Mexico Music Brokers MBB 7170 : [V.A. / The Many Faces Of Deep Purple]


ジャケット画像 ジャケット画像

Disc 1

  1. Vulture Blood – Warhorse
  2. Lazy – Jon Lord Blues Project
  3. Red Skies – Energy
  4. Smoke On The Water – Gillan
  5. It’s Only Life – Roger Glover
  6. Piece Of My Heart – Glenn Hughes
  7. River – Quatermass II
  8. The Seeker – Joe Lynn Turner & Leslie West
  9. Heartbreaker – Steve Morse
  10. Bargain – Ian Paice
  11. Dancing Madly Backwards – Captain Beyond
  12. Train Kept A Rollin – Screaming Lord Sutch

Disc 2

  1. Child In Time – Gillan
  2. Space Truckin’ – William Shatner
  3. Fireball – Funky Junction
  4. Jungle Love – Joe Lynn Turner & Steve Morse
  5. Just Another Day – Fandango
  6. Sad Eyes – Vargas Blues Band
  7. Back At The Chicken Shack – Jon Lord Blues Project
  8. Back In Time – Warhorse
  9. Wild Dogs(Acoustic Version) – Tommy Bolin
  10. For The Love Of Money – Nektar
  11. Long Road – Quatermass II

Disc 3

  1. Distant Sun – Captain Beyond
  2. Strange Kind of Woman – Funky Junction
  3. Rocky Road Blues – Fandango
  4. Black Night – Vargas, Bogert & Appice feat. Paul Shortino
  5. No Laughing in Heaven – Gillan
  6. Pictures of Home – Jon Lord
  7. Space Oddity – William Shatner
  8. Hoka-hay! – Energy
  9. Speed King – Funky Junction
  10. My Turn – Roger Glover
  11. You Keep Me Hangin’ On – Vanilla Fudge
  12. River Deep, Mountain High – Ike & Tina Turner
  13. Deep Purple – Nino Tempo & April Stevens

2014年3月にリリースされた企画盤。Deep Purpleのメンバーが関わって録音された楽曲を集めた3枚組です。パープル・ナンバーもメンバーのセルフ・カバーだったりトリビュートだったりと、Deep Purpleでの録音は全く含まれていないのがミソ(……なのか?)。RainbowやBlackmore’s Nightの録音が一つも含まれていない諸事情も興味をそそられますがまぁそれは脇に置いといて。

てことで、リッチーの録音が含まれなければ思いっきりスルーするか他のカテゴリーでの掲載とするところですが、2曲のみセッション音源が含まれているのでこちらでの掲載となります。と言っても、1曲は1964年のロード・サッチのシングルであり、もう1曲は2011年にリリースされたウィリアム・シャトナーのアルバムからのカットです。なのでむりにこのアンソロジーで聴かなくてもいいものなので、やっぱりスルーすれば良かったかもしれません(笑)

最後の3曲はそれぞれ「デビュー当時のDeep Purpleが目指していたグループ」「2ndアルバムでカバーしていたデュオ」「バンド名のきっかけとなった楽曲を歌っていたデュオ」です。最初から最後まで微妙なところばかり集めたヘンなアルバム。

……あ、ウィリアム・シャトナーのアルバムは後日掲載……したいです(汗


UK Connoisseur VSOP LP 157 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.2]


ジャケット画像

"Rock Profile Vol.1"アルバムの続編で、はじめて"Richie Blackmore Orchestra"のシングルが復刻されたアルバムです。この時も興奮しましたねぇ。輸入盤のリリースが待ち切れなくて、何度も新宿レコードに足を運んだのを覚えてます。

Deep Purple結成以前のセッションが多かった Vol.1にくらべると、こちらは、どちらかといえばDeep Purple結成以降のセッションが多く収録された構成となっています。このアルバムでのみ聴ける曲に関しては、収録曲名を強調表示しています。

