09-29 [Leeds 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [240/41]
Leeds 29 September 1972

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. MC
  2. Lazy
  3. Drum Solo
  4. The Mule
  5. Space Truckin’

歴史に残る1972年の日本公演後に行われた海外公演より、アメリカ・ツアーの間にスケジュールされた欧州公演、中盤に当たる9月29日にイギリスはリーズで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この欧州公演からはかつて9月16日のブリストル公演が[The Fourth Night]というタイトルでリリースされていましたが、本作はそれ以来の登場となり、また、[Live Cassette Analysis Volume 1]にも記述が無い、初登場の日付でもあります。

濁りや歪みの少ない状態の良いテープが使用されています。さほどステージに近い音場ではありませんが、楽器、歓声、空気感、全てにバランスの良い音像を聴くことが出来るため、とっつきはいいと思います。この欧州ツアーは、先のアメリカ・ツアー終了後にギランがマネージメントに脱退の意思を伝えたことをメンバー全員が知らされた直後のもので、バンドのムードは必ずしも良くなかったということで有名ですが、ここで聴けるパフォーマンスも一定の水準は保っているとはいえ、日本公演直前のロンドン公演のようなうねりのある演奏には届いていないかな?どーかな?気のせいかな?ブリストルよりはいい演奏が聴けるんじゃないかなとは思います。


08-17 [Louder Than Everything Else (Reissue)]


ジャケット画像

Darker Than Blue [237/38]
Tokyo 17 August 1972

Disc 1

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King
  5. Outro

1972年8月17日に行われた第2期Deep Purpleの初来日公演最終日、日本武道館でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。以前リリースされていた[Louder Than Everything Else]の再発となります。ということで初めてのリスナーはとっとと聴いてほしいし、以前のディスクに馴染みのあるリスナーはリマスタリングでどう変わったかを確かめたくて仕方がないハズなのでやはりとっとと聴いておけという結論でございますな。


07-01 [Rainbow 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [229/32]
Disc 1 & 2 : London 30 June 1972
Disc 3 & 4 : London 1 July 1972

Disc 1&2は省略

Disc 3

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. Smoke On The Water
  6. The Mule

Disc 4

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Speed King

1972年、メンバーの体調が戻ってきてから行われた初夏のアメリカ・ツアーの狭間に行われたイギリスでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

このロンドン、レインボー・シアターにおけるショウは昔からファンの間では有名なステージで、1972年のDeep Purpleのステージ・ショットの中でもよく知られたものはほとんどがこのレインボー・シアターでの撮影。[Made In Japan]の表ジャケットのショットもそうです。そして、この2公演を収録したとされる当音源も以前から存在は知られていたテープで、[Live Cassette Analysis]でもQuality quite good throughout.と紹介されていますが、なぜか音盤として出回る機会に恵まれてきませんでした。近年になってCD-Rが登場し、次いで当ブレス盤がリリースされたという流れです。

こちらは2日目となる7月1日のステージ。前日より若干遠目の音像ですが、モノラルで音が塊となってぶつかってくるため、距離感のわりに迫力ある印象を抱く録音となっています。また、前日よりも濁りと歪みが渾然となっているため、若干聴きづらさを感じるリスナーもいるかと思われます。それでも、同時代の他の海外録音と比較すればかなり(以下略。演奏は前日と同様、上り調子のドライブ感溢れるもので、この2日間が日本公演に勝るとも劣らないものだったことを感じることができます。

さて、[Made In Florida]を含む、1972年夏の欧米公演では"Smoke On The Water"がレギュラーでセット入りしています。ということで当4枚組に収録されている"Smoke On The Water"の二つのテイクは、レギュラー・セットで演奏される初期演奏例となり、興味深い録音なわけですが、では、はたしてセット入りしたタイミングはいつだったのか?という疑問に答えられるものか否かというと、うーみゅ。

