Mexico Music Brokers MBB 7170 : [V.A. / The Many Faces Of Deep Purple]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Vulture Blood – Warhorse
  2. Lazy – Jon Lord Blues Project
  3. Red Skies – Energy
  4. Smoke On The Water – Gillan
  5. It’s Only Life – Roger Glover
  6. Piece Of My Heart – Glenn Hughes
  7. River – Quatermass II
  8. The Seeker – Joe Lynn Turner & Leslie West
  9. Heartbreaker – Steve Morse
  10. Bargain – Ian Paice
  11. Dancing Madly Backwards – Captain Beyond
  12. Train Kept A Rollin – Screaming Lord Sutch

Disc 2

  1. Child In Time – Gillan
  2. Space Truckin’ – William Shatner
  3. Fireball – Funky Junction
  4. Jungle Love – Joe Lynn Turner & Steve Morse
  5. Just Another Day – Fandango
  6. Sad Eyes – Vargas Blues Band
  7. Back At The Chicken Shack – Jon Lord Blues Project
  8. Back In Time – Warhorse
  9. Wild Dogs(Acoustic Version) – Tommy Bolin
  10. For The Love Of Money – Nektar
  11. Long Road – Quatermass II

Disc 3

  1. Distant Sun – Captain Beyond
  2. Strange Kind of Woman – Funky Junction
  3. Rocky Road Blues – Fandango
  4. Black Night – Vargas, Bogert & Appice feat. Paul Shortino
  5. No Laughing in Heaven – Gillan
  6. Pictures of Home – Jon Lord
  7. Space Oddity – William Shatner
  8. Hoka-hay! – Energy
  9. Speed King – Funky Junction
  10. My Turn – Roger Glover
  11. You Keep Me Hangin’ On – Vanilla Fudge
  12. River Deep, Mountain High – Ike & Tina Turner
  13. Deep Purple – Nino Tempo & April Stevens

2014年3月にリリースされた企画盤。Deep Purpleのメンバーが関わって録音された楽曲を集めた3枚組です。パープル・ナンバーもメンバーのセルフ・カバーだったりトリビュートだったりと、Deep Purpleでの録音は全く含まれていないのがミソ(……なのか?)。RainbowやBlackmore’s Nightの録音が一つも含まれていない諸事情も興味をそそられますがまぁそれは脇に置いといて。

てことで、リッチーの録音が含まれなければ思いっきりスルーするか他のカテゴリーでの掲載とするところですが、2曲のみセッション音源が含まれているのでこちらでの掲載となります。と言っても、1曲は1964年のロード・サッチのシングルであり、もう1曲は2011年にリリースされたウィリアム・シャトナーのアルバムからのカットです。なのでむりにこのアンソロジーで聴かなくてもいいものなので、やっぱりスルーすれば良かったかもしれません(笑)

最後の3曲はそれぞれ「デビュー当時のDeep Purpleが目指していたグループ」「2ndアルバムでカバーしていたデュオ」「バンド名のきっかけとなった楽曲を歌っていたデュオ」です。最初から最後まで微妙なところばかり集めたヘンなアルバム。

……あ、ウィリアム・シャトナーのアルバムは後日掲載……したいです(汗