08-15 [Live In Osaka]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 156/57
Osaka 15 August 1972

Disc 1

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King

1972年、初来日公演初日の8月15日、大阪でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[終戦記念日]で初登場して以来、何度となくリリースされてきた音源ですが、ここにもう一枚選択肢が増えました。既発盤はそれぞれ音圧やトーン・カーヴに特色がありましたが、本作も既発盤とは異なったニュアンスの音質となっています。基本的なトーン・ニュアンスは[終戦記念日]と同様の傾向がありますが、[終戦記念日]が音圧を上げていた分、残響の膨満感がやや気になる仕上がりだったのに対し、本作は残響は多めなものの気になるようなトーンではないせいか、自然に聴ける仕上がりとなっているように思います。無理に音圧をあげることもなく、聴き疲れすることのない音で最後まで楽しめるのではないでしょうか。オリジナル日本盤のジャケや帯をオマージュしたジャケットも良い出来です。


08-17 [Definitive Budokan 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [257/58]
Tokyo 17 August 1972

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King

1972年初来日公演最終日、8月17日武道館公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。CD-R[Live In Japan 8.17.1972]として登場し、プレスCDでは[Live In Japan Complete]としてお馴染みの録音ですが、新たに上位マスターを使用してのリリースとなります。この音源を語るとき、低域のブリブリは欠かせませんが、既発ではそのブリブリに隠れていた音や音域が、本作ではブリブリに隠れずに聴ける状態になっており、既発に慣れていた耳には大変聴きやすい音像となっています。……ブリブリ自体は隠れませんのでご注意を(笑)オフィシャルでは伝わらなくなってきた、「外タレの日本公演がまだ珍しかった時代」の雰囲気を感じられるのはこういったオーディエンス音源ですが、この武道館公演の場合、[Louder Than Everything Else]とどちらを採るかは、本作の登場によって難しい選択となってきました。


08-16 [Osaka 1972 2nd Night]


ジャケット画像

Osaka 16 August 1972
Darker Than Blue [245/46]

Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Lucille

1972年初来日公演2日目、大阪2日目のステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[Burning Night]が初出となる音源ですが、何度目かの再登場となります。従来と異なるテープを用いているということで、音の素性は変わらないものの、全体的な長さとかテープ・チェンジの音質差などに違いが見られます。しかし、これも[Osaka 1972 1st Night]同様、いつでも現役盤として市場にあってほしい音源の、新たに登場した収録盤であるところに意義を見出しています。この40年間というもの、公式録音がヨーロッパで様々にパッケージしなおされている状況で、当時の空気感を体感できるこれらオーディエンス音源の存在は無くしてはいけないと思います。


08-15 [Osaka 1972 1st Night]


ジャケット画像

Darker Than Blue [243/44]
Osaka 15 August 1972

Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King

1972年初来日公演初日、8月15日の大阪を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[終戦記念日]で登場して以来、この日の定番となった音源で、今回はこれまでで最長のソースを使用したとの触れ込みでリリースされたものです。そのあたりの違いは、熱心な方(何に熱心なのだろう)の楽しみとはなり得るものの、個人的にはいつでも現役盤として市場にあってほしい音源なので、むしろそちらの意義を強調したいリリースだったりします。


09-29 [Leeds 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [240/41]
Leeds 29 September 1972

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. MC
  2. Lazy
  3. Drum Solo
  4. The Mule
  5. Space Truckin’

歴史に残る1972年の日本公演後に行われた海外公演より、アメリカ・ツアーの間にスケジュールされた欧州公演、中盤に当たる9月29日にイギリスはリーズで行われたステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。この欧州公演からはかつて9月16日のブリストル公演が[The Fourth Night]というタイトルでリリースされていましたが、本作はそれ以来の登場となり、また、[Live Cassette Analysis Volume 1]にも記述が無い、初登場の日付でもあります。

濁りや歪みの少ない状態の良いテープが使用されています。さほどステージに近い音場ではありませんが、楽器、歓声、空気感、全てにバランスの良い音像を聴くことが出来るため、とっつきはいいと思います。この欧州ツアーは、先のアメリカ・ツアー終了後にギランがマネージメントに脱退の意思を伝えたことをメンバー全員が知らされた直後のもので、バンドのムードは必ずしも良くなかったということで有名ですが、ここで聴けるパフォーマンスも一定の水準は保っているとはいえ、日本公演直前のロンドン公演のようなうねりのある演奏には届いていないかな?どーかな?気のせいかな?ブリストルよりはいい演奏が聴けるんじゃないかなとは思います。


