09-29 [Autumn Of 1971]


ジャケット画像

Bondage BON 247-249
Disc 1&2 : Bournemouth UK 29 September 1971

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. No No No
  4. Child In Time

Disc 2

  1. The Mule
  2. Lazy
  3. Fireball
  4. Speed King
  5. Lucille

Disc 3は省略

先のアメリカツアーを終えたあと、Deep Purpleは一か月あまりコンサート活動から遠ざかります。9月上旬に短いドイツ滞在をした後、9月13日から、セットリストを一新したイギリスツアーを行います。このCDは、今まであまりライヴCDとして紹介されてこなかった、この時期のDeep Purpleの音源2種をまとめた3枚組で、大変ありがたいリリースとなってます。当サイトでは日付ごとに掲載します。

Disc1と2が、ウィーンの後に始まったイギリスツアーの音源になります。このツアーからいよいよ"Highway Star"と"Lazy"が登場します。このツアーの音源は数種類知られており、CD-Rではシェフィールドとブリストルがリリースされていますが、この2公演については私が入手したテープのコメントを"Concert Files"にアップしてありますのでご覧ください。ここに掲載したのは今までテープの存在が知られていなかった9月29日のBournemouth公演とされるオーディエンス録音です。

シェフィールドやブリストルと違い、"Child In Time"でのカットがなく、コンサートをほぼ全曲聴くことができます。音質もこのツアーのものの中ではバランスもよく、聴きやすいものといえます。多少音が濁り気味ですが、聴けないほどではありません。演奏も素晴らしく、"Highway Star"や"Lazy"といった新曲でのインプロヴィゼイションもまだまだパターンにはまり込まない展開が聴け、大変興味深いものとなっています。本編のラスト・ナンバーは"Fireball"ですが、始まる前の「間」が数分間あるのが面白いです。おそらくこの間にツーバス・セッティングをしているのでしょう。ラストの盛り上がりに水を差してしまう形になるこの「間」はやはり考えもので、この曲がクロージング・ナンバーだったのがこのツアーの間だけだった理由もなんとなくわかります。しかし、演奏の展開はこのツアーのどの公演でも凄まじく、後にアンコールで演奏されるようになったときとは破壊力に天と地の差があります。

イギリスツアーを終えた彼らはすぐさまアメリカツアーをスタートさせますが、ギランが倒れたために3日で中止し、ニューアルバム"Machine Head"の本格的な製作を開始します。アルバムを完成させて、翌1972年には本格的にアメリカ攻略を目論んでツアー漬けの日々を送ることになります。