アナログ盤のみ、リッチーのインタビューが収録され、その導入として、1974年にリリースされたアダム・フェイスのソロ・アルバム"I Survived"のタイトル・トラックでリッチーが参加して弾いた、フリー・スタイルのソロが聴けます。また一番最後に、"Like A Bird Without Feathers"が、やはりアナログ盤のみのトラックとして収録されています。

Hurry To The City
1973年にドイツでリリースされたシングルです。 Randy Pie And Familyは1974年から1977年にかけて5枚のアルバムをリリースしたドイツのバンドという事ですが、このシングルはそれらに先駆けて1973年にリリースされたものです。このA面にリッチーが参加した詳しい経緯は不明です。
16th Century Greensleeves
このライヴ・テイクは、このアルバムでしか聴くことが出来ません。1976年のドイツツアー、9月29日のミュンヘン公演で収録されたものです。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. Getaway – Richie Blackmore Orchestra
  2. Little Brown Jug – Richie Blackmore Orchestra
  3. Honey Hush – Screaming Load Sutch
  4. The Train Kept A Rollin’ – Screaming Load Sutch
  5. Gemini Suite : Guitar Movement
  6. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

Disc 1 Side B

  1. Bullfrog – Green Bullfrog
  2. Good Golly Miss Molly – Load Sutch & Heavy Friends
  3. Great Balls Of Fire – Load Sutch & Heavy Friends
  4. Hurry To The City – Randy Pie & Family

ジャケット画像

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Still I’m Sad
  2. Man On The Silver Mountain
  3. Lady Of The Lake

ジャケット画像

DIsc 2 Side B

  1. 16th Century Greensleeves
  2. I Call, No Answer – Jack Green
  3. Son Of Alerik
  4. Like A Bird Without Feathers – Burr Bailey & The Six-Shooters

ジャケット画像


UK Connoisseur VSOP LP 143 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.1]


ジャケット画像

セッション時代のリッチーの演奏をまとめた初めてのアルバムです。CDも同時にリリースされました。アナログ盤のみ、"Fireball"アルバム録音時の演奏で"Show Me The Way To Go Home"が収録されており、リッチーのインタビューも入っています。私が最初に入手したのはアナログ盤で、それまで書籍で曲名だけしか知らなかった曲をいっぺんに聴けた時の興奮は、今でも覚えています。これ以来、Ritchie Blackmore名義のオムニバスや、各種アンソロジーアルバムでこれらの曲はたびたび収録されており、現時点でこのアルバムでしか聴く事が出来ないトラックは"Guitar Job"と"Show Me The Way To Go Home"だけとなっています。詳細は以下をご覧ください。

Guitar Job
Show Me The Way To Go Home
上記2曲は"Fireball"アルバム録音時のアウト・テイクといわれています。さらに、"Guitar Job"はリッチーが当時手がけようとしていたプロジェクト、"Baby Face"でのレコーディングではないか、ともいわれています。詳細は不明です。この"Guitar Job"はドラムとギターしか入っていないトラックで、ドラマーはおそらくイアン・ペイスだと思われます。とりとめのないジャムが延々と続く、曲とも言えないものです。
"Show Me The Way To Go Home"は、"Fireball"25周年記念盤に収録されていた"Backwards Piano"と同じ性格のもので、スタジオでの遊びを収録したものとなっています。おそらくギターの弦が切れて演奏が中断した際に、リッチーが照れ隠しに弾いたメロディーにメンバーがノッてきたものでしょう。

ジャケット画像

Disc 1 Side A

  1. Return Of The Outlaws – The Outlaws
  2. Texan Spiritual – The Outlaws
  3. If You Gotta Pick A Baby – Glenda Collins
  4. Big Fat Spider – Heinz
  5. Doo Dah Day – The Outlaws
  6. Thou Shalt Not Steal – Glenda Collins
  7. I’m Not A Bad Guy – Heinz
  8. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

