01-12 [Great Hiroshima Accent]


ジャケット画像

Boleskine House BHRCD 16
Hiroshima 12 January 1978

Disc 1

  1. Monitor Check
  2. Mistreated
  3. Greensleeves
  4. 16th Century Greensleeves
  5. Catch The Rainbow
  6. Long Live Rock’n’roll

Disc 2

  1. Guitar Solo
  2. Man On The Silver Moutain
  3. Blues
  4. Starstruck
  5. The Night People
  6. Man On The Silver Moutain
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Beethoven #9
  10. Keyboard Solo
  11. Drum Solo
  12. 1812 Overture
  13. Still I’m Sad (Reprise)

1978年来日公演、1月12日の広島公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[The Ship From Hiroshima][白鳥の湖 – Swan Lake]が知られている日ですが、新たに登場した音源を使用しています。ステージの前方と思われる音場でバランスも良好ですが、[白鳥の湖 – Swan Lake]で聞こえていたパイプ椅子か何かの音がガシャンガシャン聞こえてきたり、それと同時に聴こえる周囲の観客の会話が当時の混沌をうかがわせます。それが邪魔になるかというとそんなに気にならないのが不思議。オープニングから"Kill The King"やアンコール以降が欠落しているのが残念ですが、広島に限らず、この年のオーディエンス音源をCD以外で何箇所か聴かせていただくと、この部分で起こるオーディエンスの大混乱を逃れて冷静な録音を残すなどということはすごく難しいことが察せられます。この音源もおそらくそのような状態だったのでカットされているのだと思いますが、収録されている部分の録音に関しては良い状態で録られていると思います。


01-12 [Hiroshima 1978]


ジャケット画像

Rising Arrow [062]
Hiroshima 12 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. MC
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Lazy
  4. Man On The Silver Mountain
  5. Blues
  6. Starstruck – Night People
  7. Man On The Silver Mountain (reprise)
  8. Keyboard Solo #1
  9. Still I’m Sad
  10. Beethoven 9th
  11. Keyboard Solo #2
  12. Drums Solo incl. 1812 Overture
  13. Still I’m Sad (reprise)
  14. Guitar Intro.
  15. Do You Close Your Eyes
  16. Swan Lake (outro)

1978年来日公演2日目、1月12日の広島でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この日の初登場盤だった[The Ship From Hiroshima]で使用されていた録音をメインに構成したアルバムです。このブートレガーとしてはこの日をプレス盤でリリースするのは初めてとなるはず。ということでかなり気合を入れた編集をしていると感じられ、元々の音源の素性の良さと相まって、聴きやすい仕上がりのアルバムとなっています。現時点でこの日の演奏を体験しようとする時、一番入手しやすいのもポイント。ロニーの本調子でないゆえの鬼気迫るパフォーマンスと、前日の噛み合わなさが嘘のようなリッチーのプレイが聴きものです。


01-11 [Nagoya 1978]


ジャケット画像

Rising Arrow [060]
Nagoya 11 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow

Disc 2

  1. Long Live Rock’n’Roll
  2. Lazy
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Blues
  5. Starstruck – Man On The Silver Mountain (Reprise)
  6. Keyboard Intro.
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  13. Over The Rainbow

1978年の来日公演、初日となった1月11日の名古屋公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。本公演を収録したとされる最初のライヴCD、[Brain Slowly Dies]で使用されていた録音をソースとしています。イコライジングが少々異なりますが、使用されているテープの世代的な差はあまり感じられず、濁りや歪みはほとんどない良質なものです。

翌日以降しばらく調子を落とすロニーですが、この日はパワフルなパフォーマンスが聴けます。リッチーは機材の調子が思わしくなかったのか、気合とプレイが微妙にかみ合っていないようなもどかしさを感じますが、観客の反応は素晴らしく、充実したステージが聴けます。


07-02 [Definitive Chicago 1978]


ジャケット画像

Rising Arrow [059]
Chicago 2 July 1978

  1. Over The Rainbow
  2. Kill The King
  3. Mistreated
  4. Long Live Rock’n’Roll
  5. Man On The Silver Mountain
  6. Blues
  7. Night People
  8. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  9. Still I’m Sad
  10. Beethoven 9th
  11. David Stone Solo
  12. Cozy Powell Solo feat. 1812 Overture
  13. Still I’m Sad (Reprise) incl. Guitar Crash
  14. Over The Rainbow

ロニーのRainbowにおける最後のツアーとなった1978年夏のアメリカ・ツアーから、7月2日のシカゴ公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Short Time Gig]として初登場し、[Firecracker]が長らく定番となっていましたが、[Firecracker]を出したレーベルからジャケットとタイトルを変えて再登場となりました。使用されているテープは[Firecracker]と同じようですが、リマスタリングされてのリリースです。固まり気味の音像だった[Firecracker]よりも各楽器の音が分かりやすい音像になっているように思います。あくまでも聴き比べて分かる程度の違いですが。かなりアグレッシブなステージングを繰り広げた日なので、少しでも聴きやすくなるのは歓迎ですが、かといって万人にアップグレードを勧められるレベルなのかと問われると、そこまでいくには別ソースの発掘が必要になるでしょう。


01-22 [Budokan 1978 2nd Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [056]
Tokyo 22 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves (Breakdown)
  6. 16th Century Greensleeves
  7. Catch The Rainbow
  8. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy Intro.
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck – Man On The Silver Mountain
  5. Keyboard Intro.
  6. Still I’m Sad
  7. Beethoven 9th
  8. Keyboard Solo
  9. Drum Solo feat. 1812 Overture
  10. Still I’m Sad(Reprise)
  11. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  12. Over The Rainbow
  13. Intro.
  14. Over The Rainbow
  15. Long Live Rock’n’Roll
  16. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  17. Over The Rainbow

