EU edel 0210977 EMU : [California Jam 1974]


ジャケット画像 ジャケット画像

2016年12月にリリースされたEU盤Blu-ray。説明不要のカリフォルニア・ジャムですが、当時演奏された全曲を収録した映像パッケージがリリースされてから早くも10年が経過し、旧素材のレストア、新素材の挿入などのブラッシュアップが施された新版がここで登場してきました。70年代のDeep Purpleの映像がBlu-rayとして商品化されるのはこれが初めてとなります。

基本は10年前のABC版をベースとしたマスターですが、あまり評価されなかった画質に手を加え、かつて日本では定番映像だったBBC版をベースとした映像パッケージのカットや新発見の素材を使用し、画面分割も駆使して様々なアングルを観せてくれます。また、ボーナスとして10年前のABC版をベースとした映像マスターを当時収録されていたオーディオ・コメンタリーも含めて丸ごと収録しています。

いろいろと手を尽くして作られているのは確かですし、初めて観るアングルもいろいろと出てきて楽しめないことはないのですが、画面分割がまずうっとおしいし、ABC版とBBC版の画質を均す方向にマスタリングされているようで、BBC版のヌルッとした画質は抑えられ、ABC版の粒子の粗い画質はボケ気味になり、個人的にはどっちにしてももやもやする仕上がりになっているなーと思います。こんなマスタリングでBBC版の名前を出さないで欲しいなとは思いました。BBC版を見るならDVDで良いんでVAP旧盤を探すほうがましです。BBC版は近年、海外レーベルでコピー盤が氾濫してますが、それには手を出さないように。また、新素材も分割画面で使用されていることが多く、それなりに欲求が不満してしまう使われ方なので、ボーナスとして別コンテンツで観られるようにしてくれてたほうがありがたかったなぁと。で、ここにきても"Burn"冒頭で観られるはずのリッチーのカッコいいキメ・ポーズ([Heavy Metal Pioneers]に収録されているカット)が観られないってのはどーいうことだと、ここに一番文句を言いたいワタクシでございました。