07-11 [Chicago 7.20.71]


ジャケット画像
DP-001
1-3 : Aachen 11. July 1970
4-7 : West Palm Beach 14.July 1972

  1. Black Night
  2. Paint It Black
  3. Hard Road
  4. Highway Star
  5. The Mule
  6. Lazy
  7. Space Truckin’

全7曲収録のうち、3曲が1971年のライヴ、4曲が1972年のライヴという変則的な構成のCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

1971年のライヴは、7月に行なわれたフェイセズとのアメリカ・ツアーより、20日に行なわれたシカゴのステージという事になっていますが、じつは1970年の項で取り上げたアーヘンでのフェスからの音源です。スクラッチノイズも聞こえるし、アナログ盤からのコピーと思われます。シカゴというクレジットからみて、おそらく、Music For BIg Purpleというレーベルからリリースされたアメリカ・プレスのアナログ盤、"Sonic Zoom / Live In Chicago"の盤おこしでしょう。何でこれが1971年になってしまったのか不思議ですが、確かにこの日はChicagoでコンサートが行なわれてはいます。しかし、当日のテープの存在は未確認です。

当CDは「Purple大全」といわれた、一連のシリーズの皮切りとなったもので、音質面ではこれが一番良いCDではありましたが、内容がご覧のとおりのシロモノ。たしか、これで四千円以上してたと記憶します。他のCDも、テープの世代には気を使っていない、盤質も全体的にアヤシい(笑)、などなど、質より量のシリーズでした。Deep Purpleのライヴ音源があれほど怒濤のごとくリリースされるなんて事は当時は珍しかったので、面白いシリーズではありましたが、昔からのファンだった人たちの間では悪評が高かったシリーズでもあります。幸い、ほとんどのCDは別レーベルから再登場しているので、これから聴いてみたい方は、このシリーズは避けるのが吉でしょう。