年頭のアメリカ・ツアー第1レグと、3月中旬まで行われた欧州ツアーではおそらくセット入りしておらず、"No No No"がその位置を占めていたはずですが、欧州ツアーですでに"No No No"のセット落ちの気配は感じられるので、新たなレパートリーをこの頃から模索していたのかもしれません。そうだとすると、3月中旬にスタートするアメリカ・ツアー第2レグから"Smoke On The Water"がセット入りしていたかもしれませんが、現時点でこの第2レグ唯一の音源である3月29日のステージでは"Smoke On The Water"を確認できません。この2日後にはリッチーが倒れ、ツアーにひと月ほどのインターバルが生まれます。

では、このインターバルを利用してレパートリーを見直し、5月下旬から再開されたアメリカ・ツアー第3レグからセット入りした可能性を考えてみるのですが、知られている音源がないので確認のしようがありません。アメリカ・ツアー第3レグの音源を見つけた人は神になれます。誰か名乗り出なさい(笑)で、この第3レグの合間に三日間だけDeep Purpleはイギリスに戻り、当録音が残されたレインボー・シアターでのショウを行っているわけで、もし、第3レグでセット入りしていなければこのレインボーでの2公演、もしくはその前日に行われたアイスランドはレイキャビクでのステージが初披露だったことになります。さて、はたしてどのタイミングだったのでしょうか?クイズにならんかな、これ(笑)

このレインボー・シアターでのステージを終えたDeep Purpleはすぐさまアメリカへとって返し、ツアーの続きを行います(これを第3レグの続きとするか第4レグとするかでこの年のアメリカ・ツアーの回数が5回か6回かに変わってきます。ジョン・ロードは「6回」と言っていますが書籍などでは第3レグの続きとしている場合もあります)。


06-30 [Rainbow 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [229/32]
Disc 1 & 2 : London 30 June 1972
Disc 3 & 4 : London 1 July 1972

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time
  4. Smoke On The Water
  5. The Mule

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Speed King
  4. Lucille
  5. Black Night

Disc 3&4は省略

1972年、メンバーの体調が戻ってきてから行われた初夏のアメリカ・ツアーの狭間に行われたイギリスでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

このロンドン、レインボー・シアターにおけるショウは昔からファンの間では有名なステージで、1972年のDeep Purpleのステージ・ショットの中でもよく知られたものはほとんどがこのレインボー・シアターでの撮影。[Made In Japan]の表ジャケットのショットもそうです。そして、この2公演を収録したとされる当音源も以前から存在は知られていたテープで、[Live Cassette Analysis]でもQuality quite good throughout.と紹介されていますが、なぜか音盤として出回る機会に恵まれてきませんでした。近年になってCD-Rが登場し、次いで当ブレス盤がリリースされたという流れです。

こちらは初日である6月30日のステージを収録。昔からトレードされてきた音源だけに世代的に有利なテープを見つけるのは苦労しそうですが、当盤に使用されているマスターもわずかに濁りが感じられ、ダビングがある程度重ねられたものだと思われます。濁りとは別に録音時の歪みも散見されますがどちらにしても同時代の他の海外録音と比較すればかなりクリアな方です。リズム隊の輪郭がもう少しハッキリしてくれるとかっこいい音像になるとは思いますが、まぁないものねだりしても仕方ありません。

演奏は、72年前半の傾向とは打って変わってパワフルな印象を残すパフォーマンスを聴くことができます。メンバーの体調が次々に崩れていってツアーを休止せざるを得なかった4月くらいまでの演奏と比較すると、ギランにしてもリッチーにしても安定したプレイを繰り広げています。この上り調子のピークにあったのが日本公演だったのは幸運な巡り合わせだったのかと思います。で、このせっかくの上り調子も、日本公演後に再開された欧米のツアーで無残に破壊されてしまい、翌年のメンバー・チェンジへと繋がっていきます。そういったことを頭において本録音を聴いていると、よくぞ貴重な一瞬を切り取ってくれたという感謝の気持ちを抱かずにはいられません。


07-14 [Made In Florida]


ジャケット画像

Darker Than Blue [226]
Florida 14 July 1972

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. The Mule
  5. Lazy
  6. Space Truckin’

