USA Rhino R1 1877 : [In Rock]


ジャケット画像

EUパーロフォン盤と同時期にリリースされた、USAプレスの重量盤リイシュー。Rhinoレーベルを出口としています。発売元がワーナーかユニバーサルか今ひとつはっきりしないというかジャケットのクレジットはワーナー・グループとなっておりますがどんなもんでござんしょうか。2015年12月にユニバーサルから登場したボックス、[The Vinyl Collection]には含まれていなかった作品です。あちらはBack To Blackの企画で70年代のDeep Purpleはパープル・レコーズからリリースされた作品をセレクトしていましたが、こちらはオリジナル盤がハーヴェストからのリリースだったためか、EUパーロフォン盤はVinyl Collectorという別企画の一枚となっていましたが、当USA盤はそのような企画シリーズの一枚である様子はありません。そして、MP3ファイルをダウンロードできるカードは付属しません。Rhinoは配信でハイレゾ・ファイルを販売しているので、デジタルファイルはそちらでどうぞということなのでしょう。

ジャケット画像
ジャケット画像

レコード盤のレーベルはワーナーの定番であるグリーン・ラベルを再現しようとしたようですが、色合いがやっぱりいくない。Rhinoのリイシューでグリーン・ラベルが使用されるとなんというか黄土色に近いイナたい感じの仕上がりになってしまいますねぇ。内容はUSA盤を意識しているにもかかわらずイギリス・オリジナル盤と同じく、"Speed King"の冒頭にフリー・フォームの導入がついている編集のマスターが採用されています。イギリス編集のアナログがアメリカでリリースされるのはおそらくこれが初めて。ジャケットはワーナー盤の再現とはいかず、裏ジャケ側に曲目リストが印刷されていないUK盤ジャケットを踏襲したものになっています。EU盤と印刷原板を共有したのかもしれません。色合いはワーナー盤に近いのでまぁいいかと。コーティングされてないのでアメリカっぽいですが紙質があの頃のUS盤とは違うのでやはり雰囲気は損なわれてるかなと。

ジャケット画像