JP Warner Pioneer P 8194A : [Lord Sutch / Hands Of Jack The Ripper]


ジャケット画像

リッチーが暴れ回る豪快セッションの日本初回盤。1972年リリースとされています。ジャケットや帯にはワーナー・パイオニアの設立当初の社名である「ワーナー・ブラザーズ・パイオニア」が書かれていますが、レーベル・リムのクレジットは"WARNER PIONEER CORPORATION"とあります。スタンパ刻印はよくわからないんですが(ヲイ)、初回盤ではあるものの、初期プレスではなさそうかもしれなくもなくはな(以下略。定位は再発盤と同じく、アメリカ盤と同じミックスになっています。

Side A

  1. Gotta Keep A Rocking
  2. Roll Over Beethoven
  3. Country Club
  4. Hands Of Jack The Ripper

Side B

  1. Good Golly Miss Molly
  2. Great Balls Of Fire
  3. Bye Bye Johnny / Johnny B. Goode
  4. Tutti Frutti Medley

内容は、シンプルなロックンロール・ライブ。タイトル・トラックの”Hands of Jack The Ripper”では、相当猟奇的な演出をしていたかもしれないような様子が、音から聞き取れますが、あとからダビングしたような音声がそこかしこにあることから、どこまでが実際のステージだったのかは、微妙なところ。それでも、ロード・サッチのパフォーマンスはロック魂のカタマリで、一曲目が終わったところでサッチが”Long Live Rock’n’Roll !!”と叫ぶところがたまらなく好きです。リッチーのギターも、パープルでもここまでアグレッシブに弾く事は珍しい、というくらいに弾きまくっていて気持がいいったらありゃしない。そして、ストラトにもかかわらず、アーミング・プレイがほとんど聴かれないのが不思議なところ。同年に参加したアルバム”Green Bullfrog”ではグニョグニョ・アーミングをたくさんキメてるので、セッション参加でアーミングを遠慮しているという事はあり得ないんじゃないかと。……でも、サッチ親分に「んなグニョグニョはやめろ!」とか言われたら、おとなしく従いそうな雰囲気もありますねぇ(笑)

ジャケット画像