USA Rhino RI 556690 : [In Concert ’72]


ジャケット画像

EUパーロフォン盤とほぼ同時期、2016年9月にリリースされた、USAプレスの重量盤リイシュー。Rhinoレーベルを出口としています。発売元がワーナーかユニバーサルか今ひとつはっきりしないというかジャケットのクレジットはワーナー・グループとなっておりますがどんなもんでござんしょうか。2012年にリリースされた新たなリミックス盤の再発にあたります。EUパーロフォン盤はVinyl Collectorという別企画の一枚となっていましたが、当USA盤はそのような企画シリーズの一枚である様子はありません。そして、MP3ファイルをダウンロードできるカードは付属しません。Rhinoは配信でハイレゾ・ファイルを販売しているので、デジタルファイルはそちらでどうぞということなのでしょう。

レコード盤のレーベルはワーナー・ブラザーズのグリーン・ラベルを意識した黄土色レーベル(笑)なんでこんな色合いになるんでしょうね?2012年のオリジナル盤は、もともとの[In Concert]がグリーン・ハーヴェストだったのにもかかわらずPurple Recordsのレーベルを再現していましたが、今回はなぜに黄土色グリーン(笑)なのか。アメリカでのオリジナル盤は第1期のアルバムを再発していたことでも知られるPortraitレーベルですが、まぁあれを再現しても(以下略、ではあるのですが、なぜに黄土色グリーン(笑)なのか。おっと、2回もゆってしまった(汗

2012年盤と同じく、アンコールとサウンド・チェックを収録した7インチ・シングルが付属します。こちらも黄土色グリーンラベル(笑)ただ、スリープが1970年代当時のワーナー・ブラザーズのカンパニー・スリーブを再現しており、こちらはちょっとよかったかなと。

ジャケット画像


EU Rhino TPSA 7518 : [In Concert ’72]


ジャケット画像

2016年8月にリリースされた、EUプレスの重量盤リイシュー。パーロフォン・レーベルを出口としています。発売元がワーナーかユニバーサルか今ひとつはっきりしないというかジャケットのクレジットはワーナー・グループとなっておりますがどんなもんでござんしょうか。2012年にリリースされた新たなリミックス盤の再発にあたります。Vinyl Collectorという企画の一枚となっており、例によってVinyl Collectorのウェブ・サイトにアクセスしてMP3ファイルをダウンロードできるカードが付属しています。

パーロフォン・レーベルですがレコード盤のレーベルはワーナー・ブラザーズのグリーン・ラベルを意識した黄土色レーベル(笑)なんでこんな色合いになるんでしょうね?2012年のオリジナル盤は、もともとの[In Concert]がグリーン・ハーヴェストだったのにもかかわらずPurple Recordsのレーベルを再現していましたが、今回はなぜに黄土色グリーン(笑)なのか。アメリカでのオリジナル盤は第1期のアルバムを再発していたことでも知られるPortraitレーベルですが、まぁあれを再現しても(以下略、ではあるのですが、なぜに黄土色グリーン(笑)なのか。おっと、2回もゆってしまった(汗

2012年盤と同じく、アンコールとサウンド・チェックを収録した7インチ・シングルが付属します。こちらも黄土色グリーンラベル(笑)ただ、スリープが1970年代当時のワーナー・ブラザーズのカンパニー・スリーブを再現しており、こちらはちょっとよかったかなと。

ジャケット画像


JP Warner Music Japan WPCR 15777 : [In Concert ’72]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年6月にリリースされたリミックス盤の日本盤。2012年にリリースされた[Machine Head]の40周年BOXで初めて登場した音源です。この時、同時にアナログ盤でもリリースされていましたが、今回登場したCDは、アナログ盤でボーナス・シングルとして公開されていた"Maybe I’m A Leo"のサウンド・チェックも収録した全10曲となっています(40周年BOXのCDは全9曲で収録)。

添付されているブックレットの掲載内容や収録内容については、アナログ盤の記事を参照してください。日本盤にはブックレットや歌詞の対訳とともに酒井康氏の解説が掲載されています。


USA Rhino RP2 544272 : [In Concert ’72]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年6月にリリースされたリミックス盤のアメリカ盤。2012年にリリースされた[Machine Head]の40周年BOXで初めて登場した音源です。この時、同時にアナログ盤でもリリースされていましたが、今回登場したCDは、アナログ盤でボーナス・シングルとして公開されていた"Maybe I’m A Leo"のサウンド・チェックも収録した全10曲となっています(40周年BOXのCDは全9曲で収録)。

添付されているブックレットの掲載内容や収録内容については、アナログ盤の記事を参照してください。


EU Parlophone TPSAX 7518 : [In Concert ’72]


ジャケット画像 ジャケット画像

2014年6月にリリースされた、1972年のBBCコンサート音源のリミックス盤。2012年にリリースされた[Machine Head]の40周年BOXで初めて登場した音源です。この時、同時にアナログ盤でもリリースされていましたが、今回登場したCDは、アナログ盤でボーナス・シングルとして公開されていた"Maybe I’m A Leo"のサウンド・チェックも収録した全10曲となっています(40周年BOXのCDは全9曲で収録)。

添付されているブックレットの掲載内容や収録内容については、アナログ盤の記事を参照してください。


UK BBC Transcription Service 130421 S : [Pop Spectacular]


