01-17 [Osaka 1978 2nd Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [054]
Osaka 17 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy Intro.
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck
  5. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  6. Keyboard Solo
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Guitar Solo
  13. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  14. Over The Rainbow

1978年1月の日本公演より、名演との呼び声の高い1月17日の大阪でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。[On Tour 1978 – Starstruck -]で使用されていたソースや[Succubus 78]で使用されていたもう一つのソースとは違う音源という触れ込みです。

濁り、こもりは少ない上質のテープ。わりと近い音場ですが、かなり固まった音像が現れます。バランスはまあまあ。[On Tour 1978 – Starstruck -]より聴きやすいかと言われると迷いますが、劣っているわけではありません。

そして、[Succubus 78]と比べてどうか?と言いますと、これがなかなか難しい。当レーベルで「[Succubus 78]で使用されていた音源」としてリリースされたのは[Steel Breeze]として登場した4枚組プレスCD。ここに収録されている[Succubus 78]音源とされる3枚目、4枚目と、実際の[Succubus 78]を聴き比べると、[Succubus 78]はテープのかすれなのかなんなのか、ロニーのMCの音量に代表されるムラが散見されます。[Steel Breeze]にはそれがなく、オーディエンス・ノイズの様子も同様に感じられるため、[Steel Breeze]は[Succubus 78]のマスター・グレード音源であるとしてもいいとは思うのですが、そこへ当盤[Osaka 1978 2nd Night]の聴き比べを加えると話が少々ややこしくなってくるというかなんというか。

当盤を聴いてみると、MCの音量ムラ、固まり気味の音像等の特徴が[Succubus 78]に酷似しているように思います。当レーベルからリリースされた[Steel Breeze]収録のマスター・グレードのソースとは確かに違う印象が残る音源ですが、別レーベルから出た同ソースの[Succubus 78]には似ているという、なんとも面倒くさい印象が残るのでわけわかめになるのですが、個人的な推論を述べれば、以下のような印象に落ち着くのではないかと考えます。

  • 当[Osaka 1978 2nd Night]に使用されているソースは[Succubus 78]と同じものである可能性がある
  • [Steel Breeze]で使用されていたソースは[Succubus 78]のマスター・グレードである
  • [Succubus 78]を直接リリースしていない当レーベルが両者のソースを誤認した可能性がある

以上は「個人の感想です」ので、気になる方はご自身で聴き比べをされるのがよろしいかと存じます。


02-03 [Budokan 1978 Final Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [053]
Tokyo 3 February 1978

Disc 1

  1. Intro
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Ronnie MC & Interpreter
  7. Catch The Rainbow
  8. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy Intro
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues – Vocal Improvisation
  4. Starstruck – Night People
  5. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  6. Guitar Intro
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Over The Rainbow

ロニーを擁するラインナップでの日本における最終公演となった1978年2月3日の武道館公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。武道館でのステージということで、アナログ盤[Blackmore’s Fuckin Old Turd]で初登場して以来、人気の公演であり、多数のディスクが出回っていますが、本作は某店のライブラリより初登場の音源を用いているという触れ込み。まずは聴いてみましょう。

この日はディスクの種類もさることながら音源の種類も数多く、プレスCDで登場したものだけを登場順(だいたいあってる)に以下に列挙してみます。CD-Rはばっさり(ヲイ)

  1. [The Last Day][Requiem]
  2. [Still I’m Sad][Triumph & Tragedy]
  3. [擬宝珠 – Silence Prayer]
  4. [Epilogue]
  5. [Who Has Seen The Rainbow]
  6. [Difinitely Over]

