03-11 [Fur Elise]


ジャケット画像

Shakuntala SICD 152
Genova 11 March 1973

  1. Tuning
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Mary Long
  6. Jon Lord Solo – Lazy
  7. Ian Paice Solo – The Mule
  8. Space Truckin’
  9. Black Night

1973年のヨーロッパ・ツアー、終盤のイタリア公演から、最終日となる3月11日のジェノバでのステージを収録したとされるオーディエンス音源を使用したプレスCD。CD-Rとしては以前から出回っていましたが、ここ最近たてつづけにプレス盤が登場しました。これはその1枚となります。

[Live Cassette Analysis]を読む限り、もともと出回っていたテープは相当に歪みが目立つ音質だったことが伺えます。無理のないマスタリングで収録するこのレーベルらしい仕事が感じられる一枚で、[Palazzo Dello Sport]と比較すると会場の残響に起因する音の膨満感が抑えられていて、すっきりとした印象で聴くことができます。原テープが持っていた音の歪みはこちらの方がやや残っているように思いますが、全編で歪んでいるわけではないので、どちらを採るかは聴く人次第だと思います。

"Smoke On The Water"の紹介MCで、クロード・ノブスの名前にまで触れるのは珍しいことと言えます。"Black Night"の音質が変わっている件については、「アンコールで全員が立ち上がったので録音者も立たざるを得ず、マイクの位置が変わった」とか「録音者がアンコールがあると気付かずに録音を終えて帰ろうとした時にアンコールが始まったので、本編と違う位置で録音した」とか、さまざまな説がありますが、さて、真相はどうだったのでしょうか。


03-11 [Palazzo Dello Sport]


ジャケット画像

Boleskine House BHRCD 15
Genova 11 March 1973

  1. Intro
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Mary Long
  6. Jon Lord Solo
  7. Lazy
  8. Drum Solo
  9. The Mule
  10. Space Truckin’
  11. Black Night

1973年のヨーロッパ・ツアー、終盤のイタリア公演から、最終日となる3月11日のジェノバでのステージを収録したとされるオーディエンス音源を使用したプレスCD。CD-Rとしては以前から出回っていましたが、ここ最近たてつづけにプレス盤が登場しました。これはその1枚となります。

この日の音源は以前から知られており、[Live Cassette Analysis]にも掲載されています。歪み気味の音源だったようですが、マスター・グレードのソースという触れ込みでCD-Rで登場した時にはさほど歪みは気にならない聴きやすい印象がありました。本作もその印象は変わりません。マスタリングでややエッジが立ったように音の輪郭が分かりやすくなっています。演奏はこの頃の典型的なムードを感じるものですが、メンバーそれぞれに注目すると興味深いプレイが多いです。


06-29 [Live In Osaka 1973]


ジャケット画像

Top Gear TOP 22
Osaka 29 June 1973

  1. Highway Star
  2. Smoke On The Water
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. Lazy Including Drum Solo – The Mule
  6. Space Truckin’
  7. Gillan’s Speech

1973年6月29日、第2期Deep Purpleの最終公演となった大阪公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。スペインのレーベルより2015年頃にリリースされたアイテムですが、某アマ方面などの一般通販サイトでも扱われていた時期がありました。近年、様々なアーティストの非公式音源が某アマ方面や一般の音楽ショップの通販サイトで扱われる事が多くなりました。かなり昔、「ハーフ・オフィシャル」と呼ばれた音盤が幅を利かせ、その後の法改正で一旦収まっていたのがぶり返してきたような印象です。

おそらく、[Mk II Final Truckin’]のコピー盤と思われる仕上がりです。日本においては他にも入手できるアルバムがありますので、本作を指名して探す必要性はほとんどないのではないかと思います。


01-23 [Live In Germany!]