ジャケット画像

英国BBC放送のラジオ番組、"The Sound Of The Seventies"のために、ロンドンはパリス・シアターで行われたコンサートを収録した放送用トランスクリプション・ディスク。レーベルに記されている"Expiry Date"は1976年7月31日になっているので、配布されたのはおそらく1975年くらいでしょうか。BBCの番組をレコードでネットに配布するようになったのがいつ頃なのか、調べていないのでわかりませんが、当初はテープで配布していたとも聞いていますので、当ディスクが放送当時にプレスされていなかった可能性は十分にあります。収録曲は以下のとおり。

Side A

  1. Highway Star
  2. Strange Kind Of Woman
  3. Smoke On The Water

Side B

  1. Never Before
  2. Maybe I’m A Leo
  3. Lazy
  4. Lucille

"Space Truckin’"はこの番組で放送するには長過ぎたので、別の日の番組で改めて放送されたようです。当ディスクと同内容で出回っていたアングラ盤には[Highway Star]があります。1990年代前半にリリースされていたライヴCDでも2、3種類出ていました。これらは当ディスクの盤起こし、もしくは実際に放送された番組のエア・チェックがソースでありましょう。ポイントは「いわゆる"In Concert"を収録したBBCのトランスクリプション・ディスクで、"Space Truckin’"が収録されたディスクは確認されていない(……つーか、自分が見たことないというだけの話ではありますが(^^;)」ということで、"Space Truckin’"が当時ディスクにカッティングされたとすれば、別番組のディスクが存在するか、ネットに配布されないローカル番組としてテープの段階で葬られたか、どちらかではないかと推定しています。

"Space Truckin’"がディスクとして日の目を見たのは1980年にリリースされた[In Concert]が最初ではないかと思います。この時、1972年の録音に関しては、奇跡的に残っていた8トラック・テープからリミックスされた音源がカッティングされていました。そのため、1970年代に放送されていたラジオ放送で聴かれていたと思われるミックスを確認出来る一番確かな素材は当トランスクリプション・ディスクとなります。聴き較べると、こちらはリッチーのギターの音がなんとも心地良い感じに入っており、低域がかなりすっきりとしていた[In Concert]よりも若干迫力があって、全体のドライヴ感が増しています。当ディスクから盤起こししたという触れ込みのライヴCDもかつて出回りましたが、あっちには何故か"Space Truckin’"が入っており、音源の出所が非常に、非常に、非常に気になるところです(笑)

ジャケット画像


EU Purple Records TPSA 7518 : [In Concert ’72]


ジャケット画像

2012年10月にリリースされたアナログ盤。同時期にリリースされた[Machine Head]の40周年記念BOXに収録されていたディスク、[In Concert ‘72 (2012 Remix)]を2枚組LPに収録しています。1972年のBBC音源をフルで収録したアナログ盤はこれまでのところ、アメリカでリリースされている重量盤、[Live On The BBC]しか存在せず、40周年を記念した今回のリリースは有り難いかぎり。7インチ・シングルもついており、そちらには先のBOXでも未発表だった、"Maybe I’m A Leo"のサウンド・チェック音源が収録されています。面割りは以下のとおり。

Disc 1 Side A

  1. Introduction
  2. Highway Star
  3. Strange Kind Of Woman

Disc 1 Side B

  1. Maybe I’m A Leo
  2. Smoke On The Water

Disc 2 Side A

  1. Never Before
  2. Lazy

DIsc 2 Side B

  1. Space Truckin’

7 inch Single Side A

  1. Encore : Lucille

7 inch Single Side B

  1. Maybe I’m A Leo (Soundcheck)

見開きジャケットの内側には、BOX所収のCDジャケットに掲載されていた当日のステージ・フォトや、やはり BOXに付属していたハード・カバーのブックレットに掲載されていた写真がレイアウトされています。裏ジャケットには当録音についての詳細な解説が記されています。盤は1970年代のPurple Recordsで使用されていたレーベルを再現しており、紫の不透明カラー・ヴィニールでプレスされた重量盤。インナー・バッグは黒の穴開き。

CD BOXの記事でも若干触れましたが、1980年にリリースされた時に行われたリミックスとは異なるリミックスが施され、曲順も当日の正確なオーダーに修正されています。曲間の司会者やギランのMCや、観客の反応なども従来のディスクよりも長時間にわたって収録されており、ライヴ感が増したミックスと相まって、より実際のコンサートに近い体験が出来るようになったと思います。

シングルは33 1/3回転でカッティングされており、A面にアンコールでプレイされた"Lucille"、B面に当日のサウンド・チェックで演奏された"Maybe I’m A Leo"を収録しています。"Maybe I’m A Leo"は今回、このシングルが初公開となるテイク。現在残されている当日の録音を収録した8トラック・テープにはこの他に"Never Before"と"Highway Star"の不完全な演奏が残されているらしいです。通常のコンサートで演奏されていなかった"Maybe I’m A Leo"や"Never Before"をサウンド・チェックで演奏したのはなんとなくうなずける気がします。"Highway Star"のサウンド・チェックは断片的でも構わないので聴いてみたいものですが、聴ける機会は……いつか来るんでしょうかね(^^;

ジャケット画像