01-19 [Nurumberg 1973]


ジャケット画像
DPC-002
Nurumberg 19. January 1973 (???)

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Mary Long
  5. Lazy
  6. Space Truckin’

リリース当時はハンブルグから1日おいた19日、ニュルンベルグといわれていた音源です。しかし、「おそらくこの日時は誤りではないか」との指摘が"Come Boot The Band"という本でなされており、最近「これが本当のニュルンベルグ公演」という触れ込みで、下の"Deepest 1973"がリリースされたため、結局この公演が何処で行なわれたものなのか、ということは現時点では不明です。このCDがリリースされた当時に出回っていたテープからだとすると、1月29日のアムステルダム公演というのが可能性としては一番高いと思いますが、確証はありません。

音質は可もなく不可もなく、こんなものでしょうという感じです (いっそ極悪だったりすると説明もしやすいんですが (笑))。過大入力によるものか、ダビングの繰り返しによるものか、音の濁りが少々気になりますが、バランス自体はまあまあです。

演奏の出来は"Deepest 1973"よりもいい感じですが、鬼気迫るといったテンションが感じられない、この時期の典型的なパフォーマンスに終始している印象です。ジョンやリッチーひとりひとりに焦点を合わせて聴くと、なかなか面白いことをやっているのですが、メンバー同士の化学反応が全く起こらず、1972年までのプレイと比べると物足りなさが残ります。