01-19 [Deepest 1973]


ジャケット画像

Bondage BON 160/161

Nurumberg 19. January 1973 (???)
Disc 2-2-6 : Vienna 14 March 1973
Disc 2-7-9 : New York 27. May 1973

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Mary Long
  5. Lazy – Drums Solo – The Mule
  6. Space Truckin’

Disc 2

  1. Black Night
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Mary Long
  6. Lazy – Drums Solo
  7. Smoke On The Water
  8. Strange Kind Of Woman
  9. Space Truckin’

1973年の演奏を収録した3つの音源をソースとしてリリースされた2枚組です。このCDだけで1973年のDeep Purpleのライヴの雰囲気は大ざっぱに掴める感じです。日本公演となるとまた話が違ってくるのですが、まだこの年のライヴを聴いたことのない方には、取っ掛かりとしてはいいものになっていると思います。当サイトでは日付ごとに掲載します。

メインとなっている、Disc 1とDisc 2の1曲目までは、「これが正真正銘のニュルンベルグ公演」ということで登場した音源となります。[Nurumberg 1973]とは違う演奏の音源ですが、当音源が本当にニュルンベルグかどうかという確証も今のところありません。曲目を見ると確かにニュルンベルグと言われているテープのセットリストと一致していますが、この年の公演地を検討する手がかりはアンコールの曲目の違いくらいしかないので、やはり確証が持てません。ライヴテープを集めまくるしか、確定する手段はなさそうです。

ピッチが遅めですが、バランスは当時としてはまあまあのオーディエンス録音です。音の濁りはそれほどありませんので、この年の音源のなかでは聴きやすい方だと思います。

音質はまあまあですが、演奏内容がいまひとつで、特にイアン・ギランの調子が良くありません。"Mary Long"では歌の入りをトチるし、"Space Truckin’"、"Black Night"では歌詞がメチャクチャになるし、こういうパフォーマンスを繰り返していたとするならば、リッチーが愛想をつかしたのも当然か、という雰囲気です。