69-08-24 [Paradiso Amsterdam Aug.24 1969]


ジャケット画像
No Label Credit DP 0517
Amsterdam 24 August 1969

Side A

  1. Kneel & Pray
  2. Child In Time
  3. Mandrake Root

Side B

  1. Hard Road
  2. Ritchie’s Blues
  3. Paint It Black

ヨーロッパ・プレスとされるシングル・ジャケット。レーベルは不明です。ほぼ同時に、カセット・テープやCDでも同じタイトル、デザインでリリースされていたようです。裏ジャケットに掲載されている曲目クレジットには誤りがあるため、上記曲目は実際の曲目に修正してあります。"Mandrake Root"は早々とフェイド・アウトしてしまい、即興パートは殆ど収録されていません。"Ritchie’s Blues"は、"Hard Road"後半部のリッチーのフリー・ソロのことです。

このレコードが登場したのは、1980年代の後半、雑誌"Gold Wax"が海賊盤専門誌に衣替えする少し前だったと思います。1969年8月24日、アムステルダムで行なわれたフェスティバルでの演奏を収録した放送用音源とされるテープをソースとした、アナログ盤としては一番古い時期のDeep Purpleのライヴにあたるレコード……と言いたいところですが、1968年にクリームのサポートとして行なわれた第一期のイングルウッドでのコンサート音源も、かなり以前にアナログ盤を見た憶えがあるので、断言はしないでおきます。

ライヴCDが出始めた頃、Deep PurpleのライヴCDの定番音源として、この音源がやたらと使用されていたことがありました。全長盤としては[Crash Landing][In Perfect Harmony]の2枚をそろえれば耳にすることが出来る他、[April Fools]というタイトルの2枚組もかつてリリースされていたことがあります。このアナログ盤から盤起しされたとおぼしきCDも何種類かありますが、現時点では[The Mephisto Waltz]が入手し易いかと思われます。内容については、これらのCDの紹介ページをご覧ください。

このアルバムがリリースされた頃、新しく出てくるレコードは再結成ツアーのライヴ・レコーディングがほとんどで、それも大半がオーディエンス録音でした。1970年代のDeep Purpleに関しても、あまり目新しい音源は登場せず、旧作のコピーやコンピレーションがポツポツとリリースされる程度。そんな中で登場したのが、この第2期の初期ステージを放送用録音で収録したアルバムでした。

この初音源の登場はよく憶えています。再結成ツアーの音源群はもちろん初登場のものではありましたが、それはまぁ、当たり前と言えば当たり前なわけで、過去のDeep Purpleの音源で初登場となるものが出てきたことは、大きな喜びでした。この後少ししてから、ブラック・マーケットではCDによる音源バブルが始まるわけですが、その静かな先駆けであったのではないかと思います。

ジャケット画像