08-30 [Bronx 1972]


ジャケット画像
MH-2-1/2
Bronx Or Gaelic Park 30 Or 31 August 1972
Disc 1

  1. Opening Introduction
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. The Mule
  6. Ian Paice/Drum Solo
  7. Jon Lord / Keyboard Solo
  8. Lazy

Disc 2

  1. Space Truckin’
  2. Jon Lord / Keyboard Solo
  3. Ritchie / Solo – Space Truckin’
  4. Speed King
  5. Lucille

日本公演を終えて、再びアメリカツアーを開始した彼らの姿を知ることが出来る、ニューヨークでのライヴです。日付、場所に関しては資料をつけ合わせると、8月30日の Bronxか、8月31日の Gaelic Parkのどちらかになります。ただ、トレーダー間ではこの日付、場所が逆になっている場合があるようで、30日を Gaelic Parkとしている資料もあります。どちらもニューヨークなのですが、正確な日付の特定は私には出来ません。

確か、このツアー中にギランはDeep Purpleをやめる決心をしたという話ですが、演奏にはそのような煮つまった雰囲気はあまり感じられません。ただ、"Strange Kind Of Woman"の、リッチーとの掛け合いで、ギランはすぐにお決まりフレーズに持って行こうとするのに対し、リッチーはあくまでも即興にこだわる姿勢を見せるあたりに、2人のくいちがいを感じます。翌1973年のライヴでは、このあたりが一層拡大されて感じられるようになるのですが、この日の演奏はまだ、そんなに根深いものではありません。

音質は、かなり良いと思います。"Bronx ’72"発売時、Sb録音ということで出されていました。最近はオーディエンスであるということになっているみたいです。バランスもいいし、なかなかクリアーにとれています。でも、ボーカルエコーがかなり不自然に聞こえ、聴きづらいところがあります。

全体的には、日本公演よりテンションは落ち目ですが、2月ごろの演奏と比べれば、よい感じです。