07-30 [Long Beach Arena 1971 Complete]


ジャケット画像

Darker Than Blue [128/29]
Long Beach 30 July 1971

Disc 1

  1. Speed King
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time

Disc 2

  1. Wring That Neck
  2. Mandrake Root

1971年の夏、Facesとともにサーキットした、彼等にとって初めての「日程等があらかじめ計画されたツアー」となったアメリカ・ツアーの最終日、7月30日にカリフォルニア、ロング・ビーチ・アリーナで行われたステージを収録したとされるサウンドボード音源をソースとした2枚組プレスCD。当音源の大雑把な素性は、[Long Beach Arena ’71][Purple For A Day]等の記事を参照してください。また、"Strange Kind Of Woman"は、[New, Live And Rare]に収録され、オフィシャル音源として聴く事が出来ます。

アナログ盤[Purple For A Day]として初登場して以来、たびたび出回ってきた音源ですが、近年は新たなリリースがなかったので、未聴の方には有り難い発売だと思います。当アルバムのウリは、[Long Beach Arena ’71]等のCDで未収録であり、アナログ盤[Purple For A Day]とその盤起こしCDでのみ収録となっていた"Wring That Neck"を加え、現存するとされる音源をまとめていることです。

従来のCDで使用されてきたソースにはもともと"Wring That Neck"が収録されておらず、トレードなどでも、当音源で広く認知されていると思われるのは、このCDソース・テープのみと推察され、"Wring That Neck"を聴くためには[Purple For A Day]か、このLPを盤起こししたCDを探すのが一般的でした。ただ、アナログ盤でも"Wring That Neck"で音の傾向がやや変わる事、1971年の音源で"Wring That Neck"をプレイしているのは意外にも少数例である事、Facesとのツアー初日である[Toronto 7.2.71]ではプレイしていない事などから、個人的には7月30日に演奏した事実そのものをまずは確認したいところなのですが、現時点で当ツアーからとされている音源はこれ以上出て来ておらず、比較検討の材料に乏しいため、結論は保留とします。

当ディスクでリマスタリングされている基本的な音源は、上記のCDソース・テープだと思います。このテープはもともとヒスノイズが大きめなのですが、今回のCDではヒスノイズを抑えるよりも収録されている音楽情報をより拾う方に比重を置いたマスタリングをしているように思います。このヒスノイズ、アナログ盤[Purple For A Day]ではほとんどないもので、アナログ盤とCDでは使用されていたテープそのものが異なるのは明らかです。今回収録された"Wring That Neck"のサウンドはアナログ盤よりも聴きやすく整えられていて、他の曲目との音場などの整合性も考えられているようなので、トータルで当ディスクを聴く分には合格の編集がなされていると思います。ただ、"Strange Kind Of Woman"はオフィシャルCDで聴かれるサウンドの方を採る人も多いかと思われます。

近年触れる事が出来る機会が減っていた音源なので、未聴の方はチャンスがあればぜひ耳にして欲しいです。耳タコのファンも、まとめて聴ける手軽さは重要でしょう。ヒスノイズの少ないアナログ盤の音源が全長版でどこかに眠っていれば、即刻オフィシャルで出ても不思議はない音質、内容なので、その片鱗に少しでも触れてほしいと思います。