクも以前のデザインとは異なり、ジャケットのリッチーとキャンディスの図柄を主にトリミングしたピクチャー・レーベルが使われています。内容は、SPVでリリースされていたものを受け継ぐ、1998年リリースのアメリカ盤準拠のものになります。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

JP Canyon PCCY 01566 : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

日本でのレコード会社がポニー・キャニオンに移動した後、アメリカ盤に収録されていた"Possum’s Last Dance"を追加収録した形で、2002年にリリースされた再発盤です。色合いがやや異なるものの、同じデザインのピクチャー・レーベルが使用されています。ボーナス・トラックとして発表された2曲をすべて収録しているのは当キャニオン盤のみですが、本編の音質は、アメリカ盤やSPV盤とは異なり、1997年盤と同様のマスタリングのように思います。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Minstrel Hall (Bonus Truck Version)
BMGよりリリースされた初回盤にも収録されていた曲で、本編に収録されているテイクとは、微妙に弾き方が異なるリッチーのギターに、オーケストラがオーヴァー・ダブされています。
Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

Germany SPV 085 7240A CD : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

SPVレーベルへの移籍後、2001年にリリースされた再発盤です。ドイツでのプレスになりますが、他のSPV盤で見られるような、ヨーロッパ盤とアメリカ盤を分けてパッケージすることは、当アルバムでは実施されなかったようで、ドイツとアメリカ、両国で同じパッケージが流通しています。旧ドイツ盤と異なり、アメリカ盤edelレーベルのフォーマットを基準としており、パソコンでも同じディスクと認識されています。ピクチャー・レーベルは使用されていません。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

USA Platinum [3766] : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

1999年にセカンド・アルバム[Under A Violet Moon]をアメリカでリリースしたレーベル、Platinumが、翌2000年になってリリースした、アメリカにおける再発盤になります。内容はedel盤と全く同じですが、ジャケットの周囲に黒枠が施され、"Medieval mood music and gypsy melodies."というコピーが加刷されています。ディスクのピクチャー・レーベルも従来の各国盤とは異なり、ジャケットのリッチーとキャンディスのイラストをメインに使用した初めてのディスクとなりました。翌年にはSPVから改めて再発盤がリリースされるため、当パッケージはあまり見かけることなく、役目を終えてしまいました。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

Greece Seven No Number : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

ギリシャでリリースされたファースト・アルバムです。リリース年やCD番号が記載されておらず、詳しい手がかりに乏しいアイテムですが、一応正規盤のようです。内容は1998年リリースのアメリカ盤に準拠しており、"Possum’s Last Dance"が収録されているのですが、裏ジャケットのクレジットには、間違って、"Minstrel Hall (Bonus Truck Version)"と記載されています。

レーベルは他国盤と同様のデザインを用いたピクチャー・レーベル。ジャケット右下隅に"CD-ROM Plus Bonus Truck"と加刷されており、WINDOWSマシンにセットすると再生プログラムが自動スタートする、CD-ROM仕様になっています。歌詞を表示しながら収録曲を再生できるCDプレーヤー機能と、"No Second Chance "のプロモ・ビデオを再生できるムービープレーヤー機能を備えています。

cdプレーヤ画面
"Shadow Of The Moon"再生画面

ムービー再生画面
"No Second Chance"PV再生画面

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

EC HTD CD 84 : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

1998年、アメリカ盤の登場とほぼ同時期に"HTD"というレーベルからリリースされた、ECプレスとクレジットされているディスクです。他国盤と同様のデザインが用いられているピクチャー・レーベル。内容はアメリカ盤に準拠しており、ボーナス・トラックも同様です。ボーナス・トラックのクレジットに"U.S. & UK Release Only"とあり、当HTD盤は主にイギリスで流通していたと思われます。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。

USA edel 0037552 EDL : [Shadow Of The Moon]


ジャケット画像 ジャケット画像

ヨーロッパや日本からやや遅れ、1998年にリリースされたアメリカ盤。ドイツと同じedelレーベルからのリリース。色合いはやや異なりますが、同じデザインのピクチャー・レーベルが使用されています。1997年にリリースされたヨーロッパ盤や日本盤と比較すると、やや音にふくよかな広がりが増したような感じで、もしかしたら、異なるマスタリングが行なわれている可能性もあります。当盤で初めて発表されたボーナス・トラック"Possum’s Last Dance"が収録されています。

当盤に収録されているボーナス・トラック

Possum’s Last Dance
アルバムのレコーディングが終わり、日本公演が始まるまでの間に、日本公演でキーボードをプレイしていたジョー・ジェイムズをプロデューサーとして録音された小品です。来日時のラジオ・インタビューで少しプレイしているのを始め、日本公演のコンサート終了後のBGMとして流されていたりしました。ごく稀にシークレット・ギグなどでプレイされたりもしていたようです。最初に収録されたのは1998年にリリースされたアメリカ盤ですが、その後、ギリシャ盤、再発日本盤など、いろいろなアルバムに収録されています。憶えやすいメロディとリッチーの指さばきを堪能できる佳曲として人気が高いです。