ジャケット画像

Tarantura TCDDP 26
Munster 23 January 1973

  1. Introduction – Monitor Check
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Mary Long (gap)
  6. Space Truckin’ (gap)
  7. Black Night

1973年のヨーロッパ・ツアーから、1月23日のミュンスター公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。これまでも[Munster Master]をはじめとしたアルバムが出回りましたが、再登場となりました。音源に大きな欠落があるにもかかわらず、何度もリリースされている音源です。録音やテープの状態は既発との差があまり感じられません。マスタリングが異なるので、このレーベルのマスタリングが気に入っていればこちらを採るのが良いでしょう。


03-20 [Brussels 1973]


ジャケット画像

Darker Than Blue [256]
Brussels 20 March 1973

  1. Announcement
  2. Intro.
  3. Highway Star
  4. Smoke On The Water
  5. Strange Kind Of Woman
  6. Lazy
  7. Drum Solo
  8. The Mule
  9. Mary Long
  10. Space Truckin’
  11. Black Night

1973年のヨーロッパ・ツアー、そろそろ終盤のブリュッセル公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。この日の音源は[Bruxelles 3.20.73]という、嬉し懐かし恥ずかしき(えっ)「パープル大全」シリーズの一枚として登場していましたが、十数年間再リリースされませんでした。バランスはともかくとして使用されていたテープの質がダメダメで聴きづらく、収録曲も前半部までと言っていい中途半端なものでした。当時から"Space Truckin’"まで収録された長尺のテープは存在していましたが、登場するのにここまでの時間を費やされることになったわけです。

ホールトーンが心地いい距離感の音場で、極端に偏ったバランスではないものの、固まり気味の音像に抵抗があると聴きづらさを感じるかもしれません。テープの質は[Bruxelles 3.20.73]とは雲泥の差で、濁りや歪みは最小限に抑えられ、演奏のディティールがよくわかる音質で聴くことができます。演奏の出来が良いことは[Bruxelles 3.20.73]を聴いていた頃から感じてはいましたが、やはり音質が演奏の評価にもたらす影響は大きなものがあります。ただ、"Mary Long"のセット上の位置が不自然なこと、同曲の前後で不自然な繋ぎ目を感じること、"Black Night"の前にも繋ぎ目が存在すること、などなどを鑑みるに、編集された痕跡や、「"Black Night"は別の日の演奏かもしれない疑惑」を感じたりなどしていたりします。


06-24 [Definitive Nagoya 1973]


ジャケット画像

Darker Than Blue [255]
Nagoya 24 June 1973

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Child In Time
  6. Keyboard Solo
  7. Lazy
  8. Drum Solo
  9. The Mule
  10. Space Truckin’
  11. Black Night

1973年日本公演、2日目となる名古屋でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。同レーベルがリリースしていた[Live In Nagoya]の補完部分で使用されていた音源の全長版となりますが、その正体は[The Story Of A Loser]の上位マスターとなります。[Live in Japan – Nagoya 1973]も同じく上位マスターを使っていましたが、今回の本作は別マスターを使っているため、トーン・カーヴや音抜けなどに若干の相違があります。個人的には[Live in Japan – Nagoya 1973]の方が好みの仕上がりですが、本作も名古屋市公会堂の独特な音場がよく再現されるマスタリングで、捨てがたいものがあります。90年代は限られた選択肢しかなかったことを思うと、現在の状況はなかなか贅沢なものといえましょう。


06-23 [Definitive Hiroshima 1973]


ジャケット画像

Darker Than Blue [253/54]
Hiroshima 23 June 1973

Disc 1

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Smoke On The Water
  4. Strange Kind Of Woman
  5. Child In Time
  6. Keyboard Solo
  7. Lazy
  8. Drum Solo
  9. The Mule

Disc 2

  1. MC
  2. Space Truckin’
  3. Black Night

1973年来日公演初日、広島でのステージを収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。[The Saturation Point][Live In Hiroshima]で使用されてきた録音ですが、別のテープを使用してのリリースとの触れ込みです。音の素性は従来の録音と同じものの、中低域の余分な響きが整理されて聴きやすくなったような「気がします」。オーディエンスの反応がよくわかるようになったので、会場にいる気分を味わえるというオーディエンス音源の利点を十二分に発揮したCDになっているように思います。