08-09 [Lidkoping 1996]


ジャケット画像

Black Box [010]
Lidkoping 9 August 1996

Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Greensleeves
  5. Wolf To The Moon
  6. Difficult To Cure
  7. Keyboard Solo
  8. Still I’m Sad
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King
  11. Black Masquerade
  12. Ariel

Disc 2

  1. Introduction of Candice Night
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Blues
  5. Burn
  6. Maybe Next Time
  7. Street Of Dreams
  8. Smoke On The Water
  9. Over The Rainbow

1996年に行われた再編成Rainbowのヨーロッパ・ツアーより、終盤のスウェーデン、リンシェーピング公演(だから、本当にこー読むの?)を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。かつて[Long Live Rainbow]というタイトルでCD-Rが出たことがありますが、今回は初のプレス盤。1996年ツアーのプレスCDは1996年当時こそボックス・セットが出たりしていたものですが、その後は新作もめっきり途絶え、今回はまず間違いなく今世紀に入ってから初めてのプレス盤によるリリースとなりました。

会場のホール・トーンがほとんどなく、かなり近い距離感の録音のためサウンドボードに聴こえなくもないオーディエンス録音。過大入力による低域のクリップが発生していますが、もうちょっと目立ってるとツラいものの、この程度ならば迫力と捉えることもできなくはありません。好録音の多い当ツアーの中でもドライブ感の優秀な音像が聴けるこの録音の地位は高いと思います。演奏も面白いことをやってたりする箇所が多く、2日前の録音である[Wolf In The Storm]のかちっとまとまったパフォーマンスと打って変わった印象を残します。

1996年ツアーは南米などにもまだ優秀な録音が多く残されているので、より多くの音源のプレス盤での登場を望むものであります。


07-30 [Ritchie Serenades Germany – Bavarian Masquerade -]


ジャケット画像 ジャケット画像
RSG 01-04
Disc 1 & 2 : Passau 26 July,1996
Disc 3 & 4 : Nurnberg 30 July,1996

Disc 1,2は省略

Disc 3

  1. Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon
  5. Beethoven’S Ninth
  6. Still I’m Sad
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Temple Of The King
  9. Black Masquerade

Disc 4

  1. Ariel
  2. Since You Been Gone
  3. Perfect Strangers
  4. Walzing Matilda
  5. Burn
  6. Maybe Next Time
  7. Smoke On The Water
  8. Over The Rainbow
  9. Too Late For Tears
  10. Hey Joe
  11. Street Of Dreams

7月21日にシュツットガルトで行われたフェスティバルからスタートしたヨーロッパ・ツアーを、ドイツで行われたライヴを中心に5日間セレクトしたボックス・セットです。当サイトでは日付ごとに掲載します。

7月30日も、基本の曲順で進行します。音は、7月26日よりも若干遠い感じで、ボーカルが結構前に出ています。歪みも濁りもなく、良くとれていると思いますが、もうちょっと迫力が欲しいところではあります。

"Smoke On The Water"が終わり、聴衆がさらにアンコールを求めるなか"Over The Rainbow"が流れ、終わりかと思わせておいて、突然テープがぶちきれます。再びバンドがステージに上がり、"Too Late For Tears"をやりはじめます。この日はここからが聴き所となっています。

"Too Late For Tears"のあとは、"Hey Joe"をフルバージョンで演奏します。ドゥギーは結構歌詞を替えて歌ってますが、良く聞き取れません。この後に"Street Of Dreams"をやって、終了します。

この4枚組は、各メンバーとも調子のいいプレイをしていて、聴き応えがあります。


08-03 [Ritchie Serenades Germany -Waltzing With Ritchie -]


ジャケット画像 ジャケット画像
RSG 05-08
Disc 5 & 6 : Schmallenberg 1 August,1996
Disc 7 & 8 : Bad Worishofen 3 August.1996

Disc 5,6は省略

Disc 7

  1. Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon
  5. Difficult To Cure
  6. Still I’m Sad
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Temple Of The King

Disc 8

  1. Black Masquerade
  2. Ariel
  3. Since You Been Gone
  4. Perfect Strangers
  5. Blues
  6. Burn
  7. Maybe Next Time
  8. Smoke On The Water
  9. Street Of Dreams
  10. Over The Rainbow

7月21日にシュツットガルトで行われたフェスティバルからスタートしたヨーロッパ・ツアーを、ドイツで行われたライヴを中心に5日間セレクトしたボックス・セットです。当サイトでは日付ごとに掲載します。

