09-27 [Danish Light]


ジャケット画像

Darker Than Blue [165/66]
Copenhagen 27 September 1988

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Blues
  5. Dead Or Alive
  6. Perfect Strangers
  7. Black Night
  8. Child In Time

Disc 2

  1. Lazy
  2. Drum Solo – Lazy(reprise)
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Space Truckin’
  7. Woman From Tokyo
  8. Speed King
  9. Hush
  10. Smoke On The Water

[Nobody’s Perfect]のプロモーション・ツアーと言えなくもない、1988年のツアーから、終盤の9月27日に行われたコペンハーゲンでのショウを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この年のツアーは、元々規模が小さく、アメリカでの数日間の他はヨーロッパを一か月ほど回ったに過ぎません。音源はそれなりに残されていますが、音盤として出回ったものはそれほど多くはなく、ヨーロッパ・ツアーから9月21日9月24日のショウをサウンドボード音源で収録したセット、[Knock The Truckin’]以外はすべてCD-Rでのリリースとなっています。特に、数少ないアメリカ・ツアーとなった8月の音源は未だにプレスCDでのリリースがありません。CD-Rが何種類も出ている、Aerosmith、Guns ‘n Rosesとのジョイントになったジャイアント・スタジアムでのステージは当時"Metalion"でもレポートが出ていましたし、リッチーと出逢う前のキャンディスも観に行っていたショウだったので、良質の録音をプレスCDで持っていたいところ。てことでなんとか出来る方はなんとかしていただけると嬉しかったりします(笑)

この9月27日の演奏は映像も残されており、[Live Cassette Analysis]ではA good quality video of this show is availableと書かれています。手許にあるものはそこまでの画質、音質ではありませんが(おっと、これ以上はあっちの記事のネタがなくなるので自粛www)、今回登場した当ディスクに使用されている音源はこのビデオからではなく、別の音源が使われています。歪みや濁りは感じられず、バランスもまあまあ、周囲のオーディエンス・ノイズも気にならないため、聴きやすい音像となっています。時々片チャンネルに掠れや途切れが生じますが、殆ど気にならないレベル。ステージから程よい距離感を持った音場で会場内のエコーも自然に捉えられた録音は、当日のディティールを掴みやすい良質なものだと思います。この年のツアー音源で初めてのプレスCDという点もポイント高し。

この年のセットリストで特徴的なのは、従来よりも短時間となるセットで組まれたものということと、アンコールで"Hush"をレギュラーでプレイしていること、"Black Night"をコンサート本編中に取り上げるようになったこと、等です。"Hush"はシングルでリリースしていましたからプロモーション的意味合いが強いと思いますが、"Black Night"を本編で演奏するのはおそらく1970年の5月、シングル・リリース当時以来ではなかったかと。この後、リッチーが脱退するまで、"Black Night"はコンサート本編で演奏されることが多くなっていきます。また、アメリカ・ツアーやヨーロッパ・ツアー序盤でセットに入っていた"Hard Lovin’ Woman"は、ツアーの中盤以後、セット落ちしており、その代わりに"Black Night"をセット入りさせたようです。


09-24 [Knock The Truckin’]


ジャケット画像
Darker Than Blue [037/40]
Disc 3 & 4 : Kassel 24 September 1988

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Blues
  4. Dead Or Alive
  5. Perfect Strangers
  6. Black Night
  7. Child In TIme

Disc 4

  1. Lazy
  2. Drums Solo
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Space Truckin’ (Closing Part)
  7. Woman From Tokyo
  8. Speed King
  9. Hush
  10. Smoke On The Water

1988年9月に行なわれたヨーロッパ・ツアーの後半戦にあたる2公演をセットにした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

1988年のDeep Purpleは、ほとんどコンサートを行なっておらず、アメリカで予定されていたツアーも結局ウォーム・アップのクラブ・ギグとスタジアム公演を一ケ所やっただけにとどまり、ツアーとしては9月にイタリア、ドイツを回るものしか行なっていません(途中、1日だけコペンハーゲンに赴いています)。当音源はドイツ公演初日となる、9月24日のステージを収録したとされる、サウンドボード音源です。"Live Cassette Analysis"によれば、ビデオも存在するようですが、サウンド・ボード音源の存在については言及されていません。

良好なバランス、音像でスタートしますが、途中でややこもり気味というか、テープが劣化しているような部分があります。しかし、"Dead Or Alive"あたりから再び改善し、その後は安定した音質で聴くことが出来ます。過大入力による歪みが多少感じられますが、ダビングによる音の濁りもなく、良質のテープだと思います。

ライヴ・アルバム"Nobody’s Perfect"の失敗、レコード会社の移籍、ギランの解雇など、ネガティヴな出来事が多かった年なので、あまり注目される機会が少ないツアーですが、セットリストの変化、"Lazy"などでの即興に新味が見られる点などなど、聴いていて興味深い発見も出来、ファンならば要チェックの音源ではなかろうかと思います。


09-21 [Knock The Truckin’]


ジャケット画像
Darker Than Blue 037-040
Disc 1 &2 : Turin 21 September 1988

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Blues
  4. Dead Or Alive
  5. Perfect Strangers
  6. Black Night
  7. Child In TIme

Disc 2

  1. Lazy
  2. Drums Solo
  3. Difficult To Cure
  4. Keyboard Solo
  5. Knocking At Your Back Door
  6. Space Truckin’ (Closing Part)
  7. Woman From Tokyo
  8. Speed King
  9. Hush
  10. Smoke On The Water

Disc 3,4は省略

1988年9月に行なわれたヨーロッパ・ツアーの後半戦にあたる2公演をセットにした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

1988年のDeep Purpleは、ほとんどコンサートを行なっておらず、アメリカで予定されていたツアーも結局ウォーム・アップのクラブ・ギグとスタジアム公演を一ケ所やっただけにとどまり、ツアーとしては9月にイタリア、ドイツを回るものしか行なっていません(途中、1日だけコペンハーゲンに赴いています)。当音源はイタリア公演最終日となる、9月21日のステージを収録しています。"Live Cassette Analysis"にも掲載されていて、以前から存在は知られているサウンド・ボード音源です。

あまりヌケの良くない録音で、バランスもギターが大きめというか、他の楽器(特にドラム)が引っ込み気味みたいな感じで、"Highway Star"、"Strange Kind Of Woman"あたりまでは演奏を楽しめるバランスではありませんが、それ以降は次第に改善されてきます。こもり気味の傾向も"Dead Or Alive"の途中あたりまで続きますが、その後はわりと聴ける感じ。"Child In Time"や"Smoke On The Water"のエンディングなど、ほんの少しカットがありますが、序盤のテープの状態に目をつぶれば、音の濁りはないので聴きやすく、良質録音といっても良いと思います。

イタリア公演最終日ということもあり、メンバーそれぞれのプレイは素晴しく、聴きどころは多いです。前年までと比較するとかなりコンパクトにまとめられたセットリストは、結成20周年を意識したのか、再結成後のナンバーが減っており、第二期のベスト・ソングをまとめたようにも見えます。その中でも目を惹くのは、本編中の演奏に復活した"Black Night"でしょう。リリース直後の1970年6月頃を除き、ずっとアンコールでの演奏に終始していたため、本編復帰は十数年ぶりのことになります。これ以降、"Black Night"はリッチーの脱退まで、本編での演奏が通例となっていきます。また、ライヴ・アルバム"Nobody’s Perfect"のミックス・ダウン時にレコーディングされた"Hush"をアンコール曲として組み入れたあたりにも、結成20周年というキーワードがちらつくように思います。