1972年の夏に行われたアメリカ・ツアー、第3レグとされる時期にフロリダはウエスト・パーム・ビーチで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。二十数年前(改めてショックを受ける事実である)にパープル大全(懐かしい名前である)の第1弾リリースとなった[Chicago 7.20.71]の後半部で一部がCD化されて以来、プレスCDでの登場はありませんでしたが近年再び出回るようになり、久々のプレスCDでの登場となりました。今回は[Live Cassette Analysis]に掲載されているとおりの曲数、曲順で収録されたテープがソースとなっているようです。

[Chicago 7.20.71]で聴けた混沌とした音場、音像がどうなっているのか、興味津々で聴いてみたところ……大して変わっちゃいない(笑)あそこに書いた通りのバランスでともかくリッチーのギター「だけ」がはっきりと聴こえ、あとのメンバーの音はひとかたまりというか、ギランはエコーの消える間際にまで追いやられ、ドラムはエコー音の方が大きく聴こえたりしてグルーブなんてもんは何の話ですか的なリズム隊、オルガンが全体を包み込んでいるけれどリッチーだけ嫌がって外に出てるみたいな感じの音です(わかってくれよなwww)

曲数的には当盤の方が完全に近いものなのでこちらを決定版とするにやぶさかではないのですが、音の歪み具合は[Chicago 7.20.71]の方が耳に優しい感じもあり、音質の好みで言えば個人的には[Chicago 7.20.71]の音で全曲聴きたいところです。たぶん両者ではマスターとした音源の世代が異なるのでしょうが、ここまでカオスな音源にこれ以上のクオリティを求めてもなぁ、という気もするので、アップグレード盤は当分いりませんね、はい(笑)


02-19 [Hubz And Gyaldem]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 22
1-4 : London 4 October 1971
5-12 : Dagenham 19 February 1972

  1. Introduction
  2. Keyboard Solo
  3. Lazy
  4. Fireball
  5. Opening
  6. Highway Star
  7. Strange Kind Of Woman
  8. No No No
  9. Child In Time
  10. The Mule
  11. Drum Solo
  12. The Mule (Reprise)

2016年になって出回るようになってきたDeep Purpleの1971年、1972年の高音質オーディエンス音源をカップリングしたアイテム。[Dagenham Roundhouse 1972]と同様のソースを使用しています。タイトルの[Hubz And Gyaldem]はスラングのようですが正確な意味合いはわかりません。バンドに群がる女の子たち、みたいな雰囲気かもしれませんが、わかりません(汗

[Dagenham Roundhouse 1972]では1972年の音源を先にカッティングしていましたが、こちらは1971年のロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ2曲を先に収録しています。マスタリングが異なっていますが、どちらの音をリアルと捉えるかは聞き手次第のような気がします。当盤の方がより手を加えた音のようにも聴こえますが、実際そうなのかどうかはわかりません。

後半に収録されている1972年のラウンドハウスでのステージも[Dagenham Roundhouse 1972]同様素晴らしい音質で聴くことが出来ます。当盤はどちらかというと左右のバランスに気を使っているようにも思いますが、やや高域を強調したと思えるEQが好みに合うかはやはり聞き手次第。

いずれにしても、現時点でプレスCDとして出回っている2作品、どちらを選んでもハズレはないと思っていいです。クロノジカルな編集が好みであれば当盤を選択するのがいいかもです。


02-19 [Dagenham Roundhouse 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [215]
1-6 : Dagenham 19 February 1972
7-8 : London 4 October 1971

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. No No No
  5. Child In Time
  6. The Mule
  7. Lazy
  8. Fireball

近年になって突如登場し、大変話題になった音源を使用したアイテム。2会場の音源が使われていますが、1会場の音源は2曲のみなので、ここでまとめて紹介することにします。

最初に収録されているのは1972年2月19日にロンドン、ダゲナム地区のラウンドハウスで行われたステージを収録したとされる5曲。ニュー・アルバム[Machine Head]のリリースと前後して2月から3月に渡って組まれたヨーロッパ・ツアーの中盤となるステージです。ラウンドハウスという名前の会場はロンドンに幾つかあるようです。元々は円形の機関車倉庫の事をラウンドハウスと言ったようですが、現在の用途は異なっていて、パブだったり演奏場所だったり監獄だったりいろいろするようです。