8月3日は、[Back Again ’96]と、同じ日の演奏です。PAの電源が落ちまくり、観客にごめんなさいのアナウンスが入るという前代未聞の日です。[Back Again ’96]は、歪みまくった音質の上、音が遠い感じの録音でしたが、この音源はそれに比べればかなり迫力のあるクリアーな音で録音されており、[Back Again ’96]に価値はなくなってしまいました。ただ、やはりPAトラブルのせいか、聴きづらくなる部分があります。

ライヴの詳しいことは、[Back Again ’96]に書いたので端折って書きますと、基本のセットリストに、"Burn"前にブルーズを、そして"Smoke On The Water"と"Street Of Dreams"のアンコール、という構成です。8月1日に比べればお遊びは少なめですが、PAトラブルに開き直ったかのようなリッチーの切れたソロがところどころで聴けます。しかし、やはりコンサートの初っ端に襲ったトラブルのせいか、全体的に演奏時間が短いです。


07-05 [On Tour 1996 – Black Masquerade -]


ジャケット画像
R96071/96072
San Paolo 5 July 1996
Disc 1

  1. Too Late For Tears
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon – Difficult To Cure
  5. Still I’m Sad
  6. Man On The Silver Mountain
  7. Temple Of The King
  8. Black Masquerade

Disc 2

  1. Blues
  2. Ariel
  3. Since You Been Gone
  4. Perfect Strangers
  5. Hall Of The Mountain King
  6. Waltzing With Ritchie
  7. Burn
  8. Smoke On The Water
  9. Over The Rainbow

南米ツアーのプレスCDとしては、現在のところ唯一出回っている音源です。CD-Rでは、エア・チェックとみられる放送用音源が出回っています。また、映像では、この次の日の7月6日、同じくサン・パウロのものが画質はあまり良くないですが、出回っています。ジャケットは、このツアーからのステージショットで、リッチーの衣装はビデオでも確認できる、ズタボロTシャツです ( 笑 ) 。中に、ジャケと同じ写真を使ったカードが入っています。おそらく最初はスリム・ケースでのリリースを計画していたのではないでしょうか。

かなりステージから遠いオーディエンス録音です。こもりもないし、バランスはまあまあですが、サウンドがひと固まりになっていて、聞き分けに苦労します。あまり低域も出ていないので、臨場感は不足気味です。

この南米ツアーのセット・リストは、基本的に日本公演の横浜、NKと同じく"Too Late For Tears"で始まり、"Hunting Humans"のかわりに"Mistreated"が新たに加わった構成です。南米のオーディエンスの盛り上がりはすごく、それに答えるように演奏の方もかなりテンションは高いです。


07-28 [A Bit Of A Wet Dream]


ジャケット画像
No Number
Vosselaar 28. July 1996
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon
  5. Difficult To Cure
  6. Keyboard Solo
  7. Still I’m Sad
  8. Drum Solo
  9. Man On The Silver Mountain

Disc 2

  1. Temple Of The King
  2. Black Masquerade
  3. Ariel
  4. Since You Been Gone
  5. Perfect Strangers
  6. Burn
  7. Maybe Next Time
  8. Smoke On The Water

7月28日、ベルギーのライヴです。まあまあのオーディエンスでバランス、クリアーさとも、なかなかです。ちょっと臨場感が不足している感じもありますが、別にステージが遠い訳ではないようです。

オープニングから、いきなり"Long Live Rock’n’Roll"がプレイされますが、構成は1995年のツアーと変わりません。途中で"Black Night"もでてきます。このツアーの目玉は、2曲目にプレイされる"Mistreated"です。これはぜひ観てみたい ! ギターソロは"On Stage"というより"Made In Europe"に近い感じです。ドゥギーは、デヴィッドとロニーのおいしい所をミックスした感じで歌っています。いまひとつエンディングの畳み掛けるような感じは出てないかな ? 個人的には"Hunting Humans"がなくなったのが残念です。

"Wolf To The Moon"は、イントロのアレンジが少し変わりました。それ以外はDisc 2の5まで、1995年ツアーとあまり変わらない感じです。本編最後の曲は、"Burn"です。何で"Hall Of The Mountain King"が落とされたんでしょうか ? リッチーは気に入っていたはずなんですが…ちなみに"Burn"は、エンディングでテープがぶち切れていて、聴けません。すげー欲求不満になります。

この日は"Maybe Next Time"の後、"Smoke On The Water"だけプレイして終りですが、ここでベースのグレッグとリッチーが楽器を交換します。エンディングのソロはリッチーかな?


