05-21 [Berlin 1971 (2012)]


ジャケット画像

Darker Than Blue [157/58]
Berlin 21 May 1971

Disc 1

  1. MC
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Into The Fire
  4. Child In Time
  5. Paint It Black

Disc 2

  1. Mandrake Root
  2. Black Night
  3. Lucille

[Fireball]をリリースした1971年5月、前半に行われたオーストラリア・ツアー(このツアーも様々な逸話があるので音源が残っていれば聴いてみたいところ)の後、後半からスタートしたヨーロッパ・ツアーから、21日に行われたと思われるベルリンでのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとした2枚組プレスCD。1990年代に同タイトルの1枚もののプレスCDが出ていましたが、それ以来の登場となります。当サイトでは区別する意味で、タイトルにリリース年である(2012)を付すことにしました。ご了承ください。

7月から始まる、Facesとのジョイントで行われたアメリカ・ツアーから、彼らはあらかじめ決められた日程に従ったツアーを行っていくようになりますが、それまではバラバラにオファーがあったコンサートを次々にこなしていました。この時期は、その最後期にあたります。そのため、公演日が5月21日か22日かはっきりしない状態がこれまで続いていました。しかし、今回リリースされた当アルバムのジャケットに、5月21日と書かれたポスターとチケット半券が掲載されており、5月21日のものである可能性がかなり高くなってきています。……確定としても良いかとは思いますが、断言するのはコワいのでパス(笑)

既発だった1枚ものと比較すると音質はかなり良いです。既発で気になった音の濁りはほとんど無いので、聴きづらさはありません。若干早かったピッチも修正されているようです。音量に起因する録音時の歪み(特に低域)は避けられないものなので、この時代の音源を耳にするなら慣れておいた方が良いです。つか、慣れろ(笑) モノラルの音場は響きがデッドで、バランスがまあまあなので、状態の良い部分ではライン収録のような雰囲気になったりしますが、オーディエンス音源であることは間違いないです。雑な編集だったテープの曲順を当日のセット・リストと思われる順番に直しており、その点でも聴きやすくなっています。ただ、全体的にテープの状態に起因すると思われるシュワシュワ・ノイズが乗っかっており、気になる人は相当気になると思います。それでも、聴き始めると各メンバーの繰り広げるパフォーマンスに引き込まれてしまう、この時期の演奏の魅力はそのまま変わっていないので、既発が聴きづらかった方はこちらを試してみると良いでしょう。