ちなみに、コージー・パウエルが第2期Jeff Beck Groupのラスト・ギグを行ったのも、1972年7月のラウンドハウスですが、ダゲナムのラウンドハウスかどうかは未確認です。リッチーはコージーのプレイをRainbowのオーディション前に観た事があったらしく、オーディションで二人が対面した時に「ラウンドハウスでの君を憶えている」と言われたと、コージーはとあるインタビューで語っていました。それが、第2期Jeff Beck Groupのラスト・ギグのことだったのかどうなのか。第2期Jeff Beck Groupは1972年3月にもラウンドハウスでのギグを行っていますが、これがどこのラウンドハウスかも不明ですし、音源も未確認です(ラスト・ギグは音源が残されており、かつて音盤化もされています)。もしリッチーがコージーのプレイを見たのが第2期Jeff Beck Groupでのギグだとすれば、1972年3月か7月、どちらかという事になりますが、3月のDeep Purpleは、この2月のイギリス・ツアーに続く北欧を巡るツアー(この間に例の[Machine Head Live]が撮影されています)のため、イギリス国外にいたので、両者の遭遇の可能性としては7月のほうが高いです。しかしリッチーが観たというギグが第2期Jeff Beck Groupではないとすれば、Cozy Powell’s HammerとかBedlamとかのステージを観たことになるわけで、そうなるととたんに調べるのがめんどくさくなります(笑)コージーのツアー・デイトがかなりまとまっている[The Music of Cozy Powell – Tour dates & gigs]でもCozy Powell’s HammerやBedlamのツアー日程は知る事ができません。まぁ、両者がロンドンにいた時期でラウンドハウスに顔を出せた時期って言ったらやはり1972年7月になるのかなぁ、と、現時点では考えています。リッチーとコージーが初めて遭遇したのが何時、何処でだったのか?状況からすると音源が見つかればその場にはリッチーが観客としているわけで、非常に興味深い探索対象と言えます。

肝心のラウンドハウス音源の音質、内容ですが、今まで出現しなかったのが不思議なくらい、レベルの高いものとなっています。現在で言えばクラブ・ギグ程度の規模のコンサートであったことが音場から伺えますし、オン気味に捕らえられた各楽器の音像は大変リアルで、バランスも良く、全編が聴けないのが大変惜しまれます。翌日の[Electric Ghost]や3月の北欧ツアーでは演奏されなくなっていった"No No No"がベストな音質で聴けるのがポイント。ひょっとするとセット入りした最後の機会だったかもしれないこの曲の最後期演奏例として貴重です。1月からツアー漬けだった彼らの体調がだんだん崩れていく時期ではありますが、残されているこの時期の音源としてはコンディションの良い状態のプレイが聴き取れます。

ラスト2曲は、1971年10月に行われたロイヤル・アルバート・ホールでの音源です。9月13日のポーツマス公演を皮切りに1ヶ月程度にわたって行われたイギリス・ツアー中盤のロンドン公演となります。このツアー、"Highway Star"が初登場したツアーとして有名ですが、残念ながらここでは"Highway Star"は聴く事ができません。しかし、この時期のツアーを収録したテープとしては最高の状態で発掘されており、先のラウンドハウス同様の円形の会場ながら、重厚に響くエコーが規模の違うコンサート専用ホールであることを十分に伝えてくれます。日本武道館を例に出すまでもなく、円形の会場での録音は難しいものですが、ここで聴かれる音像は響までも計算に入れて作られているホールならではの音楽的なもので、かすれや濁りなども最低限に抑えられ、バランスも大変良好であり、これまた全編が聴けないのがラウンドハウス以上に惜しまれる音源となっています。

"Lazy"もこの時期はかなりプロトタイプ的な演奏なのですが、これだけ良好な音質で聴けるのはありがたいところ。トラック・タイムで14分程度とたっぷり聴けます。また、この時期だけのエンディング曲だった"Fireball"も、この構成をこの音で聴ける日が来るとは思っていなかっただけにこれまた嬉しい驚き。今まで入手できたこのツアーの音源の状態が残念すぎたので際立っている部分もありますが、たった2曲だけでも必聴です。