01-28 [King Of Scream]


ジャケット画像
Darker Than Blue [043]
San Bernardino 28 January 1972

  1. Intro.
  2. Speed King
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. The Mule incl. Drums Solo
  6. Space Truckin’

クレジットが正しければ、1972年初頭のアメリカ・ツアー第一レグ、終盤のカリフォルニアでのステージを収録したとされるオーディエンス音源を使用したプレスCD。この時期の音源はほとんど知られておらず、"Live Cassette Analysis"にも記載のない音源です。これまでは、2月にスタートした短いドイツ・ツアーの音源が、1972年の最初期の記録でしたが、このCDの登場で、最初期の座は当音源に移ったことになります。

濁りのほとんどない、ダビングをそれほど経ていない、低世代のテープが使われているようで、聴きやすいCDとなっています。序盤のバランスが少々アヤしいですが、"Speed King"後半から改善され、リッチーのギターのトーンも十分に堪能出来るようになってきます。ただ、全体を通して、ドラムが引っ込み気味なのと、テープの状態が良くない個所があるようで、ヌケの良いところ、そうでないところのムラが多少気になるところ。CD-Rで出回ったものよりも、その差は解消されているようには感じますが。

演奏は、この後のヨーロッパ・ツアーより、メンバーの状態は心身共に良いようで、1971年後半の勢いを保った内容の即興パートが聴きモノです。"Space Truckin’"の冒頭、ギランがMCで「次のアルバムからの曲だ」と紹介しています。

セットリストも過渡期らしいもので、"Speed King"をオープニングにしたセットで、エンディングを"Space Truckin’"で締めくくっている例は、他の時期ではちょっと見当たりません。つーか、この時期に"Highway Star"をやらずに始めているのが珍しいわけで、聴く前は1971年と1972年、両方のテープのハイブリッドじゃないかとも危惧していましたが、実際にこのソング・オーダーでプレイしているようです。てことで、"Speed King"がオープニングを飾った最後期の例ともなっているわけで、その意味からも貴重なテープとなります。

ただ、曲数は、果たしてこれで全部だったのかどうなのか。前年秋から短かめの構成になったとはいえ、もう一曲くらいやってるんじゃないかとも思えるわけですが、テープは"Space Truckin’"のリッチーのソロ・パート途中で終わっている上、このツアーの他の音源を知らないので、なんとも比較のしようもなく、歯がゆいところです。"Lazy"、若くはアンコールで"Black Night"や"Lucille"あたりをやってるような気もするのですが。