Disc 1 Side B

  1. Been Invited To A Party – Glenda Collins
  2. Shake With Me – The Outlaws
  3. Movin’ In – Heinz
  4. Keep A Knocking – The Outlaws
  5. I Shall Be Released – Boz
  6. Playground
  7. Ritchie Blackmore Interview

ジャケット画像

ジャケット画像

Disc 2 Side A

  1. Wring That Neck
  2. Why Didn’t Rosemary
  3. Living Wreck
  4. Guitar Job

ジャケット画像

Disc 2 Side B

  1. No No No
  2. Highway Star
  3. "A"200
  4. Gypsy
  5. Hold On
  6. Show Me The Way To Go Home

ジャケット画像

ジャケット画像

ジャケット画像


UK Purple Pyramid CLP 0257 2 : [Ritchie Blackmore / Take It! – Sessions 63/68]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Shake With Me – The Outlaws
  2. The Bike Beat Part 1 – The Rally Rounders
  3. The Bike Beat Part 2 – The Rally Rounders
  4. Go On Then – Gunilla Thorne
  5. I’ve Been Thinking – Michael Cox
  6. Living Alone – Houston Wells
  7. Galway Bay – Houston Wells
  8. Dance To The Bap – Gene Vinvent & The Outlaws
  9. Catch The Rat – Gene Vinvent & The Outlaws
  10. As Long As I Live – The Outlaws
  11. Only For You – The Outlaws
  12. I Get Up In The Mornning – Heinz
  13. A Fool Such As I – Davy Kaye
  14. It Can Happen To You – Jess Conrad
  15. Like A Bird Without Feathers – Burr Bailey & The Six-Shooters
  16. The Birds & The Bees – Silas Dooley Jr.
  17. Something At The Bottom Of The Garden – Silas Dooley Jr.
  18. Getaway – Richie Blackmore Orchestra
  19. Little Brown Jug – Richie Blackmore Orchestra
  20. Satan’s Holiday – The Lancasters
  21. Earthshaker – The Lancasters
  22. Let Me In – The Sessions
  23. Satisfy My Soul – Ronnie Jones
  24. Down In The Frood – Boz

rpmレーベルからリリースされていたアルバムですが、数年後に"Purple Pyramid"というレーベルから再発されました。収録内容はまったく同じですが、盤がいわゆるゴールドCDになっています。


EU Connoisseur VSOP CD 143 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.1]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Return Of The Outlaws – The Outlaws
  2. Texan Spiritual – The Outlaws
  3. If You Gotta Pick A Baby – Glenda Collins
  4. Big Fat Spider – Heinz
  5. Doo Dah Day – The Outlaws
  6. Thou Shalt Not Steal – Glenda Collins
  7. I’m Not A Bad Guy – Heinz
  8. Been Invited To A Party – Glenda Collins
  9. Shake With Me – The Outlaws
  10. Movin’ In – Heinz
  11. Keep A Knocking – The Outlaws
  12. I Shall Be Released – Boz
  13. Playground
  14. Wring That Neck
  15. Why Didn’t Rosemary
  16. Living Wreck
  17. Guitar Job
  18. No No No
  19. Highway Star
  20. "A"200
  21. Gypsy
  22. Hold On

セッション時代のリッチーの演奏をまとめた初めてのアルバムです。このCDでのみ聴ける曲に関しては、収録曲名を強調表示しています。アナログ盤も同時にリリースされました。私が最初に入手したのはアナログ盤で、それまで書籍で曲名だけしか知らなかった曲をいっぺんに聴けた時の興奮は、今でも覚えています。当アルバムの登場以後、Ritchie Blackmore名義のオムニバスや、各種アンソロジーアルバムで、当アルバム収録曲はたびたび収録されており、現時点でこのCDでしか聴く事が出来ないトラックは17曲目の"Guitar Job"だけとなっています。