08-17 [Louder Than Everything Else (Reissue)]


ジャケット画像

Darker Than Blue [237/38]
Tokyo 17 August 1972

Disc 1

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. The Mule
  6. Strange Kind Of Woman

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Black Night
  4. Speed King
  5. Outro

1972年8月17日に行われた第2期Deep Purpleの初来日公演最終日、日本武道館でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。以前リリースされていた[Louder Than Everything Else]の再発となります。ということで初めてのリスナーはとっとと聴いてほしいし、以前のディスクに馴染みのあるリスナーはリマスタリングでどう変わったかを確かめたくて仕方がないハズなのでやはりとっとと聴いておけという結論でございますな。


07-01 [Rainbow 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [229/32]
Disc 1 & 2 : London 30 June 1972
Disc 3 & 4 : London 1 July 1972

Disc 1&2は省略

Disc 3

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. Smoke On The Water
  6. The Mule

Disc 4

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Speed King

1972年、メンバーの体調が戻ってきてから行われた初夏のアメリカ・ツアーの狭間に行われたイギリスでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

このロンドン、レインボー・シアターにおけるショウは昔からファンの間では有名なステージで、1972年のDeep Purpleのステージ・ショットの中でもよく知られたものはほとんどがこのレインボー・シアターでの撮影。[Made In Japan]の表ジャケットのショットもそうです。そして、この2公演を収録したとされる当音源も以前から存在は知られていたテープで、[Live Cassette Analysis]でもQuality quite good throughout.と紹介されていますが、なぜか音盤として出回る機会に恵まれてきませんでした。近年になってCD-Rが登場し、次いで当ブレス盤がリリースされたという流れです。

こちらは2日目となる7月1日のステージ。前日より若干遠目の音像ですが、モノラルで音が塊となってぶつかってくるため、距離感のわりに迫力ある印象を抱く録音となっています。また、前日よりも濁りと歪みが渾然となっているため、若干聴きづらさを感じるリスナーもいるかと思われます。それでも、同時代の他の海外録音と比較すればかなり(以下略。演奏は前日と同様、上り調子のドライブ感溢れるもので、この2日間が日本公演に勝るとも劣らないものだったことを感じることができます。

さて、[Made In Florida]を含む、1972年夏の欧米公演では"Smoke On The Water"がレギュラーでセット入りしています。ということで当4枚組に収録されている"Smoke On The Water"の二つのテイクは、レギュラー・セットで演奏される初期演奏例となり、興味深い録音なわけですが、では、はたしてセット入りしたタイミングはいつだったのか?という疑問に答えられるものか否かというと、うーみゅ。

年頭のアメリカ・ツアー第1レグと、3月中旬まで行われた欧州ツアーではおそらくセット入りしておらず、"No No No"がその位置を占めていたはずですが、欧州ツアーですでに"No No No"のセット落ちの気配は感じられるので、新たなレパートリーをこの頃から模索していたのかもしれません。そうだとすると、3月中旬にスタートするアメリカ・ツアー第2レグから"Smoke On The Water"がセット入りしていたかもしれませんが、現時点でこの第2レグ唯一の音源である3月29日のステージでは"Smoke On The Water"を確認できません。この2日後にはリッチーが倒れ、ツアーにひと月ほどのインターバルが生まれます。

では、このインターバルを利用してレパートリーを見直し、5月下旬から再開されたアメリカ・ツアー第3レグからセット入りした可能性を考えてみるのですが、知られている音源がないので確認のしようがありません。アメリカ・ツアー第3レグの音源を見つけた人は神になれます。誰か名乗り出なさい(笑)で、この第3レグの合間に三日間だけDeep Purpleはイギリスに戻り、当録音が残されたレインボー・シアターでのショウを行っているわけで、もし、第3レグでセット入りしていなければこのレインボーでの2公演、もしくはその前日に行われたアイスランドはレイキャビクでのステージが初披露だったことになります。さて、はたしてどのタイミングだったのでしょうか?クイズにならんかな、これ(笑)

このレインボー・シアターでのステージを終えたDeep Purpleはすぐさまアメリカへとって返し、ツアーの続きを行います(これを第3レグの続きとするか第4レグとするかでこの年のアメリカ・ツアーの回数が5回か6回かに変わってきます。ジョン・ロードは「6回」と言っていますが書籍などでは第3レグの続きとしている場合もあります)。