07-30 [Walzing With Ritchie]


ジャケット画像
PR 96001/2
Nurnberg 30 July 1996
Disc 2 7-13 : Vosselaar 28 July 1996
Disc 1

  1. Intro – Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon
  5. Difficult To Cure
  6. Still I’m Sad
  7. Man On The Silver Mountain
  8. Temple Of The King
  9. Black Masquerade
  10. Ariel
  11. Since You Been Gone
  12. Perfect Strangers
  13. Walzing With Ritchie
  14. Burn

Disc 2

  1. Maybe Next Time
  2. Smoke On The Water
  3. Falderie, Faldera
  4. Too Late For Tears
  5. Hey Ritchie Joe
  6. Street Of Dreams
  7. Mistreated
  8. Temple Of The King
  9. Black Masquerade
  10. Since You Been Gone
  11. Perfect Strangers
  12. Burn
  13. Maybe Next Time
  14. Smoke On The Water
  15. Outro

2年ほど前にリリースされていながら未入手だったCDですが、最近入手したので掲載します。メインは"Ritchie Serenades Germany"にも収録されていた1996年7月30日のニュルンベルグ公演です。ソース自体は違うもののようで、こちらの方がステージに近いような感じで、リッチーのギターは大きめにとられています。バランスについては各人で好みもあるのでどちらが優れているとは一概に言えません。録音自体はどちらもクリアですし、こもりもありませんから特にこだわりのない方でしたらどちらを選んでもよいと思います。最近は"Ritchie Serenades Germany"もかなり安い金額で見かけますし……。イントロの"Over The Rainbow"はこの"Walzing With Ritchie"では途中から収録されており、若干短くなっています。

ただ、この日のリッチーは少々プレイの安定さに欠ける面があり、素晴しいフレーズを聴かせた次の瞬間にはメロメロのリフを弾いたりしています。それでこそリッチー、という気もしますが。アンコールでの"Too Late For Tears"は、不安定だからこそ飛び出したともいえます。このツアーでカッチリとした演奏をお望みでしたら"Wolf In The Storm"を探してみるのがよいと思います。

ボーナス・トラックとして、"A Bit Of A Wet Dream"に収録されていたベルギーでのステージから数曲セレクトされています。"A Bit Of A Wet Dream"ではエンディングがブチ切れていた"Burn"は、こちらではコンプリートで聴くことが出来ます。バランスは同程度ですが、臨場感はこちらの"Walzing With Ritchie"の方が上回っており、このCDの価値はこのボーナス・トラックかもしれません。


08-03 [Back Again ’96]


ジャケット画像
HERITAGE-002/3
Bad Worishofen 3. August 1996
Disc 1

  1. Over The Rainbow
  2. Long Live Rock’n’Roll
  3. Mistreated
  4. Wolf To The Moon
  5. Difficult To Cure
  6. Keyboard Solo
  7. Still I’m Sad
  8. Drum Solo
  9. Man On The Silver Mountain
  10. Temple Of The King

Disc 2

  1. Black Masquerade
  2. Ariel
  3. Since You Been Gone
  4. Perfect Strangers
  5. Blues
  6. Burn
  7. Maybe Next Time
  8. Smoke On The Water
  9. Street Of Dreams

割れ気味のオーディエンスで、迫力はありますが、聴きづらいと感じる方もいるかもしれません。結構ハプニングのあるステージです。

"Long Live Rock’n’Roll"のエンディングで、いきなり音が消えます。おそらく停電だと思われ、ドラムだけが虚しく響きます (^^;)。なんと"Mistreated"も、エンディングの最高に盛り上がったところでぶちっと消えてしまいます。その後のヤケ気味のエンディングがまたしても虚しく響きます。なんか各楽器の音が出たり引っ込んだりしている気がしますが、Paのせいか ? "Still I’m Sad"で一旦フェイド・アウトして、"Drum Solo"がフェイド・インで始まります。

"Black Masquerade"をやった後 ( これも結構滅茶苦茶になる )、"This Is The Worst System. Thanks For Your Listening. You’Re Great."とアナウンスが入ります。( 聞き取りは自信ないです )。うーん、昔のリッチーならとっくにステージ降りちゃってコンサートは中止となるところですが、今日のリッチーは続けます。

この日はやけくそ気味なリッチーのプレイが堪能できます。"Burn"の前に今日は"Blues"をプレイ ! ちょっとだけですが、これがあるだけで次の"Burn"が盛り上がることといったら…やっぱりリッチーはいかせ上手です (^^) ギターが引っ込みがちなのが惜しいです。

アンコールは、"Maybe Next Time"がフェイド・インで入ってきます。"Lazy"をちらっとやって、"Smoke On The Water"が始まります。この辺はほとんど第3期 Deep Purpleのノリです (^^) 。その割にあっさりと終って、一旦引っ込んだ後、再度出て来て"Street Of Dreams"をプレイ。この日はドゥギーの調子が余り良くないので、この曲はちょっと出来がよくないです。