Guitar Job
"Fireball"アルバム録音時のアウト・テイクといわれています。また、リッチーが当時手がけようとしていたプロジェクト、"Baby Face"でのレコーディングではないか、ともいわれています。詳細は不明です。ドラムとギターしか入っていないトラックで、ドラマーはおそらくイアン・ペイスだと思われます。とりとめのないジャムが延々と続く、曲とも言えないものです。

France Connoisseur VSOP CD 157 : [Ritchie Blackmore / Rock Profile Vol.2]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Getaway – Richie Blackmore Orchestra
  2. Little Brown Jug – Richie Blackmore Orchestra
  3. Honey Hush – Screaming Load Sutch
  4. The Train Kept A Rollin’ – Screaming Load Sutch
  5. Gemini Suite : Guitar Movement
  6. Bullfrog – Green Bullfrog
  7. Good Golly Miss Molly – Load Sutch & Heavy Friends
  8. Great Balls Of Fire – Load Sutch & Heavy Friends
  9. Hurry To The City – Randy Pie & Family
  10. Still I’m Sad
  11. Man On The Silver Mountain
  12. Lady Of The Lake
  13. 16th Century Greensleeves
  14. I Call, No Answer – Jack Green
  15. Son Of Alerik

前記のアルバムの続編で、はじめて"Richie Blackmore Orchestra"のシングルが復刻されたアルバムです。この時も興奮しましたねぇ。輸入盤のリリースが待ち切れなくて、何度も新宿レコードに足を運んだのを覚えてます。このCDでのみ聴ける曲に関しては、収録曲名を強調表示しています。

Deep Purple結成以前のセッションが多かった Vol.1にくらべると、こちらは、どちらかといえばDeep Purple結成以降のセッションが多く収録された構成となっています。

Randy Pie And Family

Hurry To The City

1973年にドイツでリリースされたシングルです。 Randy Pie And Familyは1974年から1977年にかけて5枚のアルバムをリリースしたドイツのバンドという事ですが、このシングルはそれらに先駆けて1973年にリリースされたものです。このA面にリッチーが参加した詳しい経緯は不明です。

Rainbow

16th Century Greensleeves

このライヴ・テイクは、このアルバムでしか聴くことが出来ません。1976年のドイツツアー、9月29日のミュンヘン公演で収録されたものです。


UK RPM [120] : [Ritchie Blackmore / Take It! – Sessions 63/68]


ジャケット画像 ジャケット画像

  1. Shake With Me – The Outlaws
  2. The Bike Beat Part 1 – The Rally Rounders
  3. The Bike Beat Part 2 – The Rally Rounders
  4. Go On Then – Gunilla Thorne
  5. I’ve Been Thinking – Michael Cox
  6. Living Alone – Houston Wells
  7. Galway Bay – Houston Wells
  8. Dance To The Bap – Gene Vinvent & The Outlaws
  9. Catch The Rat – Gene Vinvent & The Outlaws
  10. As Long As I Live – The Outlaws
  11. Only For You – The Outlaws
  12. I Get Up In The Mornning – Heinz
  13. A Fool Such As I – Davy Kaye
  14. It Can Happen To You – Jess Conrad
  15. Like A Bird Without Feathers – Burr Bailey & The Six-Shooters
  16. The Birds & The Bees – Silas Dooley Jr.
  17. Something At The Bottom Of The Garden – Silas Dooley Jr.
  18. Getaway – Richie Blackmore Orchestra
  19. Little Brown Jug – Richie Blackmore Orchestra
  20. Satan’s Holiday – The Lancasters
  21. Earthshaker – The Lancasters
  22. Let Me In – The Sessions
  23. Satisfy My Soul – Ronnie Jones
  24. Down In The Frood – Boz

Deep Purple参加以前のセッション参加曲に絞ってリリースされた、初めてのアルバム。The Outlaws、Heinzなどの定番はもちろん、The Outlawsが変名でレコーディングしたCMソングや、1995年に"Stranger In Us All"で取り上げた"Hall Of The Mountain King"を演奏しているものなど、貴重な演奏が目白押しです。ライナーも貴重な資料となっています。