Disc 2 13-17 are taken from the different tapes which were recorded on the same day

1978年、2度目の来日公演より、武道館2日目である1月22日のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Dynamo]で初登場となった音源で、以前からトレードされていたものですが、[Dynamo]はあまり上質なソースを用意出来なかったようで、当時私が某氏よりいただいたテープの方がクリアでラウドだったのを憶えています。その後、[Definitive Dynamo]などを通して少しづつソースの質が向上していましたが、本作で聴ける音が、私の所有しているテープに一番近いかもしれません。CD化されるにあたってカットされていた部分の補完作業が行われていますが、その補完元となった音源もDisc 2にボーナスとして収録されています。

全編聴きどころだらけのステージで、クロージングの"Over The Rainbow"が流れる中、「サイコーだよ」と呟く声が、十数年前に初めてテープを聴いた頃から印象に残っている録音。この日は他にも良質な音源がありますが、個人的にはこの録音を基準としています。


01-17 [Listen To This, Mr.Peach:恐怖の三頭政治]


ジャケット画像

Tarantura TCDRAINBOW 041
Osaka 17 January 1978

Disc 1

  1. Monitor Check
  2. Over The Rainbow
  3. Start
  4. Kill The King
  5. Guitar Solo
  6. Mistreated
  7. Guitar solo
  8. Mistreated
  9. Greensleeves
  10. 16th Century Greensleeves
  11. Guitar Solo
  12. Catch The Rainbow
  13. Guitar Solo
  14. Catch The Rainbow
  15. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. MC
  2. Lazy
  3. Man On The Silver Mountain
  4. Guitar Solo
  5. Blues
  6. Bass Solo
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Starstruck
  9. Night People?
  10. Man On The Silver Mountain
  11. Keyboard Solo
  12. Still I’m Sad
  13. Beethoven Sinfonie Nr. 9 d-moll op. 125
  14. Keyboard Solo
  15. Drum Solo
  16. The Year 1812, Festival Overture in E flat major
  17. Still I’m Sad
  18. Guitar Solo
  19. Do You Close Your Eyes
  20. Over The Rainbow

1978年1月の日本公演より、1月17日に行われた大阪2日目の公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。"Catch The Rainbow"が公式盤[A Light In The Black]に使用されるほど高音質の録音として知られる音源。このレーベルとしては[An die Freude – 歓喜の歌]に続き2回目の使用となるアルバムです。テープの世代が異なるようで、[An die Freude – 歓喜の歌]よりも楽器の音がリアルになっているように思います。この音源は数種類のCDやLPで出回っていますが、元々の素性が良いので、個人的にはどれで聴いても良いと思っています。


01-17 [Osaka 1978 2nd Night]


ジャケット画像

Rising Arrow [054]
Osaka 17 January 1978

Disc 1

  1. Intro.
  2. Over The Rainbow
  3. Kill The King
  4. Mistreated
  5. 16th Century Greensleeves
  6. Catch The Rainbow
  7. Long Live Rock’n’Roll

Disc 2

  1. Lazy Intro.
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Blues
  4. Starstruck
  5. Man On The Silver Mountain (Reprise)
  6. Keyboard Solo
  7. Still I’m Sad
  8. Beethoven 9th
  9. Keyboard Solo
  10. Drum Solo feat. 1812 Overture
  11. Still I’m Sad (Reprise)
  12. Guitar Solo
  13. Do You Close Your Eyes incl. Guitar Crash
  14. Over The Rainbow

1978年1月の日本公演より、名演との呼び声の高い1月17日の大阪でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。[On Tour 1978 – Starstruck -]で使用されていたソースや[Succubus 78]で使用されていたもう一つのソースとは違う音源という触れ込みです。

濁り、こもりは少ない上質のテープ。わりと近い音場ですが、かなり固まった音像が現れます。バランスはまあまあ。[On Tour 1978 – Starstruck -]より聴きやすいかと言われると迷いますが、劣っているわけではありません。

そして、[Succubus 78]と比べてどうか?と言いますと、これがなかなか難しい。当レーベルで「[Succubus 78]で使用されていた音源」としてリリースされたのは[Steel Breeze]として登場した4枚組プレスCD。ここに収録されている[Succubus 78]音源とされる3枚目、4枚目と、実際の[Succubus 78]を聴き比べると、[Succubus 78]はテープのかすれなのかなんなのか、ロニーのMCの音量に代表されるムラが散見されます。[Steel Breeze]にはそれがなく、オーディエンス・ノイズの様子も同様に感じられるため、[Steel Breeze]は[Succubus 78]のマスター・グレード音源であるとしてもいいとは思うのですが、そこへ当盤[Osaka 1978 2nd Night]の聴き比べを加えると話が少々ややこしくなってくるというかなんというか。

当盤を聴いてみると、MCの音量ムラ、固まり気味の音像等の特徴が[Succubus 78]に酷似しているように思います。当レーベルからリリースされた[Steel Breeze]収録のマスター・グレードのソースとは確かに違う印象が残る音源ですが、別レーベルから出た同ソースの[Succubus 78]には似ているという、なんとも面倒くさい印象が残るのでわけわかめになるのですが、個人的な推論を述べれば、以下のような印象に落ち着くのではないかと考えます。

  • 当[Osaka 1978 2nd Night]に使用されているソースは[Succubus 78]と同じものである可能性がある
  • [Steel Breeze]で使用されていたソースは[Succubus 78]のマスター・グレードである
  • [Succubus 78]を直接リリースしていない当レーベルが両者のソースを誤認した可能性がある

以上は「個人の感想です」ので、気になる方はご自身で聴き比べをされるのがよろしいかと存じます。