09-16 [The Fourth Night]


ジャケット画像
DE-025
Bristol 16 Septermber 1972

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Child In Time
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Keyboard Solo – Lazy (Full Version) – Drum Solo – The Mule

9月からスタートしたイギリス・ツアーより、タイトルにあるように4日目となるブリストル公演をオーディエンス録音で収録したものです。なかなか作りの良いシングル・ジャケットのペーパー・スリーヴでパッケージされています。曲目をご覧になるとおわかりになるとおり、最終曲"Space Truckin’"が収録されていません。ソースとなったテープでも収録されていないようですので、これは仕方ありません。完全収録ではない点が惜しまれますが、日本公演後の1972年のライヴ音源は数少なく、現時点では貴重な資料となっています。

かなりダビングを経たテープらしく、音が荒れて濁っており、高音質とは言いかねる音源ですが、バランスはまあまあというところでしょう。各楽器がバッチリ聞こえるというものではありませんが、その時その時にメインとなっている楽器がちゃんと前面に出てくるので、わりと聴きやすいです。

このツアーから、"Smoke On The Water"のイントロは、第3期で聴けるようなパターン、4度下のキーから弾き始めるものになっています。"Lazy"もドラム・ソロが導入されるようになり、エンディングで"The Mule"が演奏されます。この構成は翌1973年の第2期崩壊まで続きます。

演奏の雰囲気はもう彼ら自身がかなり煮つまっていることが感じ取れるものです。先のアメリカ・ツアー終了後、イアン・ギランはマネージメントに脱退する旨の手紙を出しており、「残りのツアー期間が終了するまでは留まる」というマネージメントの要請を承諾しました。そして、このツアーの時、メンバーはその事実を知らされており、かなり雰囲気は悪かったようです。観客の歓声は熱いものがありますが、メンバーのパフォーマンスはクールです。とくにギランの歌い方は一つの型にハマり込んでおり、「ギグがキャバレーみたいになってしまって、ステージが終わっても汗一つかかない」と言っていたのが、なるほどと思えます。

このイギリス・ツアーを終えた彼らは、この年6度目 (!)のアメリカ・ツアーを10月から12月まで行ない、まさにツアー漬けのまま1972年を終えます。