06-30 [Rainbow 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [229/32]
Disc 1 & 2 : London 30 June 1972
Disc 3 & 4 : London 1 July 1972

Disc 1

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Child In Time
  4. Smoke On The Water
  5. The Mule

Disc 2

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Speed King
  4. Lucille
  5. Black Night

Disc 3&4は省略

1972年、メンバーの体調が戻ってきてから行われた初夏のアメリカ・ツアーの狭間に行われたイギリスでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

このロンドン、レインボー・シアターにおけるショウは昔からファンの間では有名なステージで、1972年のDeep Purpleのステージ・ショットの中でもよく知られたものはほとんどがこのレインボー・シアターでの撮影。[Made In Japan]の表ジャケットのショットもそうです。そして、この2公演を収録したとされる当音源も以前から存在は知られていたテープで、[Live Cassette Analysis]でもQuality quite good throughout.と紹介されていますが、なぜか音盤として出回る機会に恵まれてきませんでした。近年になってCD-Rが登場し、次いで当ブレス盤がリリースされたという流れです。

こちらは初日である6月30日のステージを収録。昔からトレードされてきた音源だけに世代的に有利なテープを見つけるのは苦労しそうですが、当盤に使用されているマスターもわずかに濁りが感じられ、ダビングがある程度重ねられたものだと思われます。濁りとは別に録音時の歪みも散見されますがどちらにしても同時代の他の海外録音と比較すればかなりクリアな方です。リズム隊の輪郭がもう少しハッキリしてくれるとかっこいい音像になるとは思いますが、まぁないものねだりしても仕方ありません。

演奏は、72年前半の傾向とは打って変わってパワフルな印象を残すパフォーマンスを聴くことができます。メンバーの体調が次々に崩れていってツアーを休止せざるを得なかった4月くらいまでの演奏と比較すると、ギランにしてもリッチーにしても安定したプレイを繰り広げています。この上り調子のピークにあったのが日本公演だったのは幸運な巡り合わせだったのかと思います。で、このせっかくの上り調子も、日本公演後に再開された欧米のツアーで無残に破壊されてしまい、翌年のメンバー・チェンジへと繋がっていきます。そういったことを頭において本録音を聴いていると、よくぞ貴重な一瞬を切り取ってくれたという感謝の気持ちを抱かずにはいられません。