USA Rhino RI 556690 : [In Concert ’72]


ジャケット画像

EUパーロフォン盤とほぼ同時期、2016年9月にリリースされた、USAプレスの重量盤リイシュー。Rhinoレーベルを出口としています。発売元がワーナーかユニバーサルか今ひとつはっきりしないというかジャケットのクレジットはワーナー・グループとなっておりますがどんなもんでござんしょうか。2012年にリリースされた新たなリミックス盤の再発にあたります。EUパーロフォン盤はVinyl Collectorという別企画の一枚となっていましたが、当USA盤はそのような企画シリーズの一枚である様子はありません。そして、MP3ファイルをダウンロードできるカードは付属しません。Rhinoは配信でハイレゾ・ファイルを販売しているので、デジタルファイルはそちらでどうぞということなのでしょう。

レコード盤のレーベルはワーナー・ブラザーズのグリーン・ラベルを意識した黄土色レーベル(笑)なんでこんな色合いになるんでしょうね?2012年のオリジナル盤は、もともとの[In Concert]がグリーン・ハーヴェストだったのにもかかわらずPurple Recordsのレーベルを再現していましたが、今回はなぜに黄土色グリーン(笑)なのか。アメリカでのオリジナル盤は第1期のアルバムを再発していたことでも知られるPortraitレーベルですが、まぁあれを再現しても(以下略、ではあるのですが、なぜに黄土色グリーン(笑)なのか。おっと、2回もゆってしまった(汗

2012年盤と同じく、アンコールとサウンド・チェックを収録した7インチ・シングルが付属します。こちらも黄土色グリーンラベル(笑)ただ、スリープが1970年代当時のワーナー・ブラザーズのカンパニー・スリーブを再現しており、こちらはちょっとよかったかなと。

ジャケット画像