07-01 [Rainbow 1972]


ジャケット画像

Darker Than Blue [229/32]
Disc 1 & 2 : London 30 June 1972
Disc 3 & 4 : London 1 July 1972

Disc 1&2は省略

Disc 3

  1. Intro.
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman
  4. Child In Time
  5. Smoke On The Water
  6. The Mule

Disc 4

  1. Lazy
  2. Space Truckin’
  3. Speed King

1972年、メンバーの体調が戻ってきてから行われた初夏のアメリカ・ツアーの狭間に行われたイギリスでの2公演を収録したとされるオーディエンス音源をソースとした4枚組プレスCD。当サイトでは日付ごとに掲載します。

このロンドン、レインボー・シアターにおけるショウは昔からファンの間では有名なステージで、1972年のDeep Purpleのステージ・ショットの中でもよく知られたものはほとんどがこのレインボー・シアターでの撮影。[Made In Japan]の表ジャケットのショットもそうです。そして、この2公演を収録したとされる当音源も以前から存在は知られていたテープで、[Live Cassette Analysis]でもQuality quite good throughout.と紹介されていますが、なぜか音盤として出回る機会に恵まれてきませんでした。近年になってCD-Rが登場し、次いで当ブレス盤がリリースされたという流れです。

こちらは2日目となる7月1日のステージ。前日より若干遠目の音像ですが、モノラルで音が塊となってぶつかってくるため、距離感のわりに迫力ある印象を抱く録音となっています。また、前日よりも濁りと歪みが渾然となっているため、若干聴きづらさを感じるリスナーもいるかと思われます。それでも、同時代の他の海外録音と比較すればかなり(以下略。演奏は前日と同様、上り調子のドライブ感溢れるもので、この2日間が日本公演に勝るとも劣らないものだったことを感じることができます。

さて、[Made In Florida]を含む、1972年夏の欧米公演では"Smoke On The Water"がレギュラーでセット入りしています。ということで当4枚組に収録されている"Smoke On The Water"の二つのテイクは、レギュラー・セットで演奏される初期演奏例となり、興味深い録音なわけですが、では、はたしてセット入りしたタイミングはいつだったのか?という疑問に答えられるものか否かというと、うーみゅ。

年頭のアメリカ・ツアー第1レグと、3月中旬まで行われた欧州ツアーではおそらくセット入りしておらず、"No No No"がその位置を占めていたはずですが、欧州ツアーですでに"No No No"のセット落ちの気配は感じられるので、新たなレパートリーをこの頃から模索していたのかもしれません。そうだとすると、3月中旬にスタートするアメリカ・ツアー第2レグから"Smoke On The Water"がセット入りしていたかもしれませんが、現時点でこの第2レグ唯一の音源である3月29日のステージでは"Smoke On The Water"を確認できません。この2日後にはリッチーが倒れ、ツアーにひと月ほどのインターバルが生まれます。

では、このインターバルを利用してレパートリーを見直し、5月下旬から再開されたアメリカ・ツアー第3レグからセット入りした可能性を考えてみるのですが、知られている音源がないので確認のしようがありません。アメリカ・ツアー第3レグの音源を見つけた人は神になれます。誰か名乗り出なさい(笑)で、この第3レグの合間に三日間だけDeep Purpleはイギリスに戻り、当録音が残されたレインボー・シアターでのショウを行っているわけで、もし、第3レグでセット入りしていなければこのレインボーでの2公演、もしくはその前日に行われたアイスランドはレイキャビクでのステージが初披露だったことになります。さて、はたしてどのタイミングだったのでしょうか?クイズにならんかな、これ(笑)

このレインボー・シアターでのステージを終えたDeep Purpleはすぐさまアメリカへとって返し、ツアーの続きを行います(これを第3レグの続きとするか第4レグとするかでこの年のアメリカ・ツアーの回数が5回か6回かに変わってきます。ジョン・ロードは「6回」と言っていますが書籍などでは第3レグの続きとしている場合もあります)。