1987-03-10 [Blackmore Blues]


ジャケット画像

Men In Black [MIB 001]
London 10 March 1987

  1. Introduction
  2. Rhythm And Blues
  3. Tusla Time
  4. Johnny B Good
  5. I Got A Woman
  6. My Baby Don’t Stand No Cheating
  7. Blackmore Blues
  8. Talking About You
  9. Blue Suede Shoes
  10. Woman From Tokyo
  11. Trying To Get To You
  12. Mess Of The Blues
  • Jackie Lynton : Vocals, Guitar
  • Gordon Sella : Bass
  • Greg Wilson : Drums
  • Graham White : Guitar
  • Ritchie Blackmore : Guitar

1987年、再結成DPのイギリス・ツアー中にロンドンで行われたJackie Lyntonのギグにリッチーが参加した模様を収録したとされるオーディエンス音源をソースとしたプレスCD。Jackie Lyntonは1940年生まれのミュージシャンで、ディスコグラフィをみると1961年頃からシングルを出したりして活躍していた人です。1972年から1974年まで、サヴォイ・ブラウンに在籍していたこともあり、アルバムも残しています。1977年頃のRainbowのツアーで共演もしていたようです。

この録音が残された1987年、Jackie Lyntonはロンドンでのクラブ・ギグを精力的に行っていました。様々なミュージシャンをゲストに迎えてギグをレコーディングし、それらを集成して"Live In London"というアルバムをリリースしたそうです。……ジャケットとか見たことないんですが(汗 このリッチーとの共演も、そのようなJackie Lyntonの活動の中で実現したものでしょう。正式な録音は残っているのか不明ですが、このオーディエンス音源が残されていたことは幸運でした。Deep Purpleは、この共演の2日前に行われたバーミンガム公演でイギリス・ツアーの一連の日程を終えており、リッチーはロンドンへ赴いてこのギグに参加したことになります。

この録音の存在はオムニバスCD[By Request II]で断片的なトラックが収録されたことで知られるようになりました。その後、全長盤がCD-Rとして何度かリリースされてきていましたが、プレス盤はこれが初めての登場となります。狭い会場のためかハウリングが気になる箇所はありますが、バランスは良好で、それぞれのギター・サウンドの違いははっきりしているのでリッチーのプレイはすぐにわかると思います。ほとんどソロ・パートのみプレイしているようですが、スタンダード・ナンバーばかりのセッションはクラブ・ギグならではの雰囲気を十二分に楽しめるものです。