09-30 [Bristol 1971]


ジャケット画像

Darker Than Blue [152/53]
Bristol 30 September 1971

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. No No No
  4. Child In Time

Disc 2

  1. Lazy
  2. Fireball
  3. Speed King
  4. Lucille

1971年秋に行われた英国ツアーより、終盤のブリストル公演を収録したとされるオーディエンス録音をソースとした2枚組プレスCD。存在自体は昔から有名なテープで、CD-Rでは何回かリリースされていましたが、プレスCDでは初登場となります。テープの内容については、私がトレードで入手したテープについて、Concert Filesの項目に掲載してありますのでリンク先をご覧になってください。

音源そのものは私が入手したテープと同様だと思います。序盤はさすがに音の濁り、歪みがキツく、これはキビシいかなぁと思ったのですが、"Highway Star"の終盤辺りには耳が慣れてくるのかテープの状態がマシになってくるのか、濁りは気にならなくなってきます。歪みは相変わらず多いですが、このテープ以外の音源はこの公演では存在しないと思われ、内容の重要度を鑑みればこれくらいは許容範囲だと思います。聴け(笑)

"Highway Star"では、もうオープニングでギターをぶっ壊しちゃうんじゃないかと思えるような、ソロにおけるリッチーのノイズが凄まじいです。1971年の後半のステージにおけるハイライトである、"No No No"でのプレイはリラックスした場面でのDeep Purpleの即興が醸し出すムードを十分に堪能出来ると思います。Deep Purpleのステージでこういったリズム、コードの場面で即興が展開されることは珍しいと言えるので、そういった面からも重要な演奏。

私の聴いたテープではカットがあった"Child In Time"はどうやら全編収録されているようですが、"The Mule"がどこかにいっちゃってるなぁ。てことでいきなり"Lazy"から始まりますが、こちらもアルバム・リリース前の演奏で重要なテイク。観客もすごく盛り上がりますが、本編のクロージングとして演奏される"Fireball"の前でドラムのセッティングを変更するため、コンサートの流れが少々淀んじゃうのがこのセット・リストの難点と感じます。演奏自体は凄まじいものですが、早々と"Space Truckin’"に差し替えられたのもやむを得ないところかなと。

1971年秋の英国ツアーの音源はこれを含めて4種類程度しか知られておらず、プレスCDで出ているのはこれと[Autumn Of 1971]くらいではなかろうかと思います。音質に価値を求めるとキビシいですが、セット・リスト、演奏内容とも、Deep Purpleの一時期を象徴する内容のツアーなので、この時期の音源を聴いたことのない方々はどんな手段でも良いのでとっとと聴いてください。というか、聴け(笑)