古くから聴かれている定番もの、迫力のあるもの、マニア向け(いみふめい)なもの、様々な状態のものがありますが、今回登場したソースはCDでは初登場のものとなります。[Epilogue]と並ぶ高音質の音源で、観客の会話やMCなどもはっきりと聞き取れるほどにS/N比に優れ、当日の状況がより把握できる録音となっています。個人的な推測ですが、かつてのアナログ盤[Blackmore’s Fuckin Old Turd]で使用されていた音源と思われます。確信を持って断言するわけにはいきませんが、曲中の拍手のタイミングや定位する位置などを聴き比べると、およそ九割がたの確率で両者は同一の音源だとの結論に至りました。[Blackmore’s Fuckin Old Turd]は一部カットをしてLP1枚に収録していましたが、こちらはノーカットでの収録となっています。某店のライブラリ音源とされていますが、もしそれが事実だとすれば、[Blackmore’s Fuckin Old Turd]は某店系列でのリリースだったのかもしれないなどなど、いろいろと推測を巡らせながら聴くのもまた一興かと思われます。リマスターのおかげでアナログ盤よりもとっつきのいい音像で楽しめる当盤は、この日の音源を何種類か聴いておられる方でも一聴の価値があるものだと思います。


07-02 [Firecracker (Dif Cover)]


ジャケット画像

Rising Arrow [018]
Chicago 2 July 1978

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Blues
  7. Night People
  8. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  9. Still I’m Sad
  10. Beethoven 9th
  11. David Stone Solo
  12. Cozy Powell Solo feat. 1812 Overture
  13. Still I’m Sad (Reprise) incl. Guitar Crash
  14. Over The Rainbow

1978年に行われたアメリカ・ツアー、中盤にあたる7月2日にシカゴで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD、[Firecracker]のリイシュー盤。再登場にあたってジャケットが変更されていますが基本的な音質、音像は[Firecracker]そのままです。このツアーもそろそろ、ツアー全体を俯瞰できるくらいのリリース、とくに序盤の6月はじめとか終盤の8月末あたりのテープが充実してきてくれてもいいのでございますですがどんなもんでしょーか?


01-20 [Long Live Rainbow]


ジャケット画像 ジャケット画像

Wyvern WLG 8228
Osaka 20 January 1978

Disc 1

  1. Kill The King
  2. Mistreated
  3. Trad Song
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Diana
  2. Lazy
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Love Is Blue
  5. Ritchie’s Blues – Starstruck
  6. Keyboard Solo – Still I’m Sad
  7. Drums Solo
  8. Still I’m Sad (Reprise)

コメント未作成


01-22 [Cozy Powell Show]


ジャケット画像

Tarantura TCDNIJIFUNE 78 10
Tokyo 22 January 1978

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Start
  3. Kill The King
  4. Guitar Solo
  5. Mistreated
  6. Guitar Solo
  7. Mistreated (Reprise)
  8. Greensleeves
  9. MC – Guitar Trouble
  10. 16th Century Greensleeves
  11. MC – Niji Flashing Working
  12. Guitar Solo
  13. Catch The Rainbow
  14. Guitar Solo
  15. Catch The Rainbow (Reprise)
  16. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Starstruck
  6. Night People
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Introduction of 2 New Members
  9. Keyboard Solo
  10. Still I’m Sad
  11. Beethoven Symphony No.9
  12. Keyboard Solo
  13. Drum Solo
  14. 1812 Overture
  15. Mr. Powell On Stage
  16. 1812 Overture
  17. Still I’m Sad
  18. Do You Close Your Eyes
  19. Over The Rainbow
  20. Announcement

1978年の来日公演、武道館二日目となる1月22日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。個人的に大好きな日で、トレードで戴いた数少ないテープのうちの一本として聴いたのが最初でした。その後、CD-Rとして登場しましたがそちらは聴いていません。プレスCDとして出回る機会はあまり多くなく、単品2枚組として登場したのは[Dynamo]くらいなもので、その後、この年の武道館公演をまとめたセット[Triumph & Tragedy]、[Dynamo]のアップグレード盤の4枚組セット[Definitive Dynamo]等があり、別レーベルからは、やはりこの年の武道館公演をまとめたセット[擬宝珠 – Silence Prayer]が登場しています。[Dynamo]以外はどれもセットでのリリースのためやや敷居が高く、この年の武道館公演の中では耳にする機会にやや恵まれない所がある日です。今回、[擬宝珠 – Silence Prayer]をリリースしたレーベルから別音源で登場したわけですが、こちらも流通する範囲がそれほど大規模ではないため、もうちょっと聴く機会が増えて欲しい公演であることにかわりはありません。

音質、内容については[Dynamo]等にコメントをつけていないので、詳細は避けます。ただ、機会があったら絶対に逃して欲しくないタイトルであることは書いておきます。


