07-14 [Chicago 7.20.71]


ジャケット画像
DP-001
4-7 : West Palm Beach 14.July 1972

  1. Black Night
  2. Paint It Black
  3. Hard Road
  4. Highway Star
  5. The Mule
  6. Lazy
  7. Space Truckin’

全7曲収録のうち、3曲が1971年のライヴ、4曲が1972年のライヴという変則的な構成のCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

CD後半の4曲は、アメリカはWest Palm Beachで7月14日に行なわれた、1972年の音源です。リッチーの肝炎が回復し、改めてアメリカツアーを本格的に始めた彼らが、新作"Who Do We Think We Are!"アルバムのレコーディングのためにツアーを小休止する直前の時期です。この時のレコーディングはあまり上手くいかず、途中で切り上げられ、8月の日本公演からツアーを再開し、秋にローマでアルバムは完成するわけで、当音源は日本公演直前となる彼らのステージを捉えたものといえます。

オーディエンス録音で、バランスは最悪です。PAスピーカーの近くでとったようで、ボーカルはエコーしか聞こえないし、リズムははっきりしない、キーボードは遠鳴りで、聞こえるのはリッチーのギターだけ ( 苦笑 ) という、喜んでいいのか悲しんでいいのかわからない音質です。聴き物は、"Lazy"かな?導入部のジョンのソロは結構気合いが入っています。

当CDは「Purple大全」といわれた、一連のシリーズの皮切りとなったもので、音質面ではこれが一番良いCDではありましたが、内容がご覧のとおりのシロモノ。たしか、これで四千円以上してたと記憶します。他のCDも、テープの世代には気を使っていない、盤質も全体的にアヤシい(笑)、などなど、質より量のシリーズでした。Deep Purpleのライヴ音源があれほど怒濤のごとくリリースされるなんて事は当時は珍しかったので、面白いシリーズではありましたが、昔からのファンだった人たちの間では悪評が高かったシリーズでもあります。幸い、ほとんどのCDは別レーベルから再登場しているので、これから聴いてみたい方は、このシリーズは避けるのが吉でしょう。