08-30 [The Bronx]


ジャケット画像

Darker Than Blue [091/92]
New York 30 August 1972

Disc 1

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. The Mule incl. Drum Solo
  6. Lazy

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Speed King
  3. Lucille 

15年ほど前に[Bronx 1972]のタイトルでリリースされた、初来日公演直後のアメリカ・ツアーから、8月末に行われたステージを捉えたオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。もし、公演日が正しければ、会場地はGaelic ParkではなくRiverdaleであり、もし、会場地が正しければ、公演日は8月31日になるのではないかと思いますが、昔からトレーダーのリストでも混乱しているらしく、チャールズワースのフォト・バイオ掲載の資料では8月31日の公演自体が載っていないというわけで、当サイトでは録音データの確定は保留状態としています(汗。もし、RiverdaleがGaelic Park内の施設であれば、二日とも同会場ということでいくらかはすっきりしますが、そうなると30日か31日か、あらためて白黒つけるということになり、どっちにしてもこれ以上の追求はめんどくさいからやりません(笑)

今年になってマスターに近いテープが登場したらしく、少し前に某レーベルからCD-Rでも登場しています。そちらは聴いていませんが、おそらく音源自体は同じでしょう。[Bronx 1972]で使用されていたソースのマスター・グレードとなりますが、より音の輪郭がはっきりし、ヌケが良くなった音像は迫力を増しています。迫力は歪み気味の録音レヴェルから生み出されている部分が大きいですが、クリップするほど高いレヴェルではないので、聴きづらくはないと思います。[Bronx 1972]で気になったヴォーカルのエコーは比較的目立たないように処理されています。[Bronx 1972]のエコーが気になっていた方はアップ・グレードするのも良いかもしれません。ただ、あちらも捨て難いっちゃ捨て難いかもしれません。紙ジャケだし(ばく)

"Child In Time"がプレイされていないのが若干の不安材料とも言えますが、全体の演奏は日本公演の勢いを引き継いだと言ってもいい、ノリの良いプレイを聴くことが出来ます。これが翌月になるととたんにヴォルテージが落ちてしまうわけで、ある意味、貴重な一瞬を捉えた録音と言えるでしょう。アンコールの"Speed King"では、ギランとジョンが"Not Fade Away"で遊んだりしています。