02-03 [Difinitely Over]


ジャケット画像

Calm & Storm [029]
Tokyo 3 February 1978

Disc 1

  1. Opening
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. MC
  7. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Long Live Rock’n’Roll
  2. Lazy Intro.
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Blues – Vocal Improvisation
  5. Starstruck – Night People
  6. Man On The Silver Mountain (reprise)
  7. Guitar Intro.
  8. Still I’m Sad
  9. Beethoven 9th
  10. Keyboard Solo
  11. Cozy Powell Solo feat. 1812 Overture
  12. Still I’m Sad (reprise)
  13. Over The Rainbow

1978年の来日最終日程となった2月3日に日本武道館で行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。アナログ盤[Blackmore’s Fuckin Old Turd]で登場して以来、数えきれないくらいのディスクが登場していますが、今回は初登場っぽい音源が使用されています。従来出ていたアナログ盤以外の音源は私の好みからすると少々こもり気味だったり歪みが気になったりして、決定打を見いだせなかったのですが、果たして今回はどうなることやら。

歪みや濁りは少ない、低世代のテープをマスターとしているようで、聴きづらさは少ないです。ヌケの良い録られ方をしているので、"Opening"を聴くとちょっと期待するのですが、バンド演奏がスタートすると一気に音が固まってしまい、また、音像が遠くになってしまいます。これは、PAの出音が影響している面も大きいかもしれません。事実、ステージが進むに従って改善されていきますが、最初は聴いていて歯がゆいかもしれません。一方、バンド演奏でない部分、各曲の導入で聴けるリッチーのソロ等は良い感じで聴けます。固まる感じの音場は次第に改善されていくとはいえ、ステージから遠い位置で録ったように感じられる音像は変わらないので、評価が分かれる録音かもしれません。

てことで、各パートに耳をそばだてる聴き方には向きませんが、会場の雰囲気はリアルに感じ取れるので、スピーカーでガンガン流してそれをBGMに酒をかっ喰らうのが、このディスクの正しい使用法かと思われます(^^;

あ、"Kill The King"のあたりで微笑ましい(ばきっ★)独り言をつぶやくアマチュアギター弾きとおぼしきにーちゃんの声が極めて鮮明に聴こえますが、大半の人はこれでこの音源を封印することでしょう……つか、これは本人恥ずかしいよな……ぜひ名乗り出てください(笑)


01-11 [Back To Front]


ジャケット画像

Calm & Storm [020]
Nagoya 11 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy – Man On The Silver Mountain
  2. Blues
  3. Starstruck – Man On The Silver Mountain
  4. Keyboard Intro.
  5. Still I’m Sad
  6. Keyboard Solo
  7. Drum Solo feat. 1812 Overture
  8. Still I’m Sad (Reprise)
  9. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  10. Over The Rainbow

1978年に行われた来日公演初日、名古屋でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。[Brain Slowly Dies]
[Triumphant Return][第貳陣 – Captain Amazing & Mr. Cornflakes]等が異なるソースで登場しており、今回も初登場音源を使用してのリリースです。

バランスはまぁまぁ、濁りは感じられない低世代のテープが使われています。序盤はややレベル・オーバーと思われる歪みが目立ちますが、聴き進むに従って聴きやすい音場になっていきます。ただ、ステレオ・セパレーションにややムラがあり、モノラルの如き部分と、オーディエンス・ノイズにややステレオ感を感じる部分等が混在している感じ。会場の音響に特徴があるため、既発と共通した音像ですが、どの盤もイコライジングにそれぞれ特徴があります。未だにレビューしていない盤等もありますので、それぞれの違いはまた後日、加筆する予定です。

内容は初日ならではのプレイで、気合いがほとばしると感じる方もいらっしゃるでしょうが、個人的には気合いが空回りしてる印象が強いです。ロニーに焦点を合わせて聴けば、充実した気合いを感じることが出来るでしょう。リッチーはねぇ……やっぱ空回りしてるような歯痒さを感じるわけですよ(・∀・)……それでも後半のプレイは充実してくるので、未聴の方は入手しやすい盤でとっとと聴いてください(笑)